ねこぴあのおと

バイエルでやめたアラフィフのやり直しピアノ。シンフォニア14番が目標です。
ねこぴあの

プロフィール

栃木県在住。
夫と子供と3人暮らし。
がっつり働いているので、練習時間がたくさんとれると、とても幸せ。
ピアノ・・・子供のころに習ったのはバイエルの数年。
突然、約30年ぶりに再開して、レッスンを受けて9年。
限定記事も書いてますので、FC2の方はブロとも申請、それ以外の方はパスワード申請してくださいね(お会いしたことのある方、コメントのやり取りがある程度ある方に限らせていただきます)。

 

とおんきごう 初練習会

とおんきごう 初練習会

記事←昨日はとおんきごうの初練習会でした♪

はじめましての練習会のはずが、全員知っている人たちだったという事態に驚きでしたが、ピアノ人口は少ない上に近辺でピアノ弾きとなるとそうそういないのかも?ネットだとハンドルネームを使うので、ちょっとやり取りしただけじゃどんな人か分からないから、こういうこともあるんだな~~と、ピアノ界?(笑)の狭さを、改めて実感!いや~悪いことはできませんね、しないけど(笑)「ねこぴあのさんて誰ですか?」「はい、わたしです(笑)」・・・ウケますよね・・・・(´∀`;)全員知ってる人で少人数、ありえないほどのまったり度でした(笑)

ピアノは、ちょっと調律?の状態が残念で、よりによってアラベスクのコーダでとても大切な「ミ」の音が響かない状態。それがちょっと悲しかったけど、家でいつもひとりで聴いてて、家族なんてだあれもわたしのピアノに興味がないから、聴いてもらえるだけで、すごくすごくありがたいです。

インベンションやブルグミュラー25を、ほとんど初見で右手と左手に分けて一緒に弾くとか、ママ友とか、仕事友、とかとだとありえない、ピアノならではの遊びが、ほんとに楽しかったです。

この曲のここが好きとか、知らない曲を知ることや、知らない曲を聴くことや、やっぱり練習会は、文字だけのこうしたブログなどの交流とは比較にならないほどの刺激を受けますね。音も、パソコンから聴くのと、目の前で聴くのとでは、全然違います。



昨日思ったことが。

仕事が忙しくなってしまって、サークルの都合に合わせるよりも自分の都合で開催できるほうがいい、作るなら初心者が気後れせずにのびのびと弾ける場所を作りたい。変わり者でもなんでも(自分がそもそも変わり者)、ピアノが好きな人なら、意地悪したり悪口言ったり誰かにだけ冷たくしたりしない人ならどんな人でも受け入れたい。そう思って作ったサークルですが、門戸を広げる以上は、可能性として、どんな人が来るかはわかりません。可能性として、いい人が来るかもしれないし、嫌な人がくるかもしれません(;´∀`)

でも、最初に考えた方針、初心者が気後れせずにのびのびと弾ける場所を作りたい。変わり者でもなんでも(自分がそもそも変わり者)ピアノが好きな人なら、意地悪したり悪口言ったり誰かにだけ冷たくしたりしない人ならどんな人でも受け入れたい。

これだけは守ろうと思いました。覚悟を決めました。もちろん、会の進行に妨げになるようなことをするひとは、また別の話ですが・・・・。

今後はどうなるか、未知の世界ですが、やっぱりご縁があって出会うんですものね。このひろ~~い世界の中で、限られたピアノ弾きさんに。感謝して感謝していきたいですね。

人が集まったら、もっといいピアノがあるところを借りたり、発表会なんかできるといいなあ。

東京近辺ではそりゃあいろんな集まりがありますけど・・・・栃木県民で東京までちょくちょく行けるのは、お金と時間があるひとですものね、近くで、いいところがあれば、みんな忙しいし、そこに行きたいはず!

いいところを、見つけていきたいですね。ピアノでも、ピアノじゃなくても。人にも、環境にも。感謝して暮らしていきたいですね。小さなことにも。

でも時々愚痴りますが、許してください、人間だもの!(笑)









スポンサーサイト
Guide
 
 

ピアノ歴9年

ピアノ歴9年

自分でも忘れそうになっていたけど、先月でピアノを始めて満9年経ちました。

子供時代は、幼稚園年中から小学校3年ぐらいまでは習っていたと思うので、合計すると約14年??

でも約30年ぶりに再開したときはヘ音記号の意味も椅子の座り方も手ののせ方も何もかも忘れていたので、自分の中ではピアノ歴9年です(笑)

レッスンを始める前に独学でバイエルを全曲復習していた頃から今までずっと、ピアノに夢中です。

楽器店で「大人のピアノレッスン」というちらしを見つけたときの気持ち、

初めて先生の前でベートーヴェンのメヌエットト長調を弾いたときの気持ち、

ネットで、ピアの基礎知識を読み漁っていた頃の気持ち、

生まれて初めて曲集を自分で買った時の気持ち、

生まれて初めてブログを始めたときの気持ち、

生まれて初めてピアノサークルに参加した時の気持ち、

生まれて初めてピアノの発表会に出たときの気持ち、

生まれて初めてピアノ動画を公開したときの気持ち、

生まれて初めてピアノのオフ会に行った時の気持ち、

いろいろなことがありました。

小学生だった子供たちはもう二人とも大学生です。

途中から一緒に習った子供はピアノをやめました。

9年の間にずいぶん年をとったような気がします。

仕事環境もがらっと変わりました。

作曲家に対する嗜好も、聴き方も変わりました。

今のブログのご縁およびオショーズとの出会いは大きな転機ともなりました。

レイトスターターの劣等感から「どうせ」「わたしなど」と思っていたわたしの意識も大きく変わりました。



9年間、たくさんの「生まれて初めて」をたくさんのひとが温かい目でみてくれました。

今度はそれを誰か一人でも、返していけたらいいなあと思っています。

10年経つころにはツェルニー30番終わってる予定だったんだけどな~(;´∀`)

こんなピアノがあってもいいのかもしれないですね。

ひとはひと、わたしはわたし。

仕事の勉強がひと段落したらまたツェルニーも再開したいです。

なんのために?

ピアノが好きだから。

どうしてそこまで?

うまくなりたいから、きれいに弾きたいから。

なぜなら、ピアノが大好きだから。



ずっと教えてくれている先生、9年間ありがとうございました。

まだまだ卒業する気はありませんので、これからもよろしくお願いします(*^^*)

Guide
 
 

ピアノも生活も感謝して

ピアノも生活も感謝して

忙しい毎日を過ごしております。

帰宅が遅くても帰ったらやることもある。

ブログを書くときはパソコンに向かうので、どうしても週末しか書けないです。

ピアノ練習時間も減りました。

ちょっと前までは1日に1時間はだいたい練習できていたけど、今は弾けない日も多くて、弾けても30分とか。

「あー・・・・今日はピアノ弾けないなー・・・」と思いながら帰宅したり、

「明日こそピアノ弾けるといいなー・・・」と考えながら寝たり。

昨日はどうしてもどうしても弾きたくて、家族が誰もいなかったので、とりあえず帰宅してすぐに弾きました。アラベスク。

前よりも聴こえるようになると楽しいけど、そのぶんできていないことが自分でもよくわかるというか。

ふたつめのミノーレのとこ、バスを全然聴いてないわーーと今頃分かったりして、

バスだけ弾いてみたり、ソプラノだけや内声だけにしてみたり。

それから全部を音を出すとバスがやっぱり聴こえない。

またバスだけ出してみたり歌ってみたりしていたら、ふと、別れの曲のレッスンを思い出しました。

4声の音を全部分けて弾くように、ソプラノだけとバスだけとかパターンを変えて2声で練習するように、まず最初に言われたことを。

その時はよくわからないながらもとりあえず言われた通りにやっていましたが、今ならその練習がとても大事だとわかります。



今は遠くから自分の生活を客観的に見ることはできないけど、

後からきっと分かることもあるんでしょうね。

実際、傷ついたり怒ったりしたけど、後から、ああ、無駄じゃなかったと思う時って、そのことが起こってからだいぶ経ってから。半年ぐらい経ってからだったり、何年も先になってからわかることもあります。

今誰かから教えてもらえること、ピアノでも、そうじゃなくても、大事にしなくちゃなあと思います。


どうしても、仕事>家庭>ピアノの優先順位で、ピアノはいつも一番後回しなんだけど、ピアノで教わることはたくさんあるんです。

以前、インベンション1番を何度弾いてもできなくて、どうしてもできなくて、どうして弾けるようにならないんでしょうかと先生に聞いたとき、先生は「ゆっくり練習しないから」と即答しました。

ツェルニー30番が始まったとき、メトロノームに合わせることがこんなに難しいのかと、立ってしまう指を直すことがこんなに難しいのかと思い知り、苦しくて悔しくて落ち込んだこと。それから何年も経って、自分からメトロノームに合わせてゆっくり練習するようになったこと。それが結局一番近道なこと。

ただ一生懸命やったって弾けるようにならないこと、片手で弾いたり、弾けるテンポで弾くこと、速くするのは最後なこと。

考えてみたら、ピアノだけじゃないんですよね。

「そうやるとよくないよ」「こうしたほうがいいよ」

仕事で言われるときは正直きついです。だって!!と言いたくなります。時には頭にきたりします。

言ってくれる人が尊敬できる人なら素直に聞けるんですけども。

でも、この間、仕事の研修でいい言葉に出会いました。

「謙のみに福受る」

謙虚や感謝がとても大切なこと、慢心やおごりは自分も周りもだめにすること。

言ってくれる人が、もしも、正直好きになれない人や尊敬できない人だとしても、

やっぱり先人の意見はどこかで胸にとどめておかないといけないのかもしれませんね。

そんなことを、いい歳して、ようやくわかってきた感じです。

遅すぎるかな?

いや、ピアノだって、ありえないほど遅いスタートです。

遅すぎてもいいじゃないか、今から少しでもよくなろう。

今、ブロともさんがとてもゆっくり弾いている練習音源を聴きながら書いてます。

プロの演奏を聴いたほうがいいと言われるし、わたしもそうしたほうがいいとも思いますが、

こうした、その曲を弾きたくて、そのとき一生懸命弾いている音を聴くのは、励みになります。

わたしもみんなも発展途上。

ピアノじゃなくても、欠点もあるし苦手なこともあります。

あと数年後じゃないと、言われたことが腑に落ちないかもしれません。

それでも、ピアノが好きな、仲間だな~~と思います。一緒に成長していけたらいいな~~と思います。

そうして、老後、やっぱりお互いにピアノを弾いていけたらいいな~~と思います。

ピアノを弾けることに仲間がいることに働けることに感謝して、もしもうまくなってもえらくなっても謙虚に、弾けないことをできないことを隠さず、ゆっくり練習するみたいに、背伸びしないで歩いていきたいです。















Guide
 
 

聴こえる!聴こえる!

聴こえる!聴こえる!

昨日アップしたアラベスク、主題部は全部の音を聴けていなかった。限界速度で弾いたから。

それじゃいかんよな~~~と、今日は全部の音を聴くように意識してみると・・・・

ついついメロディだけ聴きがち(出しがち)だけど、バスはとっても大切、でも実は内声が鍵!!(と、勝手に思ってる)

するとなんと・・・・・

おおおおお・・・・・・

聴こえる聴こえる!!!全部の音が聴こえる!!!

なんで??なんで??どうしたんだ??

面白くなって、指をガン見してたら、内声の音が、鍵盤の上でくっついたり離れたりしているのがすごく面白くなった。

あれっ!?と思って、内声に注目していると、最初のフレーズも次のフレーズも、最後の内声はレ、ファ。

次はまた違ってて、次のフレーズは最後はシ、レ。へーー。へーー。面白い。寄り添って離れてまた戻るふたり、この曲の(自分が付けた)歌詞にぴったりだー。

あーーーこの、短調の最後の内声がどんなに難しいと最初の頃思っていたことか・・・・。

速く弾くと、腕が痛くなったりして、何がいけないんだろうと、検証を何度もして、ようやく、ようやく、どこも痛くならないで、弾ける、聴こえる!嬉しいよーーーー。

あんなに苦労していた短調のとこがずっとやりやすい!

コーダの最後のフェルマータのついた、わたしが大切にしている右手ミのとこ、左手の音と重なって、ものすごく気持ちがいい音がでて、しばらくじーんとしてしまった。

・・・・ああ・・やっと・・・・やっと・・・・ここだ。

10か月練習してきた。

あと2か月、どこまでできるか分からない。

これから仕事ももっと忙しくなるし、最近仕事の日はほとんどピアノ弾けてない。

でも、ピアノちゃん、気持ちいいよね??今日、気持ちよかったよね??

またふたを開ける日を楽しみにして日々を頑張ろう。

情熱大陸は、四分音符116~120で今練習中。アドリブに入るところ、どーーしても遅れがちで、メトロノームにしたり、1、2、3、と声に出したり、足拍子にしたり、いろいろやっていたけど、どうやら、その前の十六分音符のとこで、脳内で「いちとおにいとお」って言うといいみたい!!

あとは、ミスをなくして、間違ってもとまらないこと!

あーーー今日のピアノ時間はこれで終わり。名残惜しいけど、また、一緒に気持ちよくなろう!

・・・・・ピアノが好きすぎるへんたいの独り言ですよ・・・・・・(;´∀`)

Guide
 
 

落ち込んでも好きだから

落ち込んでも好きだから

アラベスクは詰めの練習にきたつもり満々でしたが、今日、レッスンから帰ってから、録画して聴いてみると・・・

なんじゃあこりゃああああ!!!(松田優作風に)

どーーなってるんですかねえ。わたしの耳は。

主題部、誰かと戦ってんのか?(笑)

しっかりしてよ!!!耳!!!あんたが頼りなんだから!!!

速く弾いてみたのでミスが多い。

いや、ミスなんていいのよ(よくないけど)。そうじゃなくて、音だよ・・・・・・・。

それでも前よりはましかな・・・・・・と、アップすることに。




これを通勤で聴きながら、ここはだめだとか、もっとこうしようとか、考えることにしよう。

しっかしほんと、むっずかしいです。

今日のレッスンでは、コーダの最初の右手「ミ」の出し方で結構時間をかけてもらいました。

そのおかげか、出だしの「ミ」、わりといいかも!???

最後の「ミ」は、残念~~!!

偶然じゃなくて、いつも同じ音を出せるようにしたい、なりたい。

鍵盤の上で、あれこれ打鍵してみて、ああでもないこうでもない。こうかな??いや、だめだ~~。

先生のピアノは鍵盤がうちのより重くて、コーダで何度もすかしてしまって、びみょ~~な音の幅がほんとに難しい。

家のピアノでもできないんだもの、慣れないピアノはそりゃあ難しいぞ。

しっかし、何やってんですかねえ、ほんと。

いっそがしいのに、貴重な自由時間、ピアノで頭がいっぱい。

一喜一憂して、喜んだり落ち込んだり。

ピアノに夢中です。

今はアラベスクを少しでもきれいにすることで頭がいっぱい。













Guide
 

Menu

検索フォーム

キーワードで記事を検索

 

プロフィール

ねこぴあの

Author:ねこぴあの
栃木県在住。
夫と子供と3人暮らし。
がっつり働いているので、練習時間がたくさんとれると、とても幸せ。
ピアノ・・・子供のころに習ったのはバイエルの数年。
突然、約30年ぶりに再開して、レッスンを受けて9年。
限定記事も書いてますので、FC2の方はブロとも申請、それ以外の方はパスワード申請してくださいね(お会いしたことのある方、コメントのやり取りがある程度ある方に限らせていただきます)。

カテゴリ

最初の頃の記事はピアノ歴です♪

ブロとも申請フォーム