BLOG 

118-2の宝物

ブラームスの間奏曲118-2、わたしの楽譜はウィーン原典版です。3ページ目の二度目のポリリズム(65小節から)のフォルテのところの内声に歌詞をつけた後、どうやったらそれが耳に脳に入ってくるか音に出せるか、あれこれしているところです。そもそも、んん?おいかけっこなの??となったきっかけは、先生の、「ここはメロディが遅れて出てくる」との一言でした。2ページ目の、一度目のポリりズムのところを、そう言っていたので...

ピアノデイの終わりの独り言

ブラームスの間奏曲118-2を1週間ぶりに練習しました。この曲は内容が濃くて、練習しても練習しても時間が足りなくて、あっという間に時間が経ってしまいます。12月の本番で弾きたいなと考えていますが、はたして間に合うのかと不安になります。前に先生に、アラベスクと118-2とどっちが難しいかを聞いたとき、先生は、うーん・・・と返答に困っていました。質問した時は、118-2のほうが易しいだろうと思っていたのです。とんでもな...

楽しさと苦しさと(追記あり)

インベンション15番練習中です。テーマの「でもだって~~~♪」は右手なら両手で弾きながら声に出して歌えるのに、左手パートは「でもだって・・・・・・・(沈黙)」と、なぜか全然歌えないことに愕然としました。小学校の時、2部合唱とかで、低い方のパートの人が高いほうにつられるのを不思議な気持ちで聴いていたんですよわたし。自分もつられるし、つられてしまうのは仕方がないとしても、あれ?高い方を歌ってる!と途中でな...

狭い世間と宗方コーチ

想いを込める意味

ブラームスの間奏曲118-2を練習しています。あっここはこうなってるのか、とか、あっなるほど確かにとか、あっこう書いてあるんだ、とか、弾けば弾くほど、発見があって面白い。こんなためになる面白い動画を見つけました。118-2を練習中の方ならきっととても参考になると思います。この動画では、7分5秒あたりで、弾いた気持ちが音になる曲だとピアニストの松本さんは言っていて、確かに、と思います。10秒あたりで、ベートーヴェ...

About me

Hi, there.

ピアノが好きすぎるため
ピアノの話を誰かとしたくて
ブログを書いています。
話しかけると喜びます。