手の故障問題

発表会前の貴重なお休みですが、どうしても書いておきたいテーマがあります。それは、中年のピアノ弾きにとって大事なこと、手の故障問題です。ここで改めてもう一度書いておきますが、こちらのカテゴリー「大人のピアノ」は、「中年の趣味のピアノ弾き」が対象です。中年が、キーワードです、あしからず(笑)中年でいきなりピアノを再開してから、わたしは3度、ピアノで手が痛くなり、整形外科にかかったことがあります。幻想曲さ...

緊張対策

のってきたので(笑)、大人のピアノのテーマで、緊張対策について書いてみます。ピアノサークルとおんきごうへの参加希望者の方の参加の動機が、人前で演奏する機会が欲しいというのが多くて、緊張練習をしたい人が多いことが分かりました。以前、自分なりの緊張対策を記事にしたことがあります。→こちらこれについては・・・おおむね今も変わっていません。ピアノ教室の発表会に参加すると、小さいお子さんが、お辞儀すると速攻で...

白鳥のピアノ練習

昨日と打って変わって晴天ですね~休日楽しまれていますか?お仕事の方はお疲れ様です!わたしは今基本は土日祝日がお休み、夜勤なしの勤務なので、本当に本当に体が楽です、だから太りました(マエカラダロ)。さて、今日は大人のピアノのテーマです。大人のピアノでは、よく、モチベーションの維持が話題になるようですが、これについてはわたしの場合下がったことがないので・・・(;´∀`)今日は、効率的な練習について考えているこ...

ピアノの駄サイクル

駄サイクルって言葉、聞いたことがありますか?駄サイクルとは、石黒正数著「ネムルバカ」の鯨井ルカの造語だそうです。 具体的には  (主に創作活動において)「見る→褒める→作る→褒められる(以下ループ)という需要と供給が成立した自己顕示欲を満たすための完成された世界から抜け出そうとしない」自称アーチストの活動(笑)のこと。自称アーチストというのは常々やってて楽しいと思える程の練習はするが、本当に身になる苦し...

魔の11歳説と大人ピアノポピュラー説

聞いた話によると、世間一般のピアノ教育というのは、11歳を超えてもピアノを継続できる、できた人、を対象に出来上がっているものらしいです。つまり、11歳前にやめたひとはものにならない、ということなんだと予想します。魔の11歳説です。そういえば・・・・周りのピアノ弾きの方を見渡してみると、再開という方はだいたい11歳を超えてからやめていますね。子供時代からずっとピアノを続けている方は、11歳前に辞めた人との交流...