お見合い相手を知り始める

実は、今のアラベスクを発表会にのせたら、シューベルトを弾こうと決めています。

シューベルトは、連弾で軍隊行進曲を弾いたことがありますが、ソロで弾いたことが一度もありません。

即興曲では90の1と142の2が好きで、どちらもよちよちと音を出してみたことがありますが、142の2は手に厳しそうで、90の1は、死ぬほど長くて、「こんな曲を下手に延々と弾かれたらたまらない!系」なのです。

それでも昔惚れた片思いの相手(90の1)は時々わたしの心にふっとやってきては、楽譜をめくらせます。

昨日も、ついつい最後まで音をだしてしまいましたが、あまりの長さに、萌えたりうんざりしたりを繰り返し。

楽興の時の2番もいいな~~と思っていて、楽譜があったので、右手の出だしだけ弾いてみたら、これも手が厳しそう。





そんなわたしに、ある日突然、お見合いによって次の曲の候補がやってきました。

「ねこぴあのさんに、初シューベルト、これはどうかな~と思って」と、譜面のコピーをくださった方がいたのです!(゚ロ゚ノ)ノ



シューベルト アレグレット ハ短調 D915

20161216132925518.jpg



こんな曲です。




音を出してみると、下手に弾いたらただのつまらない曲になること請け合いだと、感じました。つまりは、曲が助けてくれない恐ろしい系なのではないかと。下手に弾いたらって、下手なのにどうするんだって話です。


しかし、なんだろう、耳に残るんです。するめ系な感じ。

今日は、左手だけ音をだしていました。



次の曲は、これにしようかな・・・・(*´▽`*)














スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment