もぐらの独り言

もぐらの独り言

今日また久しぶりにハイドンのソナタホ短調1楽章を弾いていた。

わたしにとっての、発表会・初古典となったこの曲。

いつもいつも間があくために、またまた譜読み状態で音だし(;´▽`A




やっぱいいわ~~~~~・・・・・・

なんだろなんだろ・・・・・


ザ・ピアノ!!!!!


ああ~~~~~ピアノ!!!!


これこれこれこれなのよーーーー!!


といった感じ(意味不明)。







そういや、ちょっと驚いたことがあった。

今練習しているモツソナk331の1楽章より易しく感じたのだ!

どっちも、全音のソナタ1に載ってる曲。



あ・・・・ここ、こう弾きたい。

先生がもっと冷たい音で弾いてって言ってたところ、

あ・・・・わかる・・・わたしも、そう弾きたい・・・・。

あの時、全然わかんなかった・・・。

ここも・・・・こう入りたい。

そうだ、そうだ・・・先生も、そう指示していたんだった。

なんか嬉しい(*´ェ`*)



ああ・・・これ、もっかい舞台で弾きなおしたいな。

あんな必死でボロボロな演奏じゃなくて、

もっとちゃんと・・・。





それにしてもピアノの音は気持ちいい。




そもそも、ピアノのふたを開けるたびにいちいち、

・・・・・(〃ω〃)

という気持ちになるし。











家にこもって、

もぐらのように、

ひとりで感動して、

ひとりで練習して、

こうしてひとりでブログ書いてるけど・・・・







わたし、大丈夫ですよね?

それともやっぱり変態ですかね??

たまにちょっと不安になります・・・・。



もぐらはごくたまに、穴倉からでて、人前でピアノを弾きます。

それが終わると、また穴倉に帰って、ひとりでピアノ・・・・。





炎のように燃える想いを胸に秘めて、

普段は普通の人間として?生活していますが、

この間、作曲家の平井康三郎の名前が出たとき、

ついつい、

「平井康三郎は幻想曲さくらさくらを作曲したひとで、他にもこういう曲を書いてて、校歌とかも作っていて・・・・」などといきなりベラベラ話し出したわたしに、

子供が一言、

「いいから(笑)」と言ったこともありましたね・・・そういや・・・・。




危ないところでした・・・。



家でよかった・・・・。


もっとしゃべりたかった・・・・。













スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

>炎のように燃える想いを胸に秘めて、
>普段は普通の人間として?生活していますが、
この感じ、とても共感します。

ピアノ関係の友達と交流することが多いので、あまり普段は意識してないのですが、それ以外の友達だとあまり話すことが無いんです。汗 共通の話題を見つけるのが大変。相手も少しでも音楽に興味があれば急に親近感がわくというか。。

モグラっておもしろいです~~笑
ねこぴあのさんて、どの辺にお住まいなんだろう・・ご一緒に遊んだりできるのかな??(あ、無理に答えなくていいですよ)

Sleepingさんへ

すごく狭くて日が当たらない部屋にピアノとステレオとパソコンがあるんです。リビングとは別の部屋です。
そこは、元々は客用の和室でしたが、今では実質わたしの部屋です。
そこに長時間こもっていると、もぐらになった気分になるんです(笑)
わたしは栃木ですよ~。
Sleepingさんはどちらなんでしょうか?
普段からピアノ友達と交流ですか?
すごく恵まれた環境ですね!
うらやましいです^^

szybkie i skuteczne odchudzanie さんへ

日本語でお願いします。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索