fc2ブログ

イロモノピアノオフ その1



イロモノピアノオフに参加してきました。素人の作品とは思えないこちらのイラストは今回のパンフレットに使用された、主催サイドによる手作りです。

写真を全然撮ってなかったことに今更ながら気がついたのですが、昨日の本番日記を。

一言で言うと、命の充電してきました!携帯のバッテリー100%になった感じ?

場所が東京なので早朝に起きて支度して、電車に乗り、駅に着くとピアともさんと偶然一緒になり、話しながら会場へ。

着くとご挨拶もそこそこに、買い出しに。結構荷物が多かったので、Aさんの助け船、ほんとに助かりました!ありがとう〜。

お会計をして、「ばみる」の意味を教えてもらい、舞台監督さんたちが最後の打ち合わせをしてるのを見学したり、合流したTさんとおしゃべりしたり、Iさんの調律を見たりしていたら、あっという間に、開演前の全体への連絡の時間になり舞台前に全員集合。

わたしは投票アシスタントの係りだったのでそれの説明を受けて、それから自分のリハをさっさと終わらせ、控え室で、持ち込んだお弁当をTさんと一緒に食べました。

主催者の方たちのお手伝いをできる限りするつもりで楽な靴を履いていったのに、あまり手伝わずになんだかんだと、開演時間になり控え室へ。

そこでYさんが着替えていて、超かわいい〜似合ってずるい〜とかやっていたので、緊張が少しほぐれました。

自分の前の人が弾いてる時はステージ裏でずうっと身体を動かしてました。重心重心、とか考えて。アドバイスくださったMさんありがとうございました!

この時、先生の笑顔も浮かびました。先生は前に、「本番は自分のものだから、先生に言われたことは忘れて好きに弾いていい」と言ってくれました。この言葉があるから、わたしはいつも本番を楽しめるんだなあ、感謝だなあとしみじみと考えました。

あっという間に自分の番になって、楽譜を持っていざ舞台へ。

お辞儀すると、笑顔で手を振るTさんが目の前に!一気に気持ちが楽に。

ピアノの前に座ると、それでもまた緊張が押し寄せてきたので、大きく深呼吸して、こねこのテンポをとって、「こねこよ、あつまれー」と思ってからツェルニー30番の23番を弾きだしました。

この日のイベントのテーマはピアノバトル。わたしは今までずうっとメトロノームの奴隷でテンポを上げることばかり考えていたのですが、ツェルニーを楽しく弾くんだ!と、心の中でメトロノームをぶん投げる戦いでした。

出だしでとちったし縦は崩れたけど、楽しく弾けました!歌詞も心の中で歌えました。

すぐに頭の中をトロイメライに切り替えて、1、2、3、とテンポをとってから、目を閉じて最初の一音を出しました。

ピアノはうちのよりずうっと弾きやすくて(Iさんの腕の素晴らしさがわかりますね、ほんとにありがとうございました)、普段よりいい音が出たような気がしました。間違ったけど、心の中で自分の歌を歌えたし、最後のピアニッシモの音も出せて大満足です。

控え室に戻ると、何度もレッスンしてくれたSさんが、「よく弾けましたよ」と笑顔で言ってくれて、色々思うところはあるだろうにそう言ってくれたことに感謝。そして何より嬉しかった。

長くなるので、次に続きます。


スポンサーサイト