fc2ブログ

指を置いて弾いて弾いて

ツェルニー30の26番を練習しています。すっごく難しいです・・・。

短調の26番を楽しみにしていたのに、どうもわたしはやっぱり、練習期間が長くなると、「悲しい」「激しい」たぐいの曲はきつくなる模様。練習が長期間になるなら、やっぱり明るい曲やきれいな曲や、悲しさの中にも優しさが散りばめられた曲がいいな~・・・



そんな個人の気持ちを、まるでツェルニーが譜面台の上であざ笑っているかのように、ここができません↓

20170722100047870.jpg

正確に言うと、速度をあげていくと崩れます。

なんだろう・・・これ、前にもあったな・・・・と思って楽譜をめくってみると、やっぱりでした。悪夢の2番です↓

201707221000370d2.jpg



2番はほんとに難しかった・・・・・あの頃は指が鍵盤から離れてしまって、ほんとに毎日毎日、どうしたら離れないで「ただおろす」ことができるのか、一人で試行錯誤の連続で、修行でした。あまりにできないために先生もあきらめたのでしょう。今思うと、だよね~~・・という感じのおまけ合格でした。速度はとてもゆっくりで。



この間のレッスンで言われたことを思い出しながら26番を練習してみると、全然弾けていないことがわかり、速度を落としてやり直しです。

やりにくいところは、和音にしたり、手をじっくり見たり、手首の角度や打鍵の位置を検証したり、リズム弾きしてみたり、消しゴムものせてみたし、もう色々試行錯誤です。

腕が痛くなってしまって冷や汗をかきましたが、肘に気を付けるとよいようでした。力が入らずに素直に弾くためにいろいろやってみて、ようやく痛くならないで弾けるようになってきたところ。

でもやっぱり、結局は耳が頼りなんですよね・・・・たとえ手が動いても肝心の耳が機能しないと、どうにもなりゃしない。速度をあげていくと崩れるのは、耳機能がだめなようです。

「いきなり難しくなる、いきなり速く感じる」速度があるのは不思議です。不器用なわたしでもさすがに練習をしていくと、その速く感じるポイントがどんどんずれていき、とてもゆっくりですが、じりじりと速度が上がっていくのですが。

しかし、この、 「メトロノームをひとつずつ上げていく」という行動には落とし穴があって、わたしはそこによくはまるんですけど、 「指が動いてりゃ弾けた気になり目的がずれていってしまう」のです。

ツェルニーの録画を夫の前で聴いていたら、「あ~あ、また慌ててるよ、もっと落ち着いてゆっくり弾きなよ」と言われたとき、ムキになって、「これは速度をあげていく練習なんだよ!」と反論したのですが、はたしてそうでしょうか?

指定速度はありますし、そりゃー速く弾けた方がいいでしょうけどね。子供なら世間一般の「ツェルニー目標」でいいでしょう。しかし、中年の大人がツェルニーをやる目的ってなんでしょう・・・・?



そんなことを考えながら練習していたら、出だしの歌詞が、 「指を置いて弾いて弾いて♪」となってきました。



・・・指をおいてから弾ける・・・・

・・・・指がたたないで弾ける・・・・・

そう、2番を思い出してじんわりと嬉しくなったのです。

そこができるようになっているだけで、すごい進歩だよ・・・・・

20170722102113d0d.jpg

↑ここの左手は、「きーほーんーをー守って弾いてー♪」と聴こえてきましたよ。左手は2声なので、主メロディのほう。




「速度」って、ツェルニーじゃなくても、やっかいです。

でも、大切なことを、忘れたくないな・・・と思いました。



あと数曲の30番、大切に大切に練習しよう!

















スポンサーサイト



NoTitle

ドルチェ♪
2017.07.22 Sat 13:33

「置いてから弾く」は私もしょっちゅう指摘されますが、
ねこぴあのさんが紹介していると何故かスゴク説得力がある気がする!!
それから、ずいぶん前の記事で紹介されていた『意味もなく家の中を走ってから椅子に座って弾く』というのを最近私も始めました。
これって多分 本番の時のドキドキ・バクバク対策ですよね(笑)?

ドルチェ♪さんへ

ねこぴあの
2017.07.22 Sat 14:07

そうそう!心臓バクバク状態でも弾く練習なんです(笑)

置いてから弾くって、けっこ~~難しいことですよね。できてるようでできてない。
・・・瞬時に重心を移動させてそのままぶらさずに指だけおろす、手首は一定のまま・・・・ピアノって、なあんて体育会系要素が高いのでしょう。
しかも体育会系だけじゃだめ・・・・
しっかしなんでこんなはてしなく難しい趣味にはまっちまったかなーー(笑)

ドルチェさん、本番来月ですよね?ファイト~~~^^
わたしは来月上旬に本番終えてドルチェさんの嫌いな?ドビュッシーとちょっくら会ってきます(笑)

おはようございます。

どれみ
2017.07.23 Sun 10:06

この前、ツェルニーですが合格はしたものの
その弾いたテンポでの合格。
あと5上げても弾けますが、それでは合格は出来ないって事です。

速度って私のレベルでは上を見ればきりがない。
しかも内容もないと合格はない。
でも速度を上げると内容が伴わないのよ~
じゃ速度を落とせば?
いえいえそれではツェルニーではない・・
そんな卵が先か、鶏が先か、みたいになってきてます^^;

私は今途中脱落の2巡目ですが^^;
前よりは、速度もちょっぴり(笑うレベルですが)上がってますし
良くなってるそうなのでまぁそれでいいか~と思ってます。

どれみさんへ

ねこぴあの
2017.07.23 Sun 11:27

>その弾いたテンポでの合格。
あと5上げても弾けますが、それでは合格は出来ないって事です。

めっちゃわかります!!><

>速度って私のレベルでは上を見ればきりがない。
しかも内容もないと合格はない。
でも速度を上げると内容が伴わないのよ~
じゃ速度を落とせば?
いえいえそれではツェルニーではない・・
そんな卵が先か、鶏が先か、みたいになってきてます^^;

これも!!これもわかります!!!( ;∀;)

ゆっくりなら弾ける、では、だめなんですよね・・・。
速く弾いても弾けるけど、ちゃんと弾かないと合格にはならない、その、ちゃんとってところは、その時のレッスン状況や先生と生徒との考えもあり、幅が広いですが・・。

ツェルニーを2巡するなど、わたしにはとても無理です・・・・どれみさんはすごいな~~っていつも思っています。わたしは30番は2度はやらないだろうし、40番にもいきません(;´▽`A

音が並ぶようになってから速度をあげていき、速度の壁でつまる、譜読み開始からそこにぶつかるまでの期間が徐々に短くなってきてませんか?それこそが上達の証だと・・・・思いたいんですけど、どうなんでしょうね?(笑)