fc2ブログ

ツェルニーで青春?

パソコンの前にくると、だみ声のねこが「ぶにゃーぶにゃー」とわたしをじっとりとした目で見ていたので、「にゃんこおいで」と言うと、膝の上に座ってゴロゴロ。

なので、膝にねこをのせて記事を書いてます。

甘えたいときは顔つきや鳴き方や仕草ですぐにわかりますが、ねこと人間のタイミングがなかなか合わないんですよね~。


さて、ピアノ日記です。

今練習しているツェルニー30の27番、曲集の最初に書かれた解説には手の交差の練習だと書いてありますが、わたしにはそれよりもずっとずっと、右手のアルベルティバスが難しいです。右手のこうした形を今まで一度も弾いたことがなかったのかもしれないです。

ツェルニー30を練習するとき、何度も何度も、「形」の練習をしていることを意識してきました。

「形」を自分の中にいれる作業はすごく大変だけど、一度入った「形」はそのあとまた取り出すことができるのでは、と、素人が勝手に想像しているのです。

実際、30の10番は、過去にやったことがある形だったためか、楽で、早く合格しました。



ともかく、右手のアルベルティバス。

もつれるし、鍵盤から指が離れるどころか小指はたつし、肩に力が入っていつのまにか肩があがるし、もちろん粒はそろわないし、レガートにつながらないし、微妙に音が重なっちゃうし。

リズム練習をしたり、片手でやったり、今はまだ普通に弾いたら四分音符63が限度です。

リズム練習については否定的な意見もあるようですが(ツェルニー自体もそうだけど)、わたしには効果があるので、先生から言われなくても自発的にやっています。

よく弾けないところはリズム弾きにするとまるで弾けない、リズム弾きできないところは、普通に弾いても弾けないです。

リズム弾きすると、「形」の定着が結局は近道になると感じています。



先生は、ツェルニー30は、1曲1曲学習することが違うので、全部やった方がいいと言っていたけど、

27番を弾けるようになったら、手の交差と右手のアルベルティバスの形を手に入れるのかなあ~。



生徒さんがツェルニー30に入ると、よくぞここまで育ってくれた!と考える、という、どこかのピアノの先生の記事を読んだことがあります。

・・・気になって一部抜粋・・・・・(笑)↓

「ここまで辿りつけば名曲として後世に伝えられている美しく華麗なピアノ曲を弾ける技巧が身に付いた第一歩なのです。これからはいよいよ、子供だまし(初心者だまし)入門、初級編とは永遠のお別れです。」


ふむふむ・・なるほど・・・

この文章に出会った時、励まされたんだよなあ~。そっか~・・・って。



宿題を与えられて、できないーー!とかわめきながら、先生の鬼ーー!とか思いながら(え)、落ち込んだり苦しんだりして、それでもやっぱり楽しくて、先生の「これはもういいんじゃない?(ニッコリ)」が嬉しくて、もうそういうの全部が、わたしにとっては第2の青春みたいなもんです。

「宿題じゃないでしょ。自分がやりたいって言ったんだよ?」と、すかさず先生から突っ込まれそうですが・・・・・(笑)

「先生から課題をいただく」という形が、いいみたいです、どうも・・・・(;´∀`)

なんでしょうね~~~これ・・・・(;´∀`)













スポンサーサイト



管理人のみ閲覧できます

-
2017.08.19 Sat 20:12

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは。

どれみ
2017.08.19 Sat 22:46

>「先生から課題をいただく」という形が、いいみたいです、どうも・・・・(;´∀`)

・・私もそうですよ^^
ははぁ~謹んで頂きます。って感じです。
そしてなんだか がんばれますよね^^

私もリズム練習とかやりますよ。
効果はあると思います。
練習もひとそれぞれでいいじゃないですか^^

鍵コメさんへ

ねこぴあの
2017.08.20 Sun 12:35

鍵コメさん初めまして、コメントありがとうございます^^

>共感したり、笑ったり、ジーンとしたり、時々ホロリとしたり、してます。

そうですか~~~それはそれは・・・ありがとうございます!
ホロリと・・・・??どこでだろう???(;゚Д゚)

ツェルニー取り組まれているのですね!
難しいですよね~~わたしは子供時代にやったことがなくて・・・・中年で初めてもう7年もやってますがまだ終わりません(笑)

お仲間がいて嬉しいです♪
どうぞぜひまた遊びにいらしてくださいね^^



どれみさんへ

ねこぴあの
2017.08.20 Sun 12:42

どれみさんもリズム練習やりますか?仲間だ~~♪効果ありますよね?!
今やっているツェルニーの27番、リズムにすると左のアルベルティバスも弾けなくて・・・怪しいところがあぶりだされる効果もあります。
神経回路、つながれ~!!!と、手に念を送りながら練習してます・・・・・というのは嘘です・・・・(笑)
でも、「神経がつながってないのでは?自覚がないだけでもしかすると脳梗塞??と思うほど動かない」が「神経回路の接続部が細くなっててきちんとつながってないので、動くけどコントロールできない」に変わりつつあります。意味不明ですかね?(笑)

練習もひとそれぞれで、いいですね・・・(*´▽`*)

NoTitle

Nekoushi
2017.08.20 Sun 13:22

こんにちはー♪♪

そうですよね!
ツェルニーは「形」の習得ですよね!
27番は、音出してみたら楽しかったけれど、なかなか厄介ですね(^^;;

> 先生の鬼ーー!

笑笑
カールの鬼ーー!!ではないのですか!?笑

> わたしにとっては第2の青春

とても素敵だと思います(≧▽≦)

Nekoushi さんへ

ねこぴあの
2017.08.20 Sun 19:48

ですよね!なかなか厄介ですよね!さすがカール・・・ただでは弾かせない・・みたいな(笑)

先生はときに、ええっ??!!というテンポ指定をしてくるときがあり、そういうときは、ひいいっっ!!と思います。それでも全然指定速度より遅いんですけどね・・・・(;´∀`)

なんか、ツェルニーは体育部なんです、わたしにとって。
とにかく走れぇ!!あと10周!!みたいな。
1人じゃ寂しいから、部員募集しつつ走って、なんか7年です。
力いっぱい走るのって、子供の頃、楽しかったじゃないですか。
子供ならどんどん走れるのに、中年が町の体育祭に混じっちゃったよ、みたいな感じですかね?←キカレテモ(笑)










NoTitle

ゆき
2017.08.21 Mon 08:53

ツェルニー27番は、子ども時代は好きな曲だったのです、が。
久しぶりに弾いてみたら、粒をそろえるのも、レガートに弾くのも難しく、クラシックのブランクの長さを痛感しました。
ちなみに、人気が高いらしい26番は、私は昔も今も苦手です・・・。

>「ここまで辿りつけば名曲として後世に伝えられている美しく華麗なピアノ曲を弾ける技巧が身に付いた第一歩なのです。これからはいよいよ、子供だまし(初心者だまし)入門、初級編とは永遠のお別れです。」

ツェルニー30番って、そのような位置づけだったんですね。
ねこぴあのさんが完走されるのを、応援しています!

NoTitle

ina-kibi
2017.08.21 Mon 09:35

もう27番まで来たんですね!!
うぅ~~っ、感動します~~~。

私も、右手で「伴奏の定番」を弾くのって超苦手です。
そんな時、「右手もたいしたことないよね」って左手がほくそ笑みますよね・・・・笑
左手に言われたくないとも思いますが、まあ結局、どっちもたいしたことないんです・爆
だからこそ、こつこつ頑張るしかないんですね、ピアノって・・・。

第二の青春、まさにですね♪♪

ゆきさんへ

ねこぴあの
2017.08.22 Tue 22:31

>粒をそろえるのも、レガートに弾くのも難しく、クラシックのブランクの長さを痛感しました。
ちなみに、人気が高いらしい26番は、私は昔も今も苦手です・・・。

おおおおおお・・・・・・・Σ( ̄□ ̄|||)
難しいですよね・・・・
でも、生意気なことを言うと、その難しさが分かっているって、すごく、いいことだと思うのです。
ツェルニーを馬鹿にする人はたくさんいますけど、その難しさを語る人は、案外少ないですもの。

完走といっても、わたしはご存知の通り?相当の期間を要してますので、いわゆる「ピアノ道」からは、邪道なわけで。
でも、これからの高齢者社会、子供がメインだったピアノ教育は、様相や価値観の過渡期だと思うんですよねえ。年齢にかかわらず、馬鹿にされることなく、ピアノ学習をできるひとが増えてほしいと、心から思っています。

ina-kibi さんへ

ねこぴあの
2017.08.22 Tue 22:36

はい~~・・・・あんなに高飛車だった?右手が全然できとらんわけですよ。
少しはましになったかと思えば、伴奏であるはずの右手がうるさいうるさい・・・(;´∀`)
わき役に徹しつつ相手を引き立てるとか、わたしの右手は現在0点ですね。

でも、以前はときにキレていた左手ですが、だまって右手に付き合っていたかと思えば、今度は、見本を示そうと、努力を始めたようですよ。
「・・・・・・俺。だてに、物心ついたときから伴奏やってないし。」

右手は、黙って聴いているようです。
さあて、この後、どうなりますかねえ。←自分でハードル上げてどうする(笑)