fc2ブログ

二人三脚で楽に楽に

最近の練習はもっぱらツェルニー30の28番です。

最初小指や腕が痛くなってしまって、それが改善されたと思ったら、

特に右手で和音をありえないほど弾けないことに、気が付きました。

音がそろわない。しっかり出ない。腕に力が入る。

何が一体いけないの??右手ちゃんはお手上げ。

そこで、左手君が右手ちゃんの見本になることに。考えてみたら27番のアルベルティバスに続く2回目です、お手本になるのは。

たいして弾けもしないのに弾ける気になってて弾けない左手を見下していた右手ちゃんと違い、左手君は自分が弾けなことを嫌というほど分かっています。だからとても謙虚です。「ほんとに僕なんかをお手本にしていいのかなあ・・・・」と滝汗状態です。

右手で弾くところを左手で弾いて、右手で真似して、左手、右手、左手、右手、それを繰り返し、少しはましになると、メトロノームで八分音符で合わせて練習して、ずれる拍を直し、少しずつ速度をあげて、ここ数日ようやく付点四分音符でメトロノームを合わせられるようになってきたところ。

指定速度は72ですが、もちろん一生無理ですね。一番上の40から合わせて、今日になってようやく50になりました。

メロディのほうは左手君はもう前のように卑屈じゃない、出だしから楽しそうです!9小節でついつい右手ちゃんの音量が大きくなりがちですが、いけませんね~(ええ、独り言ですよ?笑)この曲はメロディはフォルテは左手だけです!

あれあれ?右手よりもできるつもりの左手の和音、最後はへばってしまいます。

今までと同じ弾き方じゃこの曲弾けないのに、ついつい左手は今まで通りに弾いてしまうようです。

もっともっと、もっともっと、力を抜いて。

「ピアノは楽に弾けるんです」「肩を下げて」「腕を動かさない」S氏の言葉が聞こえてくる。

ああ、楽しいなあ。

ピアノは、ほんとに楽しいなあ。

今日の28番。夕さんにFOR YOU(笑)