ピアノが大好き

ピアノが大好き

昨日と今日はわたしにとって最高の連休です。

なぜなら、昨日はレッスンで、今日はこれからピアノサークルだからです・・・(*´▽`*)

もちろん合間に家事もやってますよ~~。

メインがピアノではないですよ??

メインは家庭ですよ・・・そりゃあ・・・・。

だけど家族のいない自由時間があったら、何して過ごす?

もちろん、ピアノでしょう(笑)



仕事の日は弾けないか弾けてもちょっとだから、

弾ける日はとっても幸せ。

いくら弾いても足りないような気がする。

そりゃあ全然ダメなんだんけど、

指が動くのが単純に楽しい。

楽譜を見ながら音が出るのが楽しい。

弾き方で音が変わるのが楽しい。



レッスン始まったころは譜読み自体がレッスンの中に入っていた。

やっとこ楽譜を理解して、楽譜通りに音を出せれば、まあよし、だった。

そのうち、レッスンでの譜読みの修正の時間は少しずつ減っていった。

レッスン期間を短縮したくて、譜読みからメトロノームを使ったり楽譜に1、2、3とか書きこんだりするようになった。

最初のレッスンで間違いを指摘されることは今もあるけど、

レッスンでの「譜読み修正時間」は激減した~。



最初に先生から表現??を言われたのは、

確かショパンのワルツ7番だった。

それまで何曲か教わってきたけど、「人に聴いてもらうために」教わるようになったのはこの曲からだった。



それからは、えええ!!?ってことを曲によって言われてきたなあ。

「ドアの向こうから音が聴こえるように」

「昔の思い出を思い出すように」

「もっと冷たい音で」

ぱっと思い出せないけど、

初めて言われたときは、


・・・・はい???Σヽ(゚∀゚;)

ってな感じでポカーンだった。




いやよく考えたら・・・・

レッスン開始のときの教本のバーナム

あれはひとつひとつ、歩くだの、走るだの、イメージしなけりゃならなくて、

そんなこと子供時代に言われた記憶がないわたしは、

心底カルチャーショックだったんだ、そういや。

え???ピアノって、楽譜通りに音を出せばいいんじゃないの?

そう思ったんだよなあ。






子供は最初っから今の先生に習っているから、

ちっとも驚かないんだよね、そういうこと言われても。

「昨日のレッスンで~~先生、こんなこと言うんだよ~もうびっくりでしょう・・・イメージできないよ」

と、子供に言ったら、

「あー。言いたいこと、なんとなくわかるかも。」だって・・・・(; ̄д ̄)




楽譜通りに音を出すだけなら、

こんなに楽しくないんだよね、きっと。

いや、楽譜通りに弾けないけどもさ。





わたしはのだめでピアノを再開した口ではなくて、

のだめブームにのだめを見てないひとなんだけど、

昨日家でのだめを見ていて、

色々な楽器の音が面白くて美しくてすごく楽しかった。

バッハのピアノ協奏曲1番1楽章が出てきて、感動した。

子供が「やっぱりピアノはすごいね」と言うので、

「そうだよ!

ピアノはすべての楽器の中で一番なんだよ!

一台でできるんだから!」


とつい熱く言ってしまったが、

なんせピアノを習っている子供なので、苦笑いも否定もされなかった。





・・・・いったいわたし、何が言いたいんでしょうか。




・・・・ピアノが大好きです・・・(笑)


















スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

前の記事ですが、インベンション10番合格おめでとうございます。

譜読みはまだ指さしてドレミなんていうときもありますが
再開したときと比べるとやっぱり早くなってきますよね^^

再開してから、発表会の時に先生から
「あなたの一番聞いてもらいたい人のために演奏してください」
と言われ、ドキッとしたことありました。
私の場合はやはり私のピアノをいつも聞いてくれてた母や妹に
聞いてもらいたいと思いました。
(お姉はまたこんぐらい弾けるようになったぞ
また頑張ってるぞワハハ)←こんな感じです(笑)

楽譜見てため息ついてた曲が
だんだん弾けるようになるときが一番楽しいです。
そして弾けるようになると、今度はねこぴあのさんの先生のように
どこをどのように歌うかという指導が入るんですよね^^
うちの先生は「弾く」といわないで「歌う」と言います。
ピアノは弾くんじゃなくて歌うのかあと
私もカルチャーショック受けました^^

あっ、発表会同じ曲ですよね♪
お互い頑張りましょう!!!

コメントありがとうございます♬
お互いにだいたい同じ頃コメントしていたようで、笑いました(笑)
今サークルに向かっています。
老眼鏡を忘れたことを後悔しながらお返事しています(笑)
1番聴いてもらいたい人ですか・・ドキッとしますね。
わたしは・・ピアノ友達かなあ。
家族はわたしのピアノにあまり興味ないから;^_^A
先生は歌うとおっしゃるのですね〜
なるほどです。
そうなのです、幻想になりましたよ!(*^^*)
でも今日久しぶりにひいてみたら全然弾けなくなってて焦りました。
で、楽譜みながら超ゆっくりペダルなし練習してましたよ〜先が思いやられます( ;´Д`)
幻想即興曲は、大人で発表会で弾く人を見たり聞いたりすることがあまりありません。熟カピさんとつなげてくれたご縁の曲になりますね!
お互いに頑張りましょう!

ピアノを再開した頃は楽譜通り間違えないで
弾くことで満足していたのですが、
今はそれでは物足りないです。
きれいな音で表現豊かに演奏したいです。
そして、誰かに聴いてもらいたい・・・。
音楽は人に聞かせるためにあるのかな、なんて思っています。
(偉そうなことを言ってしまってすいません)

私の先生も抽象的な表現でレッスンすることがあります。
以前にもsotto voce(静かに)で弾く所を
「布がふわっとかかったような音で弾いて。」と
言われたことがあります。
その時は五感をフル活動して考えました^_^;
難しい宿題(?)だったけど、こうかな~と
色々考えることができて楽しかったです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

のんほほさんへ

わたしものんほほさんと同じです。
再開したころは楽譜の音を出すだけで幸せでした。
音楽は人に聴いてもらうためにあるんだと、わたしも思うようになりました。
まあわたしは今でも、楽譜通りにすら弾けないのですけど(;´▽`A
布がふわっとかかったようにですか~!
それはまた難問な・・・でも、そんな音、出したいですね!
そんな風に出せたらほんとに楽しそうです♪
ピアノはやばいですね~中毒になりそうです(もうすでに中毒かもしれません・・笑)。

鍵コメさんへ

鍵コメさんはきっと、昔とても指が動いたからそう思うのでしょうね!^^
わたしの場合は子供時代バイエルで終わってますから、その当時よりは弾けるようになっている、そのことが単純に楽しいのです。
でもそんなわたしも、おそらく老化による指の関節の痛みはあります。
ピアノではなく日常生活(特に仕事)で痛みを感じます。
今より動かなくなる日を、いつもいつも考えます。
だからよけいに弾きたいのかもしれません。

私も大人になって今の先生に習って、ただ単に音を出せばいいというものではない、ということを知りました。
表現力を身につけてほしい、と言われて目からうろこでした。

今はブルグ25とツェルニー「初歩者のためのレクリエーション」という教本で、テクニックと表現の基礎をやってます。きちんとしておかないと、ソナチネで苦労することになるからって、とばさないで、ひとつひとつ丁寧に教えて下さいます。おかげさまで、進まないのが悩みですけど・・・^_^;
先生を信じて頑張っていくしかないですね!

そういえば、夢で「ザブーンと波が来た感じ」と、「ザブーン」と書きこんでくださいました(笑)。なんだか笑ってしまいそうです(^^)

マミさんへ

ザブーンと!!
それ、「夢」でですよね??
いったいどこがザブーン???!
気になります~~!
あとで苦労するから、と、きっちり・・・なのですね。
確かにあとで苦労するのかもしれません・・・。
わたしはツェルニー30番とインベンションが今の教本なのですが、どうやら先生は1曲たりとも、とばす気はなさそうです。
でも・・とばす先生もいますよね??抜粋ってやつです。
内心・・いいな・・・・と思ったりもします、わたしは(笑)
お陰様で進まないのが悩み・・・
わたし以上に進まない人にあまり巡り合ったことがないので、安心してください!
ブルグ25のレッスン・・・いいなあ~~。
あれはきれいに弾くにはとっても難しいですよね。
わたしは独学でしか弾いたことがありません。
どの曲も好きです♪


  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索