なぜ消しゴム練習?

昨日は仕事だったので夜練習しました。

1時間弾けたので、かなりラッキーなほうです♪

でも、疲労で弾きながら睡魔が・・・・!

寝ちゃダメ~~寝ちゃダメよ~~!!

自分にはっぱかけながら何を練習したかというと、

ツェルニー30番の11曲目と、モツソナ331の1楽章。

ほんとは幻想即興曲もやりたかったけど、さすがに無理だった・・・。

ツェルニーは消しゴムの登場です。

ゆっくりゆっくり・・・。

どこで落ちるかというと、やっぱり指くぐりでした。

どうやらタイミングが遅いようです。

気持ち速くしてみると、落ちる確率が減りましたヽ(´∀`)ノ


消しゴムをとって、少し速く弾いてみます。

間違えポイントは、後半で長々と続く右手でした。

それから、左手の指が鍵盤から離れてしまうことにも気が付きました。

どうしても力が入っちゃうようです。

こりゃだめだ・・・・。

この状態では速度はあげられないや・・・(ノд`;)

そう思って、左手ばかり繰り返していました。




消しゴム練習は、

以前のブログでいただいたコメントで、そうした練習があることを知りました。

最初は「やってみようかな・・・?」と思いつつも、やる気はなかったのですが、

「自分ならどんな方法でも試してみると思います」と書かれた別のコメントを見て、印象に残っていました。

それでもなお、やらないでいたのですが(おい)、

また別の方から、バタバタする手に悩むわたしに、消しゴムを乗せて練習するとよいとアドバイスがありまして、

重い腰をあげたというわけです(笑)



半信半疑で、ツェルニー30番の9曲目でやってみたのですが、

ちょっとでもバタバたするとすぐに消しゴムは落ちてしまうので、

ものすごくゆっくりやるしかなくて、

ついつい速く弾いてしまうわたしには、

すごくよい練習法でした。




9曲目の初レッスンでとてもゆっくり弾くと、

先生から生まれて初めて、

「いつもこんな風に丁寧に練習すればいいんだよ」と笑顔で言われました。



それまで、やる気ばかり先行して、

がむしゃらに無駄に時間だけかけていたツェルニーの練習。



やっぱり急がば回れなんだと、実感したのです。






ぼちぼちいこうと思います(*´∇`)ノ












スポンサーサイト

2 Comments

Sleeping  

消しゴム練習、やってみましたよ~~!
さぞイライラするだろうと思ったのですが、ツェルニーはスケールばかりのせいか、落ちませんでした・・・驚愕 でも、ものすごく注意して弾いたからだと思います。普段の弾き方だったら落ちますね。無意識に弾いたときにも落ちなければいいんですよね。

ノク8の難所も、注意して弾けば落ちないみたいです。そして弾きやすいような気もします。動画撮ってみたら、他にも気になる点が(小指が丸まってるとか)たくさんあるので、もうちょっといろいろ改善しつつ、消しゴム練習続けますね。

いろいろ教えてくださって、ありがとうございます♪

2014/04/16 (Wed) 13:32 | EDIT | REPLY |   

ねこぴあの  

Sieepingさんへ

おお~消しゴムやってみたのですね!
落ちないで弾けたってことがうらやましいです♪
注意して弾けば難所も落ちないですか??
すごいです~!
わたしは今日も消しゴムやりました。
ツェルニーは最初より落ちなくなってきて喜んでいます。
通して落ちなくなる頃が、その曲のわたしの消しゴム卒業の時期です(笑)
教えるも何も・・・とんでもない・・わたしなどが誰かに教えるなど・・・。
よく検証しながらの練習は地味ですけど、やっぱりやったかいがありますよね!
無意識に落ちない・・・それ、理想ですよ~!

2014/04/16 (Wed) 21:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment