現在進行形

「ずれてるずれてる」

「右が速くなってるよ」

「左の音聴いて」

この間のツェルニー30の30番のレッスンで先生に言われたこと。



ツェルニー30番を始めた8年前はメトロノームに合わせるだけで必死だった。

少しでも速いテンポにはもちろん合わせられず、かといってゆっくりにするとなお難しく感じた。なぜずれるのか分からなかった。メトロノームのほうが壊れてるんじゃないか?とさえ思った。

打鍵の仕方を矯正するのも大変だった。現在進行形。

粒をそろえるという横の流れだけでも必死に聴かないと分からないのに、

縦をそろえるという方向は粒より難しい。いずれも、現在進行形。

そうだ。ツェルニー30番の練習を始めた頃は、粒も縦もそろわずメトロノームとずれているのにどんどん速度を上げていったんだった。たまたま聴いていた子供からずれてると指摘されても分からなかった。恐ろしい・・・。



リズム練習はできるだけ速くやるように言われてるけど、「縦がそろわないで弾くのは気持ち悪い」と思うようになっている自分に気が付いてびっくりする。結果、速くできない。

でもねえ、30番、最初にスタッカートで弾いたときは、左手の難所(9小節)がありえないほどできなかったんだよ。

ほんとに。冗談抜きで。神経が通ってないとしか思えないほど。


今は30番は普通に弾いたら四分音符100だともう縦がずれてくる。

YouTubeをみてみると、みんな速すぎ~~無理無理~~。



でもさ。昨日より今日、よくなってればそれでいいのだ。

ありえないほどできなくたって、ありえないほど進まなくたって、前の自分よりよくなっていればそれでいいのだ。



今日は今年最初のレッスン、ちょっくらしごかれてきます。






スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment