隠れミッキー発見

ブラームスの間奏曲118-2を練習しています。まだレッスン前の譜読み段階で、強弱記号をよく見れてなくて、指番号を決めている段階。ようやく音楽用語の意味を調べて楽譜に書き込みました。

この曲の最初の表示はAndante teneramente、アンダンテ テネラメンテ。

アンダンテは皆様ご存知「歩くように」ですが、テネラメンテは調べると「優しく、愛を込めて」で、ちょっとびっくりしました。

118-2はブラームスが愛するクララを想って書いた曲だと言われているようですが(そもそもそれはなんでだろう??)、まさかの「愛を込めて」とは。でも、納得ではあります



さて、先日記事にした難所ですが・・・・難所の記事

いただいたコメントの通りに弾いていき、ところにより右と左を逆にした方がいい音も発見して。ともかくいろいろやってみると、あら不思議。

最初は直すのに戸惑いましたけど、こいつはびっくりです!!w(゚ロ゚)w

ずっとずっと弾きやすくなります、右手と左手でそれぞれまったくおんなじ和音を出しているところが何か所も出てくるんですもの。隠れミッキーみたい。

なんでわざわざ、右手と左を入り組ませた??と思ったのですけど・・・

右手と左手でドファミレというメロディのおいかけっこもしてるので、仕方がないのか??

ドファミレ、その前の49小節からのクロスリズムのところにも出てきます。そののあたりは左手もドファミレが隠されて?います(浮き立たせるように弾きつつ右手メロディを歌わせて・・・しかもクロスリズム・・・無理じゃないか??(◎_◎;)その次の65小節からのクロスリズムは何が隠されているのか?まだわたしには分かりません・・・)。

ドファミレ、この曲の出だしのドシレ~につぐ、重要なメロディのようです。

しかし、難所のところの左手の高い音を右手でとって右と左を同じ音で弾くと、音を出すのはずっと易しくなるけど、ドファミレのおいかけっこを出すのはより難しくなるような気もしないでもないです・・・・。

でも、ずっと弾きやすいので、前回記事にした指番号は全部消して、左手の高い音は右でとることにしました。

レッスンではなんて言われるのか、今からドキドキです。

この曲を弾いた方、どうやってここを弾きましたか?

よかったら教えてください(*- -)(*_ _)ペコリ

スポンサーサイト

4 Comments

kero  

こんばんわ(^.^)
私はほぼ楽譜通りに弾きました。左手と右手が重なるのでどっちが上か下か楽譜に書き込んで覚えやすくしてました。
6小節目の真ん中の右手の和音のファ♯とソ♯は親指1本で取ってます。
この難所はピアニッシモ、レガートでゆっくりと…そしてソフトペダルを入れるという指示があると思います。
なので、指を思い切り伸ばして指の腹でゆっくり静かに弾いていたと思います。
この曲は本当に譜読みが大変…。ねこぴあのさんは譜読みが早いですね。
インベンションと同時にすごいです!

2018/04/07 (Sat) 22:37 | EDIT | REPLY |   

Nekoushi  

57〜64は、弾きづらいですよね〜〜
私は、左右入れ替えて少しでも楽に弾くというのは、結構よくやる(トロイメライの左右が入り組む和音とか)のですが、この部分はオクターブで進むラインを感じ取りやすいと思うので、譜面通り弾いてます。例外的に、57と61の一拍目の下のラ♯だけは右手で取っています。



2018/04/07 (Sat) 23:54 | EDIT | REPLY |   

ねこぴあの  

kero さんへ

ピアニッシモですね~~こんなに音が多いのに・・シューベルトのアレグレットの中間部みたいです。ウナコルダ指示ありますね。
keroさん楽譜通りに弾いたのですね?教えていただきありがとうございます♪

>6小節目の真ん中の右手の和音のファ♯とソ♯は親指1本で取ってます

わたしもです!

譜読み大変ですね・・
速いですか??ありがとうございます~
まだこれから強弱記号ですが・・・・(;´∀`)

2018/04/08 (Sun) 00:01 | EDIT | REPLY |   

ねこぴあの  

Nekoushi さんへ

Nekoushiさん教えていただきありがとうございます♪

そうですか、ほぼ楽譜通りにで一部例外ありなんですね。
弾きやすさとメロディラインの意識が反比例しそうで、どうしたものかと頭を抱えていたところでした。

わたしにはこの部分からまたクロスリズムに入っての出だしのドの音の入り方も難問です(^^;)
その前のフェルマータの部分付点ついてからの、ドは八分音符なんですよね、これがまた・・・(^^;)

2018/04/08 (Sun) 00:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment