楽しさと苦しさと(追記あり)

インベンション15番練習中です。

テーマの「でもだって~~~♪」は右手なら両手で弾きながら声に出して歌えるのに、左手パートは「でもだって・・・・・・・(沈黙)」と、なぜか全然歌えないことに愕然としました。

小学校の時、2部合唱とかで、低い方のパートの人が高いほうにつられるのを不思議な気持ちで聴いていたんですよわたし。自分もつられるし、つられてしまうのは仕方がないとしても、あれ?高い方を歌ってる!と途中でなぜ気が付かずずっと高いままなんだろう?と不思議でたまりませんでした。

そういえばわたしは音痴なので、歌が大好きなのにあまり人前で歌わないのですが、わたしの夫は激しい音痴なのにとっても楽しそうに歌っています、それを聞いていると、「音程がずれていることが全然わからないんだな・・」と納得します。そうです、音がおかしいのが自分でもわかるから歌うのをためらってしまうのです。よく考えてみたらもったいないな・・これも。あんまりわからないほうが幸せなことって世の中たくさんあるんですよね・・・・。ていうか夫ごめん、世間に音痴を公表して・・・・。

話しはずれたけど、インベンション2番の時は、左手部分だけ弾いて右手パートを歌う、右手部分だけ弾いて左手パートだけ歌う、という練習もしていたのですけど、超絶難しかった・・・・。両手で歌うということは、それができるくらいじゃないと、ちゃんと弾けてないんだとは思ってはいますが・・・・。

しかし今はまだその前の段階です。

(1)メトロノームを無視して速くなるのを制御するために、1、2、3、4と唱えながら弾く練習。

(2)左手トリルをしっかり入れるため指使いの検証

(3)テーマだけ右手左手順々に

(4)両手で弾いてテーマがはっきりするように意識

(1)で一番時間を費やしてますが、この(4)で左手パートが声に出して歌えないことに気が付いたというわけです。

・・・なぜなんだ・・・・これじゃあ左手のほう歌えるわけがない・・・・・・となって、今は(4)がメインの練習です。

そんな折にエッシェンバッハのインベンションとシンフォニアのCDを聴きました。

このCDが手元になかったらきっと目標曲はシンフォニア14番にはなってなかったかもしれません。このCDのエッシェンバッハの14番にほれ込んでいるのです。

それはともかく、インベンション15番を聴いてみると・・・・

打ちのめされました。愕然とするとはまさにこのこと。自分がいかにできてないか思い知りました。



・・・・・ピアノを再開した頃、


まだレッスンに通う前だ・・・・


色々な楽譜を中古で買った電子ピアノで弾いては、一人で満足していたものでした。

楽器店に行くと得意げになって弾いたのです。

今では考えられません・・・・何もわかってなかったんだなあと思います。

そしてきっと、今のわたしを未来のわたしが見たら、ひえ~~!!ばかばか!!と思うのでしょうね。

でも・・・・堂々と音程をはずしまくって楽しそうに歌謡曲を歌う夫を見ていると、何とも言えない気持ちになるのです。

ピアノを始めた頃のあの楽しさを、わたしはどこかに置いてきてしまったのでしょうか。



レッスンに出した後の練習は、いつもどこか苦しいです。

それでも、先生の「これはもういいでしょう」の言葉に飛び上がるほど喜んで、また夢中になって譜読みをして、またきっと苦しみながら練習するのかもしれませんね。

いったいなんなんでしょうね、たかが趣味だっていうのに。

ピアノを始めて10年。やればやるほど難しくなっていきます、ピアノってやつは。


追記:今日の練習風景↓











スポンサーサイト

6 Comments

ねこねここねここたつでねてる  

落ち着いて綺麗なバッハ、聴かせていただきました。私、この曲好きなのですが、今後は「でもだって・・・」って聞こえてしまいそう、ピッタリですね、アハハ♪ 

ウチの曰く、勉強は山登りみないなもので、上へ行けば行くほど高いところから広い世界が見える、つまりわからないことや自分の未熟さが見えてしまうのですって。終わりはない道ですが、お互いがんばりましょう!  

2018/04/22 (Sun) 16:44 | EDIT | REPLY |   

ねこぴあの  

ねここたつさんへ

ねここたつさん、つたない音をお聞きくださりありがとうございました!
トリルがきちんときれいに入らなくてまだほんとはこの速度は無理なんですけどね(^^;;

そうか、やればやるほど、ほんとにそうなのかもですね。
終わりはないけど・・
せめてもう少し早くピアノに再会したかった気もします。
でも弾けるだけで幸せですよね!
お互い頑張りましょう(^^)

2018/04/22 (Sun) 18:59 | EDIT | REPLY |   

ねこねここねここたつでねてる  

えええ~? トリルがきちんときれいに入らない、ですか? 私、聴かせていただいた感想のトップ3に「トリルが速くてきれい、私なんかよりずっと上手」がありました。 今、全然別の作曲家の見開き2ページの小曲ですが、トリルと、指が届かないためにやむを得ずアルペジオになる和音でとても苦労しています。

2018/04/22 (Sun) 23:56 | EDIT | REPLY |   

ねこぴあの  

ねここたつさんへ

ねここたつさん、こんばんは^^
ええ~~!!!そ、そ、そ、それは・・・ありがとうございます(想定外のコメントに挙動不審に、笑)

トリルはほんとに苦労しています・・・
先生はきっちりしっかり入れるようにと言い、この曲ではないですが、長いトリルは適当ではなくきっちり縦を合わせるようにとの指示で・・・
モーツァルトにせよベートーヴェンにせよ、装飾音符ではほんといつも苦労しているので、世の中の曲のすべての装飾音符をとっぱらいたいといつも思っています(笑)

2018/04/23 (Mon) 22:38 | EDIT | REPLY |   

ゆりこ  

こんばんは^^

テンポアップされて音楽に乗って楽しそうに弾かれてるなーって思いました♪左手のテーマいい感じですね^^

装飾音、私はモーツアルトで苦戦中です(^^;お互いがんばりましょうね~^^


2018/04/25 (Wed) 21:25 | EDIT | REPLY |   

ねこぴあの  

ゆりこさんへ

ゆりこさんこんにちは^^
楽しそうに聴こえましたか?!実は弾いてる本人は「むっずかしいんですけど!!!!( ;∀;) 」という心境だったりして・・・・(笑)(笑)

この曲インベンションの中ではあまり好きな方ではなくて・・・できるだけ速く終わらせたいです(;´∀`)

モーツァルト、この後聴きにお邪魔しますね!(*´▽`*)
装飾音、大変ですよね・・・難しいと思うと余計な力が入っちゃって余計弾けなくなったり・・・・。お互い頑張りましょう^^

2018/04/28 (Sat) 13:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment