FC2ブログ

「教本コンプレックス」その後

大人でピアノを再開してから、わたしは自分に「教本コンプレックス」があることに気が付きました。

子供の頃は猫も杓子もピアノを習っていた時代。

わたしはピアノを習い始めた頃の記憶はまったくありません。幼稚園年中だったらしいですけど。

気がついたらピアノのレッスンを受けていたような感じ。髪の長い優しい先生で、大人になったらピアノの先生になりたいとすら思っていたようです。

でも小学校に入るぐらいで先生が変わり、笑顔を見た記憶もないぐらいの厳しいレッスンに。

怒られる→緊張する→弾けない→怒られる→楽しくない→練習しなくなる→弾けない→怒られる→嫌々習っている状態→練習しない→親からも怒られる→弾けない→以下無限。

家でひとりで、耳コピでいろんな知っている曲を音を出して遊ぶのは楽しかったんですよね。音感がないからすぐに音を出せなくて音探ししているほうが多かった気がするけど。

そんなことをしているからますますバイエルはやらない。

今思うとですよ。あの当時、先生が「これはまるで蝶々がふわふわと飛んでるみたいでしょ?」とか言ってくれていたら、とっかかりやすかったと思うのですが、ひたすら、楽譜通りに弾けるか、手の形は正しいか、そればかり言われていた記憶しかありません。それとも、他の生徒さんの演奏を聴く機会でもあれば違ったのかな。親が家で素晴らしい音楽でも流していたら?今となっては考えてもしょうがないことですけど。

ともかく、気がついたら、すっかり劣等生になっていたんです。周りの友達と比べて、です。

当時はピアノの話と言えば「何番まで進んだか」で、わたしは話に入れなくなりました。だってみんなどんどんバイエルを卒業していったんですもの。先生も親もいつも怒ってるし、子供心に分かるんですよね、自分の才能のなさを。

それでもなんとかバイエルだけはなんとか全曲終わらせてからやめました。やめてから大人になるまで、ただの一度もバイエルを弾いたことはなかったです。

今もしも当時のわたしが自分の子供なら、ああこの子はピアノが嫌いなわけではないんだなと気が付いて、好きなものが嫌いにならないように気を配ると思うんですよね。何より、子供が楽しそうなのって、嬉しいじゃないですか。子供に笑っていてほしいじゃないですか。その笑顔が自分の望むものとはまるで違っていても全然いいわけですよね。でも、当時は時代だったのですよね。

そんなわけで?

大人になってからピアノを再開したわたしは、「教本コンプレックス」を抱えていました。

それで、当時進むことができなかった教本を何か1冊でいいからやりたいと先生に希望したのです。再開後2年ぐらいたってからのことです。基礎力をつけたいというまっとうな理由がもちろん大前提ですが、何か1冊でもやりきれたら、コンプレックスは解消されるんじゃないかと、考えていたわけです。

それから8年もたってようやくツェルニー30番が終わったわけですが・・・

結論から言うと、「教本コンプレックス」はどうでもよくなりました。

どうしてあんなにこだわっていたのか、今となっては分からないぐらいです。

わたしは頑張っても頑張っても不出来で終わりました。

卒業レベルはひとによってさまざまで、終わったからって、やってないよりはましだけど、指標の一つにはなるかもだけど、あんまりあてにならないということを、身をもって体験したからかも。

それでも、例えばピアノの集まりで、ツェルニーの話に入ることができる時は、子供時代まるで話に入れなかったので、なんだかうれしいのです。憧れのツェルニー30番を頑張ってやったんだ、というだけで、不出来なことを重々承知のうえで、なんだか少し誇らしいのです。

「教本コンプレックス」は、どうやら解消されたのかな?

確かなことは、気が済んだ、ということのようです(笑)
























スポンサーサイト

4 Comments

ゆめゆり  

なるほど、教本コンプレックス・・・何か良くわかります。
ツェルニー30番も 全部終わっていれば ピアノ仲間との話の中で自分も 何番がこうだとか ああだとか言えますもんね。
実際に習って弾いていればわかりますよね。
途中までしかやってないより 全部やったら気持ち的に満足する・・・そういうのもありますよね。
そっか・・・私は全部の教本が中途半端だし やってない教本も多数。。(>_<)
全部今からやるには時間が足りないので出来ないけど まあ ピアノはとりあえず楽しめたら良いと考えるしかないかな(^_^;)

2018/06/09 (Sat) 10:14 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/06/09 (Sat) 21:09 | EDIT | REPLY |   

ねこぴあの  

ゆめゆりさんへ

>全部終わっていれば ピアノ仲間との話の中で自分も 何番がこうだとか ああだとか言えますもんね。
実際に習って弾いていればわかりますよね。
途中までしかやってないより 全部やったら気持ち的に満足する・・・そういうのもありますよね。

そうなんですよ~・・・
わたしの場合はピアノだけではなく子供時代に強い劣等感があったので、どうしても払拭したくなったのです。完全に自己満足ですね^^;
もしそういうものがなかったら、8年も頑張れなかったかな・・・?
いやいや・・・きっと先生はやめさせなかったような気もします・・・(笑)

今からでも全部っていうのでしたら、過去にやったものか、ツェルニーの少ない教本などいいのではないでしょうか。
わたしは持ってないのですが、ツェルニーでも1曲が短くて曲数も少ないものがあると聞いたことがあります。
教本はやらなくても、楽しければオールOKな気もしますが・・・(笑)




2018/06/12 (Tue) 22:30 | EDIT | REPLY |   

ねこぴあの  

鍵コメさんへ

気が済んだというのはとても重要ですよね!
ほんと、終わったら急激にどうでもよくなってしまったんです・・・(笑)
でも実は、いまもちょくちょくツェルニー30-30弾いてるんですよ。
指の準備体操として。
これからも弾くと思います♪

ねこぴあの先生は・・・それは嬉しいです♪
でも、「え~~これどうやるんですか??弾いてください~~♪」ってきっと鍵コメさんに言うから、体験でジ・エンドだと思いますよ(笑)

2018/06/12 (Tue) 22:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment