fc2ブログ

左手を歌う難しさ

インベンション6番を練習中です。

インベンションは前回の2番の時に初めて、左手を声に出して歌いながら弾く、というのをやってみたんですが、これがとにかく難しかった。

聴きながら左手パートを歌うのはできるのに、弾きながらだと歌えない。やむなく超絶ゆっくりにしたりして。

6番でもやってみていますが、やっぱりものすごく難しいです。

なんとなく弾いてる、歌わないで弾いてる、というところが、テキメンにあぶりだされる感じ・・・・(*_*;

声に出して歌えるところは普段弾いている時にも脳内で歌っているところ、声に出して歌えないところは普段も歌ってないところ、のようです。



やっぱりやむを得ず、ものすごくゆっくりにしたり1小節を分解したりして、ようやく今ここです。



これも、ところどころ「脳内での左手パート」が死んでます(;´▽`A

そんな練習ばかりやっていたら、通勤中にも左手パートだけ鼻歌が出るようになり(ブロ友さんのバッハ好きの息子君を思い出す・・・息子君、すごいよ!!)、

そうこうするうちに、またしても左パートに歌詞が勝手に浮かんできて・・・・ああ~~~・・・・もう、ほんとどうしてこうなるの!!!(;´・ω・)

脳はついつい意識が右パートに傾きがち。だから両手で合唱するインベンションは難しいのですけど、左手を歌うにあたり、難易度が上がる理由の一つが、音域だと思います。

どうしても低音部は声が出ない。だからどこかでいいきなりオクターブ上にしなくてはならずとても不便、つまり歌いずらい。

利き手じゃない上に脳が右寄りで音域も合ってない とくりゃこれはもう、と思うのですが、そうもいってられないので練習練習。

そんなこんなしていたら、右手を出すときに、 「パーンとした音」 が出る時とそうでないときがあることに気が付きました。

パーンとした音は、はっきりしてるけど硬くなく、響く、という感じ(うまく言えない)。

どうやるとその音が出るのかあれこれしてみているのですが、成功率が低く、まだよくわかりません。

左手はなぜそれが判別できないのか、どうやったら左もそうなるのか、全然分かりません。



ペダルを使わない単音が好き。

合唱が好き。



いつまででも繰り返し弾ける魔力がある、インベンションです。


スポンサーサイト