fc2ブログ

まゆの中の蚕

昨日から2連休です。

昨日は、友人とランチしてたくさんおしゃべり。

2018090211335091f.jpeg


一旦家に戻って家事をやって、

夕方からは職場の方と社会人ビッグバンドの演奏会を鑑賞。(これについてはまた後日別記事を書きたいです。)

本屋さんによって読んだことのない本を購入。(「原罪」というワードが気になって買いました。どんな話だろう?「原罪」は、個人的にはバッハのキーワードだと思っているのです。)


20180902113339046.jpeg


帰宅してから少しピアノを弾いて、

珍しく早く(といっても21時だけど)家に帰った夫と二人でダラダラと飲み、ねことたわむれ、

布団の中で本を読んでから寝ました。



なんだか、最近のわたしは、まゆに入った蚕(かいこ)のような心境です。

以前にもこんな時期がありました。

そう、だいぶ前・・・まだ保育園の子供がいる頃です。

あの頃はインターネットなんてこんなに普及してなくて、携帯は持っていたけど誰かと頻繁にメールのやり取りもしませんでした。

子供がらみ以外では出かけなくなり、限られたごく少数の友人と時々話すだけで、一人の時は、庭の草むしりをするか、本を読んでいました。

子供たちが小さかったから癒しや喜びはたくさんありましたけど、当時は人生でベスト3に入るぐらいの辛い時期。

その時期を、じっと春になるのを待つように、野生動物が自分で傷をなめるように、黙々と淡々と毎日を過ごしていた、あの頃。

でも、内面には激しい憤りなどもあったのです。それらを時間をかけて消化していたように、今では思います。(ベートーヴェンのソナタ1番1楽章は、その頃の、表面に出さない感情を思い出して、弾きました。)

ピアノを弾いて、本を読んでいると、その淡々とした日々を思い出し、

ああ、わたしはまたまゆの中に入ってるなあ・・・とふと、思ったのです。

当時のような辛い時期ではないのに、なんででしょうね。

ブログ以外のインターネットから距離を置いているのもありそうです。



飲みながら、「わたしは今また蚕になってまゆの中に入ってるみたいだよ」と夫に言うと、

夫は、また意味が分からない抽象的なことを言っていると思ったのか、テレビ画面がニュースに変わったこともあり、台風のことを話していたので、一緒に台風の心配をしました。


まゆの中はわくわくする楽しさはありません。

けど、意外と居心地がいいのでしょうか。

友達から「なんか穏やかな顔になったね」と言われました。


さあ、掃除洗濯もひと段落したし、日記も書いたし、今から少しピアノを弾きますよ。

昨日また新たに発見したブラームスの内声のメロディを、聴きたくて、弾きながら聴きたくて、たまらないのです。

これについてもまた別記事にできたらいいな。




































スポンサーサイト



三浦綾子さん

リリーベル
2018.09.02 Sun 21:31

奇遇です!今日、私も、図書館で三浦綾子さんのものを借りてきました。本当は続氷点を借りる予定でした。無かったので、予約をしてきました。三浦綾子さんは、旭川ご出身です。先週、記念館に行ったら、氷点の続編を読みたくなりました。
40歳の時に、氷点で、朝日新聞の1000万円懸賞小説で入選し、作家デビュー!
作家デビュー後、身体が弱かったので、ご主人様が口述筆記をされてました。(ご存知のことでしたら、すみません。)
旭川へ引っ越し後、1か月経ち、図書館に行く余裕もできました!

繭の中の蚕

ギンヨウアカシア
2018.09.02 Sun 22:47

こんばんは♪

繭の中の感覚、わかります。

私はわりとそんな日常を過ごしているかな?

仕事も黙々と1人で書く作業ですし、時々ピアノに触れて、ごく親しい友人とたまにランチしたり、静かに本の世界に埋没したり・・・(笑)。
三浦綾子さんの氷点、続氷点は幾度か繰り返して読みました。

私には心に残る本です。
三浦綾子さん御本人の人生もまた事実は小説より奇なり・・・で、ご縁というものの不思議さ、深遠さを感じます。

ねこぴあの

リリーベルさん

ねこぴあの
2018.09.05 Wed 21:42

リリーベルさん、記念館があるんですね!いいな~~いいな~~行ってみたいです。
図書館に行く余裕ができたとのこと、よかったです!
ご無沙汰してしまいますが、どうやら冬にまたお会いできそうな??嬉しいです・・・・。
その時にたくさんお話しできたらいいな~~・・・

氷点は毎日少しずつ読んでいます。
でも睡魔に負けて寝てしまってなかなか進みません。
布団の上で本を読むと、どうしてこうも睡眠薬になってしまうのでしょうね~^^;;;


ねこぴあの

ギンヨウアカシアさんへ

ねこぴあの
2018.09.05 Wed 21:51

まゆの中の感覚、分かりますか?^^
「自分を取り戻す時間」が、とても自分にとって重要な気がしています。
まゆのなかにいるからこそ、見える聞こえるものがあるというか・・・・。

三浦綾子さんの著書を読まれているのですね。
わたしはまだ上巻すら半分にもいっていません。初めて読む作家ですが、ちょっと意外なほどの、なんというか、日常的な綴り方なんです。なのに意外なほど引き込まれます。

人間が誰もが、直視したくない醜さを肯定して生きられたら、もっともっと楽になるのに、と日々思って生きてます。まるで作者は登場人物を他人みたいに、今のところ書いてます。作者は何が言いたいのか、それが楽しみです。