fc2ブログ

ドルチェ♪エスプレッシーヴォ♪

いつ休みが入るか予測がつきにくい中の、貴重な平日休み!


次のお休みは時間がとれそうもないので、今日は午前中はピアノ(練習&聴く&ブログ)にして、午後は美容室に行くことに。



いそいそと練習したのは、ブラームスの間奏曲118-2

部分練習の後、楽譜をよ~~くみながらとってもゆっくり弾いていると、気づきがありました。


20181108102413fc7.jpeg

↑4小節、ドルチェの部分。ここは先生が、「和音が違うから壊れ物に触るように大切に弾いて」と言っていたことを思い出しました。ああ~~・・・ドルチェなのか・・・。

・・・・ん・・?ドルチェって、「甘く」であってたっけ?

で、音楽用語辞典を開くと、「やわらかに、甘く、やさしく」と書いてありました。ふーーむなるほど。


弾いていくと、ドルチェが出てくるところは他にも。


2018110810252127d.jpeg

↑おおっ・・・!76小節、わたしがこの曲の中で最も好きで一番大切に弾きたいところ。

2018110810251156c.jpeg

↑なんと・・・!34小節、ここは、次に好きな、だけど難しいところ。・・・・ブラームス・・・ドルチェで弾いてほしいのね。わたしと好みが合うじゃないか(オイ)。

ということは・・・・あの通り過ぎてしまいそうな先生に壊れ物と言われたところは、やっぱり大切に大切に弾かないとなんだな。ブラームスがきっと大切に思っていたところなんだろう。



次の発見。エスプレッシーヴォ。楽譜ではespr.と書いてあります。意味は「表情を豊かに、感情をこめて」。←調べた。

201811081027264c1.jpeg

85小節ででてくるんです。中間部が終わった後は完全に前の繰り返しなのに、ここにだけ、最初は書いてなかったespr.が。ということは、意味があるんだろう。

見ていくと、ここにも。

2018110810282500c.jpeg

↑おお、30小節、盛り上がりのところ。だよねーーここはそうだよね・・・。

2018110810283415a.jpeg

↑64小節。あーーー・・・うんうん・・・。難しいところ。でもそうだよね、なるほど。ここはpで始まるところ。YouTubeで色々聴いていると、最初っからフォルテで入る人は結構いて、わたしも最初そう弾いていたけど、先生から注意されたんだった。ここはいきなり大きくしないでって。フォルテになった後も難しいんだよ・・・盛り上がっていても冷静な自分は残しておかないと崩壊しちゃうような感じ(実際何度もそうなってる^^;)。


そもそもこの曲はAndante tenerament(アンダンテ テネラメンテ)。意味は、ほどよくゆっくりと優しく愛をこめて。←調べた。

愛をこめて、なあんて音楽用語が出てくる曲は、この曲が生まれて初めて、わざわざ「愛」を指定してるって、よく考えたらすごいことだよなあ。

わたしが作った歌詞は、男女の恋愛の歌ではないけど、でもやっぱり愛だよ。30小節から始まる左手のメロディのクララ~(ドシレ~)なんて、心の中で「命~」って歌ってるけど(;´∀`)

命って、尊い大切な宝物だよ。

だからブラームス、許してくれるかなあ・・・。



※興味のある方はこちら。わたしがつけた118-2の歌詞→nekopiano115.blog.fc2.com/blog-entry-1309.html



スポンサーサイト



2 Comments

ねこねここねここたつでねてる  

多分、命の重さって人一倍わかっていらっしゃいますよね! 私も最近、ものすごく考えさせられる経験をいたしました。 今度の週末はじっくり歌詞を楽しませていただきます。 ドルチェとかメゾピアノの表記が大好きで、実際にそれがよく似合う穏やかな友人がおり、羨ましいと思います。 

2018/11/09 (Fri) 09:02 | EDIT | REPLY |   

ねこぴあの  

ねここたつさんへ

ねここたつさん、コメントありがとうございます^^
ものすごく考えさせられる体験をされたのですね?

>ドルチェとかメゾピアノの表記が大好きで、実際にそれがよく似合う穏やかな友人がおり、羨ましいと思います。 

それはわたしもうらやましいです。
もっと落ち着いてゆったりと行動したいといつも気を付けているんですが・・・忙しい時、いっぱいいっぱいなとき、疲れている時、余裕がない時は、だいたいが気を付けて動き出してもだんだんぼろが・・・(;´▽`A

2018/11/11 (Sun) 18:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment