fc2ブログ

ピアノで歌いたい!

バルトークの、リズムが崩れないようにして地道に粒をそろえていくような練習が、どうにもこうにもツェルニーチックで意気がそがれていたのですけど・・・

先日のレッスンの後、意識がガラッと変わりました。

ツェルニーチックな練習よりも、歌う練習の方が、なんぼも難しいです。何の話かというと、ソルヴェイグの歌です。



ピアノで歌えないわたしが、まず今しているのは、

実際に歌ってみる、歌いながら弾いてみる、はもちろん、

少しだけ歌ってはそこを音を出してみて、を地道につなげてみたり、

YouTubeで聴き比べしたり、YouTubeの音を真似してみたり、

YouTubeの人間の声の歌に合わせてピアノでも一緒に弾いてみたり、など。

もうとにかく色々やってます。これでいいかどうかなんてわからない。

先生は「もっと歌って」と言うけど、「もっと歌って」の意味が分からない。だって自分では精一杯歌っているのだもの。



何度も何度も何度もやっているうちに、

・・・・・あれ???

と思うことが出てきました。

なにこれ・・・・だめだめ、こんな音、全然歌えてない・・・・

とか、

・・・・これなら、まあいいか・・・・

とか、思うようになってきました。

いったい今まで自分はどうしていたんだろう?

そう思って自分の過去のYouTubeをみてみましたが、意外にも、歌が丸わかりの曲はそうありませんでした。

これは丸わかりだな、と思う曲を聴いていくと、歌えている音もあれば歌えてない音もあると感じました。

・・・・これは、なんだろう。

そうだ、あれに似ている。

インベンションを始めてから数年たって、人様の音を聴いて、左手が歌っているかただの伴奏になっているかが、ようやく分かるようになった頃を。

歌うって、こんなに難しいの??

そういえば、シンフォニアよりもインベンションのほうが難しいと言っている人がいたっけ。

なら、片手単旋律で歌い始めるソルヴェイグはもっと難しいのかもしれない。

シューベルトの即興曲90-1が好きでネットで検索したとき、出だしでその人の音楽性が丸わかりになる怖い曲だと書いている人がいたことを思い出します。

モーツァルトのきらきら変奏曲、テーマが一番難しいと先生は言いました。

モーツァルトのソナタ331の1楽章も、テーマが一番難しかったし、そこが一番レッスンに期間がかかりました。

ソルヴェイグの難しさは、そのあたりにあるのかもしれないなあ。



・・・・

・・・・・・


よし決めた。

うまく弾こうとするのはやめよう。

誠実に、歌えるように細ぼそと努力しよう。

それで、いいよね。

いいにしよう!









スポンサーサイト



Nekoushi
2019.01.11 Fri 19:05

ピアノで歌うって、永遠のテーマかもしれないですね!!
耳が育ってくると、歌えていないことに気づいて努力して直して、しばらくするとまた耳が育って…以下略Σ( ̄ロ ̄lll)!!

> うまく弾こうとするのはやめよう。
> 誠実に、歌えるように細ぼそと努力しよう。
> それで、いいよね。

いいと思います(*'▽')
お互い「ピアノで歌う」の底なし沼で、頑張りましょう('◇')ゞ

ねこぴあの

Nekousagiさんへ

ねこぴあの
2019.01.13 Sun 22:50

ちょっと試しにnekousagiにしてみました(笑)
やっぱりかわいいですね~♪もうこのまま、先生をNekoushiさんにしてしまってもよいかもしれないですね(・∀・)

>耳が育ってくると、歌えていないことに気づいて努力して直して、しばらくするとまた耳が育って…以下略Σ( ̄ロ ̄lll)!!

なんと・・・・・!!
それでは底なし沼ではないですか!

手よりも耳の方が先に育つと聞いたことがあります。
耳だけ育っても手が動かなくてはしょうがないし、手が動いてもリズムがとれず歌えなくても・・・・あああ~~~無限地獄~~~~!!!(((゜Д゜;)))