fc2ブログ

NO BACH, NO LIFE

2011年から始めた全15曲の中の最後の曲、インベンション9番を練習中です。

前記事にのせたインベンション9番の動画を見て、音にがっかりしました。

それで、片手に戻り、なぜ戦っているみたいなうるさい音になっていたのか、歌えないのか、あれこれ一人でやり直し。楽譜通りに音を並べただけではバッハなわけがない。右手も左手も、全部歌なんですもの。

その楽譜通りに並べるだけでも途方もない練習が必要です。

月に2回レッスンには通っていますが、つくづく、ピアノというものはこうした、一人での地味な作業の繰り返しで積み重ねだなあ・・・・と思います。

今日も、インベンション9番を練習しました。

弾いていたら、例の24小節からの(妄想によると)「天から降り注ぐ光」のところで、

「・・連れて行って・・・!!」と感じて、びっくりしました。

はじめての感覚に戸惑いました。

いったいどこへ?現実の世界が本当は不満なのか??

でも、その連れて行って!の感覚をもう一度味わいたくて何度も何度も弾いてみましたが、もう二度と、そこ(そう感じた感覚の中)へは行けませんでした。いったいなんだったんでしょう。



インベンションとシンフォニアは、バッハが息子のために作った練習曲だそうですが、

シンフォニアは、とんでもなく難しいらしいです。指の練習曲ではなく、多声の練習曲なのに、決して手も楽ではなく、その難しさは、曲によっては平易な平均律のほうが弾きやすいぐらいだとか。インベンションの倍は難しいんでしょうか?



平均律・・・・わたしが勝手に感じるそれへのイメージは、黄金でできた山です(笑)

今わたしはピアノ学習者としての山登りの最中で、ひとりで登るのはときにはきついから、時々休憩してこうしてブログを書いたりサークルに行ったりしています。

今登っている山は他にもたくさんの人が登ってて、よくある?山道です。決して勾配は急ではないし、道もある程度整備されていて、ちゃんと日陰とか休憩ポイントもある。

でも、ツェルニー50番とか、ショパンのエチュードとか、平均律とかになると、遠くにそびえたつ、きらきら輝き、ところどころ雲に覆われた、高い高い、そして美しい山です。一生登れない山。そこには、大好きな、バッハの半音階的幻想曲とフーガとか、シャコンヌとか、プレリュードとフーガ543なんかも含まれています。



・・・・・ちょっとビビっていますし、なぜよりによって目標曲がシンフォニア14番なんだろう・・・と思います。

バッハなんて、苦労して練習する割には、華やかさはなく、一般ウケせず、歌えないと多声が聴こえないと話にならず、指も動かないとならず、打鍵の仕方がもろに出て、あらが目立ち、結果下手に聴こえる、いわゆるコストパフォーマンスの悪い系ではないでしょうか。

でも、好きなんだから仕方がない。

シンフォニア14番は、きっとその平易な平均律よりも難しい類だと予想するので、コツコツ、やっていこうと思います。

この先の山道は、どんな景色なんでしょう。

シンフォニア1曲で1年と計算すると、今50歳だから終わるころには65歳!

・・・・・ピアノ弾けているかな・・・・・(;´∀`)

・・・・・弾けている!

・・・・・弾くんだ!!


NO PIANO, NO LIFE!

NO BACH, NO LIFE・・・・・:*:・(*´エ`*)・:*: ♪



スポンサーサイト



ジル
2019.04.07 Sun 21:04

こんにちは。
バッハは難しいですよね(私も痛感しているところです)。
モーツァルトはコストパフォーマンスが悪いなあと思っていましたが、バッハも同じ(かそれ以上)ですよね。
でも私もモーツァルトもバッハも好きなんです…。

65歳、ねこぴあのさんならきっと素敵にバッハを弾いていますよ〜。
私の教室では87歳のおじさまが、今でも素敵にバロックの曲を弾いていらっしゃいます。
私も今はいろんな曲を弾いてみたいですが、年を取ったらモーツァルトやバッハをとつとつと味わい深く弾けるおばあさんになることが目標です^^

ねこぴあの

ジルさんへ

ねこぴあの
2019.04.07 Sun 22:56

お~~わたしもです。
ベートーヴェンやバルトークはもう弾かないかもしれませんが、モーツァルトは時々弾くと思います。そしてバッハは一生弾くと思います♪
なんでよりによってこんなにあらが目立つ系を・・・・とは思いますが^^;

>年を取ったらモーツァルトやバッハをとつとつと味わい深く弾けるおばあさんになることが目標です^^

いいですね~~それ。
誰のためでもなく自分のために丁寧に弾く、そんな時間を持ちたいですね。
そのためには今のうちに健康維持を意識して基礎練習ですね~~(笑)

かつさん
2019.04.10 Wed 03:13

ねこぴあのさん、こんにちは!
かつです。

バッハのコストパフォーマンスの悪さ!!
確かに(〃艸〃)ムフッ
エチュード系の指が早く動かないと弾けない曲はたくさんあるけれど、
音のバランスが悪くて弾けない曲というのは厳密に言ったらないですよね。
だからエチュードばかりに気を取られてしまいますが、
音や音楽を磨き上げるためにはインベンションは避けて通れない道。
ねこぴあのさんはそれが楽しいと感じるのだからすごいです!
私なんて嫌々ですよ。。
でもピアノ再開後は徐々に楽しくなってきました。いまはトラウマ的な…
なので60歳、70歳とどんどん好きになっていく予定!!
65歳なんて、思い通りに弾ける入口ですよ♪♪

ねこぴあの

かつさんへ

ねこぴあの
2019.04.10 Wed 23:00

かつさんは嫌々で、徐々に楽しくなってきたのですか~今はトラウマなんですか??

子供時代にバッハにわたしは出会っていなくて(聴いたことぐらいはあったんでしょうけど記憶がない)、40代で出会い好きになりました。周りにクラシックを聴く人もいなかったです。
最初は2声の意味が分からなくて、というかピアノで歌うことが分からなくて、二人で歌うことはもっとわからなくて、今でも二人で歌えずレッスンで注意されます。

でも・・・難しいけど、取りつかれたように練習してしまう麻薬のような楽しさがあるんですよ~・・・・^^;

U子
2019.04.11 Thu 17:34

バッハ インベンションの最後の曲なのですね!素晴らしいです。私はインベンションもシンフォニアも数曲しかしてないです(°_°)バッハ、聴くのは好きなのですけどねぇ…ねこぴあのさんの記事読んでいたら、バッハの弾いてみたい曲、少しづつ譜読みしてみようかなぁーという気になりました!ありがとうございます♪

ねこぴあの

U子さんへ

ねこぴあの
2019.04.11 Thu 21:34

U子さん、インベンションとシンフォニア数曲ですか?なんかそんな感じしませんけどねえ~お礼などとんでもないですよ~こちらこそありがとうございます!

わたしはピアノ再開当初はショパンが好きで好きで、ショパンさえ弾ければそれでいいからツェルニーとか絶対やらないと思ってたんです。
でもショパンがバッハを尊敬していたと知り、ブログを通してバッハは避けて通れない、やらないより絶対的にやったほうがいいと知り、色々な人がバッハでは初歩の教本のインベンションとやらをやっていると知り、ネットで検索して聴いたのが、「インベンション」との出会いでした。
そのうち、基礎練習をするなら今しかないと考え、ツェルニー30番とインベンションだけでもと、やることになったのです。で、現在にいたると・・・・長くなってすみません・・・・終わります(笑)