fc2ブログ

幻想即興曲の練習で感じたこと

もうすぐレッスンなので、お休みの昨日、久しぶりに幻想即興曲を練習して、録音してみました。

(アップはないです、あしからず・・笑)

楽譜は見ないで弾いたのですが、

思いがけず中間部で一瞬わからくなる事態が2度(;´▽`A

そして、自分では、前よりも左手の音が聴こえる!と思っていたのですが、

聴いてみてびっくり。

だめだろーーこれ・・・・( ;-`д´-)

左手がとにかくだめ。

2拍子にするんでしょ?

なのになんで、左手1の指の音にアクセントがついてんの?

左手の、タタタタタタの最後のタの音がよくわからなくなってる。




昨日は偶然にも、幻想即興曲を頑張っている方のブログを目にしました。


それで・・・・

「お前何様なんだ」状態は百も承知ですが、

誰かの何かのお役にたてばと思い、

過去の幻想の練習で、

わたしが感じたことを書こうと思います。



〇中間部が最後まで暗譜できなかった上に、覚えても人前だと分からなくなる事態が何度もあった

〇右手と左手の合わないあのポリリズムとやらは、スローモーションなみのゆっくり練習から本当に少しずつやるしか方法がなかった

〇右手は付点をつけてリズム練習が効果があった

〇13小節からのアクセントをつけて右手で歌うところは、手首の力を抜いて少し回す感じがよかった

〇上記部分がわたしには難所だった、右手が間違いやすいために、左手は指に記憶させるしかなかった

〇35小節からの降りていく右手は、よっつずつに分けて練習した

〇中間部は1・2ページ目よりも別の意味で難しい

〇中間部が終わると安心してしまうせいか次のポリリズム崩れやすかった

〇33・34小節右手は指がこんがらかる、しかもそこに気をとられると左手が崩れる、左手を聴きながら右手間違えないように・・難しい

〇最後のページの右手もやっぱり同様に地道練習、力が入りやすいので意識して抜くようにした

〇最後ページ右手のずっと続くレドソソもてこずった、指を鍵盤から離さないで均一にうるさくなく弾きたいができない

〇最後の最後の終わりの左手をpppで弾くことが死ぬほど難しい

〇左手と右手を両方聴けないため、右手を小さくして弾いたり、1小節ごとに左手だけ先に弾いてから両手を合わせた

〇プロの演奏は速くて聞き取れなかったので、素人の方で少しゆっくり目できちんと弾いている方の演奏を何度も聴いた

〇とにかく「脱力」してないと弾けない曲だと思った





こんな感じですかね・・・・。

全体としては、

とにかく「速く弾きたくなってしまう」気持ちが、練習の妨げになりました。
少し速く弾けるようになると、嬉しくなってついついやっちまったんです。

よく両手を聴けない耳だったので、崩れているのが自分で気が付かないという(´;ω;`)

「弾けるようになった気分」になりやすい曲だと思うんです。

実際、この曲をよく知らないもしくは弾いたことがない人は、ポリリズムが崩れていようと、弾けているように聞こえてしまうと思います。

レッスンで何度、ゆっくりから少しずつ速度を上げるように言われたか、分かりません。

1・2ページは、もう、これはツェルニーの練習なんだと言い聞かせてやるしかありませんでした。




わたしのようなピアノ歴の浅い素人が、ほんとよくもまあえらそうに書いたもんだ・・(´Д`)

でも、「弾けない人だからこそわかること感じること」ってあると思いませんか?

弾ける人だったら、そこまで苦労しないわけで。




ちなみに、わたしが一番苦労したのは「脱力」でした。

今でもできてません。

左手のタタタタタタは、

「ちからぬいてちからぬいて」と歌いました、脳内で(笑)

出だしのソ#は、わたしは両手でとりました。

そのあとのオクターブのド#で「肩!」と自分に言い聞かせて、

「肩・・からぬいてちからぬいてちからぬいてちからぬいて・・・」で、練習しました。

要は、自分へのいましめです(笑)





右手が動くようになってくると、

今度は左手がネックになる。

左手が動くようになると、

今度は右手がつっかかる。

そんな感じでやはり相当に難しいです。




何よりも恐ろしいのは、

この曲が「超有名曲」であるということ。

ミス丸わかりです(笑)

だから、人前で弾くには、開き直りが必要でしたし、

緊張もいつもの発表会より大きかった。

「自分はできる!!絶対弾ける!!!」

舞台にあがるまで、自分にそう言い聞かせました。

結果・・・・???

聞かないのが優しさってもんです・・・・(笑)





今度の舞台は、幻想即興曲は2回目です。

なんちゃってだろうがなんだろうが、開き直って弾きますよ?



だって趣味だもーーーん!!!(*´ノ∀`*)












スポンサーサイト



NoTitle

のんほほ
2014.05.07 Wed 20:53

すごい!!
ご自分の演奏を細かく分析して練習されているんですね。
だから、ねこぴあのさんのピアノは表現がとても豊かなんですね。
「速く弾きたくなってしまう」気持ちが、練習の妨げに、は
私もよくやってしまいます(汗汗)
なんでなんですかね、頭ではこんな練習しても身にならない、って
わかっているのに、つい速く弾いてしまうんですよね(~_~;)

今日の私の練習はぐだぐだ練習だったのですが、
このお話を拝見して、「私もねこぴあのさんのように
練習しないと!」と背筋が伸びました。
ありがとうございます(^^)

熟カピ
2014.05.07 Wed 21:29

すっごい参考にさせていただきます!!!
私はあと2ヶ月のうちに何日練習できるんだろうーと悩んでますが、とにかく練習するしかないですよね^ ^
暗譜はできそうもないですが(中盤の強弱の記号は楽譜見ないとまだできないです)たとえミスっても思いっきり弾いてこようと思ってます🎵
お互い頑張りましょう〜(*^_^*)

NoTitle

huku-ume
2014.05.07 Wed 21:33

こんばんは~
ねこぴあのさんが書いてらっしゃるように、そして、
のんほほさんがコメントで書かれているように、
「速く弾きたくなってしまう」気持ちが、練習の妨げに!
と~っても分かります。
私も今日ショパンの練習をしていましたが、ちょっとスピードを
上げてたまたまミスらず弾けたら、そのまま次へ。
考えたらたまたま弾けただけだから、地道な練習をしなきゃいけないんですけどね(汗)
私も頑張りま~す♪

NoTitle

ねこねここねここたつでねてる
2014.05.08 Thu 00:35

こんばんは。 なかなかコメントできずにごめんなさい。 ねこぴあのさんの記事にはいつもいろいろと考えさせられたりなるほどと唸ってしまって軽くて短いコメントができないのです(笑)。 

速く弾きたい気持ち、あります、あります。 それから「この部分だけ練習してくるように」と言われても全部通して最後のジャン・ジャン・ジャジャ~ンというfffの和音まで弾きたかったり。 なので私は最後の1回だけ好きなように弾くことにしておりますが、その自己流でその日の練習の成果がチャラになったらどうしようかという不安もあります。 

発表会もうすぐですね? 私も今日、月末の本番までにレッスンがあと1回しかないことに青くなり、慌ててメールしてあと2回、無理に予定を入れていただきました。 それでも足りなくて今回は悔いが残りそうな予感です。 何はともあれお互いにがんばりましょう!

私は、幻想即興曲なんて弾けません・・・

きよよ。
2014.05.08 Thu 08:58

>「弾けない人だからこそわかること感じること」ってあると思いませんか?

↑コレ、すごくわかります!!

そうなんですよね。

ピアノは、専門の音楽家だけのモノではなく
誰でも楽しめるモノであり、どのように演奏しても自由♪

だって、趣味ですものね♪

私自身、ピアノ講師なんてしちゃってますが、音大も出てなければ
しっかりとした音楽の知識すら持ってません。

ピアノも上手ではありません。(謙遜ではなく、事実)

そんな私が、生徒さんと向き合う時の強みは、
「弾けないからこそ、生徒の気持ちに寄り添える」ことです。

・・・と、私のことはさておき、

ねこぴあのさん、本当に素敵です☆
曲と真剣に向き合い、自分にとっての壁を乗り越える努力!
本当に素晴らしいです♪

背すじを伸ばされる気持ちにさせてもらえました。
ありがとうございます。^^

のんほほさんへ

ねこぴあの
2014.05.08 Thu 10:44

「速く弾きたくなる気持ちが練習の妨げになる」
ありますよね?ありますよね?

わわわわ・・・わたしのように練習しないとなど・・・
とんでもとんでもないです^^;
幻想即興曲を練習した時は、ピアノ再開して5年のときだったので、
無謀を極めており、コツコツやるしか道はなかったのです^^;

実はこの曲は、それまでに何度も何度もどうにかして弾けないかと何度もやってみていたのです。
もちろん全然できませんでした。
思い出したように時々、片手だけたどたどしく、音を出していました。
そこからのスタートですから・・・。
今でも速くは弾けません(笑)




熟カピさんへ

ねこぴあの
2014.05.08 Thu 10:50

幻想仲間の熟カピさんこんにちは^^
例えミスっても思い切り!そうですよ~~
わたしなんて発表会で走ってしまい、ミスは数え切れず・・弾きなおすわ、音は抜けまくるわ、リズムはひどいわで・・・
それでも、「このわたしが幻想即興曲を舞台で弾いたんだ!!」と、完全に自己満足でした(笑)
明日のレッスンでこの曲を見てもらうので、楽譜を見ながらの、ゆっくり・片手・付点練習からやり直しです。
速く弾けなくてもいいから、もうちょっと・・・2拍子にちゃんとなるように、ポリリズムをましにしたいです^^;

huku-umeさんへ

ねこぴあの
2014.05.08 Thu 10:55

huku-umeさんもついつい速く弾いてしまいますか~。
そうなのです、「たまたま弾けたから次へ」いきがちです^^;
「たまたま」じゃなくて「いつも」にするのが練習なんですよね~^^;
もっともこの曲の練習中わたしは、ぐちゃぐちゃのまま速度をあげて、前回よりも崩してレッスンに持って行ったことが何度もありました><
ゆっくりやってもできなくて、もうどうしてもできなくて、無理だ限界だと思いました・・結局それでも練習したんですけど・・・。
積み木をひとつひとつ積み上げるように・・・・ピアノは本当に根気がいりますね。

ねここたつさんへ

ねこぴあの
2014.05.08 Thu 11:00

本番、今月末ですか!?
もうすぐですね!
レッスンが実りのあるものになりますように♪
頑張ってくださいね^^
わたしもつい最近、モツソナの練習で「ここまで練習すればいい」と言われたのに、つい最後まで通して弾く練習をやってしまい・・・案の定レッスンに持っていってもだめで^^;
ぐっと我慢して言われたところまでの練習にしていますが、同じように、1回は通して弾いてしまいます。

考えさせられたり唸ってしまったりですか~?
本人は垂れ流しですから、気軽にお願いします(笑)

きよよ。さんへ

ねこぴあの
2014.05.08 Thu 11:24

音大を出ている出ていない、弾けるか弾けないか、生徒側からしたらまったく関係ないです。
わたしがなぜ今の先生に習い続けたいと思っているか。
先生を好きだからです!^^
「ピアノが楽しい!」って気持ちになれるのは先生のおかげです。

幻想即興曲のレッスンで発表会直前に、「きれいに弾けてるよ、よくここまで頑張ったよ」と笑顔で言われました。
速くは弾けないのです。
でも、1年間の努力を認めてもらったようで、嬉しくて、もう、それだけで十分だと思いました。

教え方はきっとさまざまで、自分の先生のやり方に、もしも仮に間違いがあったとしても、いいのです。
わたしは今から音大に行くわけでもプロになるわけでもない。
「レッスンで教わった通りに練習すれば弾けるようになる、弾けるようになると楽しい、ピアノのおかげで生活が楽しい」、大人のピアノは、もうそれを得られたら十分なのだと、個人的には思っています^^

つい熱く語ってしまいました(笑)
もっとも、きよよ。さんがほんとに「弾けない」とは思いませんよ?
わたしの先生も自分を「下手」って言いますから(笑)











NoTitle

ミワコ
2014.05.08 Thu 12:38

ねこぴあのさんへ

初書き込みさせて戴きますm(__)m

ショパン『幻想即興曲』への愛情と
色々な考察、感動して読ませていただきました

こうして、みんなで『こうかな?ああかな?』って
考えたり、感銘を受けたり、自分の立場で元気をもらったり
ねこぴあのさんは、ブログをステキな場所にしておいでだな、
と、いつも 思っています(^-^)

ミワコさんへ

ねこぴあの
2014.05.08 Thu 13:52

ミワコさん、初コメントありがとうございます^^

考えたり、感銘を受けたり、元気をもらったりって・・・
ミワコさんのブログこそがそうですよ!

わたしはただ単にピアノが好きで・・・
楽譜の読み方も椅子の座り方も指の置き方も忘れた状態での再開でした。
ブログを始めるまで2年間、レッスンを受けつつ発表会にも出ず一人で黙々とピアノを弾いていたのです。

ブログからたくさんのものをいただきました。
いただいたものをお返ししたい・・・
いや、単に文を書くのが好きなだけかもです(笑)


NoTitle

メアリー
2014.05.10 Sat 17:33

実際に弾いた方の感じたことは、重みがありますね。
ありがたや~!!
私も練習して、早くねこぴあのさんみたいに弾けるようにがんばります(*^_^*)

メアリーさんへ

ねこぴあの
2014.05.10 Sat 22:38

幻想即興曲、これはあくまでもわたし個人の感想なので、たぶんまったく参考にならない人もいると思います。
実際、この記事を書いてから、あ〜あれもあったこれもあった・・と後から思い出す有様で・・
にも関わらず、いまだにろくに弾けない曲でもあり;^_^A
だからあまり参考にならないかもしれません。←え(笑)
こんなんでも読んでいただきありがとうございました!(*^^*)

でかぽめ
2021.04.04 Sun 16:04

こんにちは!
かなり昔の記事にコメントをしてごめんなさい🙇‍♀️

返事は不要です。

実は、この前の日曜日に、ご近所の先生の発表会で憧れのショパンノクターン2番を演奏しました。

結果は、弾き直しあり、止まって、一旦間が空き、キリのいいところから弾き直したという散々なものでした。
が、最後まで弾けたので、そう悪くない気分でした。

ところが、最後の集合写真の際、歳上の同門生徒さんから「難しい曲を弾くからだ」と言われて、「レベル的には問題がない」と思っていた私は、一気に谷底に蹴落とされた気になりました(今は落ちつきました)。

気分転換に、
その後のプランを練ろうと
再開当初の目標曲「幻想即興曲」をググるとこちらの記事にたどり着きました。

私は、尊敬する先生からの助言により
「ツェルニー 40番の26」をある程度弾けてから、幻想即興曲に着手しようと
頑なに、いわば信念みたいなものを持っていましたが、
今、こちらの記事を読んで、
「好きなんだし、挑戦したらいいのかも、、、」と考えはじめました。

ノクターン2番のリベンジもありますし、いつから着手するかはわかりません。
が、勇気をありがとう!\(^o^)/

ねこぴあの

でかぽめさんへ

ねこぴあの
2021.04.07 Wed 22:07

でかぽめさん、古い記事にたどりついていただき、ありがとうございました^^
幻想即興曲・・・わたしにとって、ピアノの弾き方、取り組み方、考え方、がらっと返る転機になった曲でもあります(今ではもう弾けません)。

わたしが挑戦したのはツェルニー30番前半をやっているときでした。相当無謀だったと、今でも思います。
でも、今のわたし(右手の手根管症候群で運動神経はセーフだけど感覚神経が侵されています)のように、いつ何があるかわかりませんよ。ぜひ、挑戦してみてください。ただし、わたしの腱鞘炎のように手を痛めないように気をつけてくださいね。わたしは今でも当時痛めたところがずきずき痛くなることがあります(弾いているときは痛くならないのに。一度痛めたところはやはり弱いようです)。

ノクターン2番、人気があるだけあるんですよね。やっぱりいい曲だと思います。
最後まで弾けてよかったし、レベル的には問題ないと思いますよ。趣味であっても色々ありますが、好きで信じる方向へまっすぐ向かいましょう、お互いに^^