fc2ブログ

そもそも趣味だけど

地味な練習を繰り返していますが、ブラームスのハンガリー舞曲4番(連弾プリモ)が弾けるようになりません。

正確に言えば、ゆっくりなら弾けるんです。でも速く弾けない。

メトロノーム、リズム練習をやってきましたが、限界を感じてきました。

どうも今までの練習法だけではだめなようです。

右手で同じ場所を弾いて手元を凝視していたら、無意識に手首が動いていることと、腕には力が入ってないのに指先の筋力を使っていることに、気が付きました。

さて、どうしたものか。とりあえず右手の真似を今繰り返していますけど、左手の指の独立ができてないわたしには、今すぐどうのこうのなるレベルではなさそう。この先も簡単には改善されない気がしてきました。努力ではどうにもならない、中年のピアノの限界でしょうか。

この間のレッスンでは、少し速く弾いて若干縦がずれていてもセコンドが入ればそんなに分からないし、何よりゆっくりよりは音楽になっている、的なことを言われました。

「少し速く弾いて」って、通常の4番よりずっとずっと遅いんですよ。普通に弾いたら、「・・・遅くない??」と思われるテンポ。

悔しいから練習してるけど、ありえないほど地味に速度が上がったとはいえ、それでも世間一般よりはずっと遅い。

・・・・こんな演奏、誰が聴きたいのよ・・・・・・自己満足じゃだめなんだよ・・・・音楽は・・・・聴いてくれる人がいてこそ、だよ・・・・・。

そう思うこと自体が、おこがましいような気がしてきましたよ・・・。

だって、そもそも、趣味ですもんね・・・。

でも、趣味だけど、趣味だけど、ちゃんと弾きたいんだよ・・・・・。



スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment