FC2ブログ
ピアノで苦しむ

「どうしたら見ながら弾けるようになるんですか」

8
先日、大人からピアノを始めて暗譜で弾いている方から、「どうしたら(楽譜を)見ながら弾けるようになるんですか」という質問がありました。

このブログを読んでくださっている方はご存知かと思いますが、わたしは再開当初、ヘ音記号の意味も椅子の座り方もどうやって音を出すかも忘れていて、ペダルも生まれてから一度も踏んだことがない状態からのスタートだったので、楽譜を見ながら弾くなど、「サーカス団の団員レベルの芸当」だと感じていました。

「楽譜を見ながら弾けるようになったのは、わたしつい最近なんですよ」と答えましたが、どうやら、子供時代に結構習っていた人は、たとえ再開であろうと、「どうしたら」なんて考えることもなくそこはできてしまうようでした。

それで思い出したのですけど、大人から始めた人は、両手で弾くのが大きな難関だ、という話も聞いたことがあります。

わたしはそこは難関ではなかったので、正真正銘大人から始める人は、(たとえ自分が大人からに近いと思っていても)はかり知れないぐらいの努力をされているのだろうと推察します。



先日の練習会の後、実はちょっと落ち込んでいました。

自分のピアノにです。

いつも練習してるぐらいの、半分しか弾けなかったように感じました。

いつもは間違えないところで間違えたし、弾きながら恥ずかしくて何度も笑ってしまいました。

こんなに練習してあれしか弾けないんなんて・・・と、ちょっとみじめな気持ちにもなりました。

もう、やめちゃおっかな・・・・・なあんて考えも、ちらっと脳裏をかすめました。



・・・でも、悔しい。

あきらめたくない。

それで、やっぱりピアノのふたを開けました。



最初に弾いたのはシンフォニアでした。

「どうしたら楽譜を見ながら弾けるようになるんですか」

ふと、思い出して、

よおく楽譜を見ながら弾いてみたら、

見てるようで見てないことに気が付きました。

あまりに見てなくて、びっくりするレベルでした。

2声にして弾いてみると、

2声すら聴いてないところもありました。



・・・・・

・・・・・えらそうに・・・・

「つい最近なんですよ」?

誰だよ、何様だよ・・・・(;・∀・)



ソプラノとアルト、声を変えたいなあ。

ちゃんと、3人聴きながら、3人とも歌わせたい!

練習しても練習しても、全然足りない。

「こんなに練習して」?

どの口で言うのよ(笑)

勘違い野郎にだけは、なりたくないなあ・・・・。



今日のハチ。

2019111222591935c.jpeg

慰めてほしい時に限ってそばにこなくて、箱に入って一人で遊んでました。

今初めて、すっごく楽しかったのに、実は落ち込んでいたこと、人に話せましたよ。ネットだけど。

読んでくれる方に感謝!



スポンサーサイト



Comments 8

There are no comments yet.

かつ  

ねこぴあのさん、こんにちは
かつです。

わたしも注意深く楽譜を見て練習したはずなのにレッスンで「休符がない」「強弱がない」etc色々指摘されてしまいます。
本当になにを見て練習したのかと落ち込んでしまいますよね。トロイメライの保持音なんてもうメチャクチャです…
「たくさん練習した!」と豪語しても通し弾きをして気持ちよくなっているだけのことも多いので、ちゃんと楽譜を見て、意識して練習する
心がけたいですね。

関係ないですが、、ハチちゃんカワイイ。すっごいカワイイ。

2019/11/13 (Wed) 02:46 | EDIT | REPLY |   

いもコン  

こんにちは~(・▽・)

なんとなく指に音がなじんで弾けてくると
細かいところをすっ飛ばクセがあります(=▽=;)

勝手に音を作っちゃったり
アーティキュレーションがめちゃんこだったり
休符をすっ飛ばしたり
2倍速になっってたこともあります。
連弾や2台ピアノだと合わせた時に「ありゃりゃ???」とすぐ気づくのですが
ソロ曲はなかなか気づきにくくて
本番当日に気づいたこともあります(;▽;)

頑張ったことが発揮できないのは残念だし悔しいですが 
いままでの努力はちゃんと自分の中に蓄積されていて
今日より明日 明日より10年後!!
もっと思うように弾けてる!!!
と信じて頑張ってます~(>▽<)
↑時々サボりますが

2019/11/13 (Wed) 14:40 | EDIT | REPLY |   

きょろぴ~  

こんにちは

こんにちは

お気持ちわかります~^^。私の先生、尊敬する方たちは皆口をそろえて「楽譜を読んでください。穴が開くほどです。そこに作曲者の言いたい事が書いてあります。」とおっしゃいます。かく言う私も読んでいるつもりが、レッスンでよく読み間違いを指摘されます(^_^;)。私も楽譜を熟読する努力をしようと改めて思いました。
 なるほど。大人になってから始められた方は、手元を見るのがせいいっぱいなのですね。確かに発表会を観ているとそうですね。しかし一生懸命弾かれている姿にいつも感動いたします。そしてこれまた私ですが暗譜をするために楽譜をしまうと、ふと手元を見た時、とたんにどの音を押さえるのかわからなくなってしまう事があります。子供時代はそんな事なかったのに!ですから暗譜をする時は、まずじっくり手を見ながら弾くようにしました。以外と難しいです。
 「練習したのに全然足りない!」私も同じです~。「イヤ、足りたら私は必要ありません」とは私の先生のお言葉です(#^.^#)。
 「こんなに練習してあれしか弾けない」これも同じ~(#^.^#)。よかった!!そんな時、他の方は上手くて、落ち込むのも一緒!  私だけではなかったのですね!一緒に頑張りましょ~(#^.^#)

2019/11/13 (Wed) 15:10 | EDIT | REPLY |   
ねこぴあの

ねこぴあの  

かつさんへ

ハチをほめていただき、ありがとうございます^^
この子はわたしのストーカーで、常にまとわりついてるんですよ。

記事にした楽譜を見てるようで見てなかった、のは、
間違えて読んでいた、というのももちろんありますけど、「音符→理解→鍵盤」を瞬時にしていなくて、視線は楽譜を見ているけど、実際はかなり記憶に頼っていたことに気が付いたのです。一番危ない状態だと自分では思っていて・・・見るか記憶するかどちらかじゃないと、本番で落ちる可能性が・・・^^;
ほんと、きちんと心がけたいです^^;

2019/11/13 (Wed) 20:38 | EDIT | REPLY |   
ねこぴあの

ねこぴあの  

いもコンさんへ

>頑張ったことが発揮できないのは残念だし悔しいですが 
いままでの努力はちゃんと自分の中に蓄積されていて
今日より明日 明日より10年後!!
もっと思うように弾けてる!!!

ですよね!
ピアノを再開した時は完全に鍵盤の位置丸暗記でありえない弾き方で拍子も何も考えず間違いながらとにかくただただ音を出していたので、それに比べたら!

・・・ん・・・・でもまてよ・・・

再開当時は約40歳、今は50歳。10年後は60歳!だ、大丈夫かな・・・^^;
んん、でも、昨日より明日がよければそれでよし!ですよね!(笑)

本番当日に気が付くって逆にすごいですね~~
いもコンさん、弾きながら気が付いてもアレンジできそう(笑)

2019/11/13 (Wed) 20:43 | EDIT | REPLY |   
ねこぴあの

ねこぴあの  

きょろぴ~さんへ

>楽譜を読んでください。穴が開くほどです。そこに作曲者の言いたい事が書いてあります。

穴が開くほど!かあ~~まだまだですね・・・じゃあ^^;

>大人になってから始められた方は、手元を見るのがせいいっぱいなのですね

そうなんですよ。見ながら弾けないから、記憶力と手の感覚で弾いていました、わたしは。たぶん8年ぐらい??

>暗譜をするために楽譜をしまうと、ふと手元を見た時、とたんにどの音を押さえるのかわからなくなってしまう事があります。

そうなんですね。うーん。アラベスク1番は暗譜したいと思っていて・・・「楽譜を見ながら弾く」からのちゃんとした暗譜??は実は初めてになるかもしれません。できるかな・・・不安です・・・

同じように思うことがあるようですね^^

ピアノの集まりは、いつもとっても楽しいんですよ。
でも同時に、うまく弾けなかったとき(自分比)は、周りの人がたとえ褒めてくれても、落ち込むときもあって・・毎回じゃないんですけどね。
だからこそ、ピアノの集まりは温かい場所にしたいんです。

はい!お互いに頑張りましょうね^^



2019/11/13 (Wed) 20:52 | EDIT | REPLY |   

私はタワシ  

なぜだか練習の成果を半分も発揮できない時って、確かにありますよね。
練習で一度も間違えたところのない箇所で派手にとちったり、とかね。
お天気にも恵まれ、体調も気分も良好でも、ダメダメな演奏になることもあります。
なんで〜?と自分で自分に問いかけても答えは得られず・・・
そんな時はやっぱり悔しく、悲しく、情けない思いでいっぱいになりますよ。
やめちゃおうかなとまでは、さすがに思わないけれど。
ねこぴあのさんは私よりずっとこつこつと地道な練習を積み重ねているし、ピアノに対する思いも一途なだけに、その分落ち込むのかもしれないですね。

でも素晴らしい先生と、多くの音楽友達に恵まれたねこぴあのさん、
そして何より「ピアノいのち!」のねこぴあのさんだから、
どんなに落ち込むことがあっても決してピアノから離れることはないでしょう。
そういう意味では安心しています。

悔しい思いといえば、私はさる土曜日のイベントでも味わったばかりですよ。
伴奏もソロも悔いの残る出来でした。
でも一番悔しかったのはオカリナかな。本番前はかなり本気モードで練習に励んでましたから。
お互い、この悔しさが成長の糧になることを信じて、頑張っていきましょう!

2019/11/16 (Sat) 09:28 | EDIT | REPLY |   
ねこぴあの

ねこぴあの  

タワシさんへ

タワシさん、コメントありがとうございます^^

>そんな時はやっぱり悔しく、悲しく、情けない思いでいっぱいになりますよ。
>伴奏もソロも悔いの残る出来でした。
でも一番悔しかったのはオカリナかな。本番前はかなり本気モードで練習に励んでましたから。

そうでしたか・・伴奏は楽しく聴かせていただいたので、そんなに~?と少し驚いてしまいますが、弾いている本人としては・・のその気持ちも分かるように思います。本気で練習してきたからこその悔しさ、テキトーにちんたらだったらそこまで悔しくないかもしれませんね。

はい!師にも友にも恵まれてきたと思います。
タワシさんとも、今後とも末永くつきあっていきたいです^^

>この悔しさが成長の糧になることを信じて、頑張っていきましょう!

そうですね~当日弾けなかった理由も自分なりに少し見えてきました。
思いつく理由をひとつひとつつぶしていきたいです!


2019/11/17 (Sun) 12:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply