fc2ブログ

妻の気持ち

暖炉のそばで妻は本を読んでいます。

美しい横顔。

炎に照らされた、まつげを、唇を、垂れた髪を、気づかれぬように見ながら、考えるのです。

・・・僕の隣にいてくれるけど、僕のご飯を作ってくれるけど、

僕が仕事に行っている時、君は毎日、いつも何をしているんだい?

何を考えているんだい?

君のためにこんなに立派な家を用意したよ。

君が欲しがってた暖炉も・・・・。



浮気相手とはきっぱりお別れして、妻(シンフォニア4番)のところに戻っています。

なぜか、ドビュッシーのアラベスク1番を弾く気分になれず、もうすぐレッスンだと言うのに、スケールとシンフォニア4番しか弾いていません。

弾けば弾くほど、「こうしたい」「こう弾きたい」と考えます。

できないことがもどかしい。

レッスンが足りない?いやいや、練習が足りない??

そういうことじゃ・・・そういうことじゃないんだよなあ・・・・

すぐ横にいるのに、遠い存在。

大好きなのに、手に入らない感覚。

・・・・手に、入らない・・・・?

そうじゃ、ないんだろうなあ・・・・。


スポンサーサイト



ねこねここねここたつでねてる
2020.01.10 Fri 13:38

> 弾けば弾くほど、「こうしたい」「こう弾きたい」と考えます。

そんな感じで湧き上がってくるものがあって、それを探求していく練習って理想だなって思います。それをする時間が無限に欲しいところです。私の場合はいいコンディションのピアノで練習すると、ピアノさんが「もっとこうしてごらん」とか「もう少し~できるよ、もう一回やってみよう!」みたいに教えてくれることもあります。
でも、以上すべて、好きな曲限定なのが残念です。

いつの日か手にはいりますように! でもその時はもっと先の、「こうしたい」「こう弾きたい」がありますよね、きっと^^♫

ねこぴあの

ねここたつさんへ

ねこぴあの
2020.01.11 Sat 23:09

ねここたつさん、いつもありがとうございます^^
こうしたいこう弾きたい、いつになっても思うようにはいきませんが・・・
ずっと前に小山実稚恵さんが、思うような音を出せることが夢ですとおっしゃっていたので、どんなに素晴らしいピアニストの方でもそう思うのかもしれません。
だとしたら、わたしのようなひよっこは、できなくて当たりまえですね。おこがましい~~^^;
時間が無限に欲しい、同感です。わたしは仕事の日は日に30分がせいぜい。今日も昨日も20分でした。遅くに弾けたらいいのですけどね~