今日の練習 ツェルニー

今日の練習 ツェルニー

今日の練習、ツェルニー30番の12曲目

メトロノームで初めて八分音符120にしてみた。

うーん・・・だめだ~~これは無理だ。
速く弾くこと、拍に入れることに必死になって、音が聴こえなくなる。

そもそも、なんでゆっくりじゃだめなんだろ?
ゆっくりだって、かわいい曲なのになあ。

それで、教本の最初に書いてある説明文を読み返してみた。

「ピアノの勉強を始めた人が必ず一度は通らなければならないのが、このメカニズムの練習」

「高度の技巧を習得するための予備練習として、指の迅速、正確、音の平均などを目的にし、音楽的な基礎感覚を養う」

「それぞれの曲を弾くにあたって、より音楽的に演奏するにはどういうものが必要となってくるか、より美しく芸術的にするにはどうすればいいか、ということを常に念頭に入れる」



・・・・・うん・・・・。

・・・・・そうだったね・・・・。


「先生の教えをよく守って最小の労力で最大の効果をあげられるように練習すること」

「つかえたりまちがえたりしているうちは決して速く弾かないように」


・・・・・・・知ってる・・・・・・・・(涙)

だから、速くできないんだよぅ。

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

いきなり120は無理よ〜
1拍に16分音符の3連音が2つ 
6個の音を弾かなければならない訳でしょう〜
なので、テンポを上げたい時は一気に上げないで少しずつ上げて行きます。
例えば最初は80位(でも結構速いと思う)からやって
それに慣れたら85とかにして
段々に上げて行きます。
慣れて行くとその内に出来るようになると思います。
何でもいきなりは無理ですよ〜

NoTitle

ごめんなさい
書き方が悪かったです。
2拍子で四分音符80は相当速いので
8分音符90位から段々上げて行く
8分音符90は四分音符にすると45だから,,,,,,,,,

NoTitle

ツェルニー、指示された速度で弾けた試しがありません(エラそうに言ってどうする?)。 先生の教えをよく守って最小の労力で最大の効果を得られるように… すごく勉強になりました。 何でもきっとそうですね。 素直に教えを守って地道な努力を惜しまない、でもバカみたいに脳みそ使わないでただ繰り返すのではなく、最少の労力で最大の効果。 あ~あ、このお言葉、中高生の頃にお聞きしたかったです。
  • #749 ねこねここねここたつでねてる 
  • URL 
  • 2014.05/27 11:40 
  • このコメントを編集する  ▲EntryTop 

Freuenさんへ

いつもアドバイスをありがとうございます^^

昨日まで八分音符108から始めて116までやる練習をしていました。
でもやっぱりある程度速さがないと2拍子にならない気がして、120にしてみたらだめでした^^;

今日は初めて四分音符58から練習してみました。
60をやって、63になったら、全然だめでした^^;

速さにとらわれている練習のときは、たいていレッスンに行くとだめだめなので、明日がレッスンなのですが、どうなることやらです。

でもちょーーーーっとだけ、右手の感覚がつかめてきたような?
それだけで、嬉しいのです♪

ねここたつさんへ

中高生の時に基礎をしっかり固めたねここたつさんでも、そのように思うのですね~!
わたしはなんといっても大人から(しかも中年)になってからのツェルニーなので、もうひたすら、コツコツやるしかなくて、しかもかなりの確率で空回りしてます(笑)

ツェルニーは面白くない、曲として魅力がないという方がいらっしゃるようですが、こうした曲をもしも音楽的に弾けたら楽しいだろうな~~と思うのです^^(全然できませんが・・・笑)
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索