fc2ブログ

うまくいかないときほど淡々と。

職員健診に行ってから自分の持病の受診が終わり、やっと今朝昼兼用の食事が終わったところです。

自分で言うのもなんだけど、ゲップを我慢するのもバリウム飲むのもすっごく上手なんですよ~・・・・って特に誰からも褒められない上、普段は何の役にも立たないけど(^_^;)


何の役にもたたないと言えば、わたしのピアノですよ・・・・。

40ちょっと前にいきなり再開したのはいいけど、初歩の初歩から覚えてない。バーナムの最初の「歩こう」からつまづきました。

再開後3年ぐらいしてから、基礎から身につけたいと自ら希望してツェルニーやインベンションを始めたはいいけど、びっくりするほど弾けない。

メトロノームに合わせられない。ガチガチに力が入り指が立ち痛い音。「ピアノで歌う」と言われても、「は?歌うってのは人間が歌うんしょ?ピアノで??できるわけないじゃん」と本気で思う。ペダルが濁ってると言われても意味が分からない。「こういうイメージ」と言われても「ピアノでイメージって何??楽譜の音を出すだけじゃなんでだめなの?ていうか、イメージしたことをピアノで??弾くだけだって至難の業なのに??」と脳内クエスチョンマーク炸裂。

「右手と左手がずれてる」と言われても分からない(現在進行形)。「ここが詰まってる、慌てないで」と言われても無自覚(これも進行形)。歌うの意味はさすがに分かってきたつもりだけど、「もっと歌って」と言われ抑揚や歌い方で注意が入る(もちろん進行形)。

先日のシンフォニア15番のレッスンでは、そんなことばかり。さらに、「レガートになってない」とスタッカートで弾くよう言われ弾いてみると唖然とするほど弾けない。呆然としていると「スタッカートで弾けないものはレガートでなんて無理だよ」と冷や水をかけられる。リズム練習だけじゃだめだった・・・粒も縦もだめだった・・・できた気になって動画をさらして、こんなアホ他にいるんだろうか。

モーツァルトの545の2楽章に至っては、左手のアルベルティバスがまったくだめ。「ドソミソならドが一番大きくて次にミが大きくてソは小さい」と指導され、「左手はうるさくなく、右手のメロディが浮き立つように」と、左手をもっと小さめな優しい音で弾くよう言われた上に、「もっとゆっくり左手だけ練習するように」と、指示が。右手の出だしの音から、何度も何度も、違う、こう・・・と指導が。もんのすごく頑張らないとそんな音出ない。つまり、とんでもなく難しい曲だったんですよ!!((((;゚Д゚))))できた気になって動画をさらして・・・(以下同文)。

レッスンの帰り道、落ち込みましたよ。だって、練習頑張ったんですもの。時間的にはたかがしれてるけど、自分の生活の中ではすごくやってる(本業や家庭をおざなりにできない)、1日だって練習を休んでない。

そりゃ~~子供の頃からずっと弾いて音楽を学んだ人たちからしたらそんなの鼻くそみたいなもんでしょうし、自分のピアノなんて失笑レベルだろうと思うけど、それでももう、ほんと胸を張って、「わたし頑張ってる!!(`・ω・´)」と言えます。

だからね、けっこ~落ち込んで、わたしなんて どうせ下手だし・・・・と一瞬思いそうになったけど、

なんてやどうせはない!

わたしはこの世でたったひとりのかけがえのない大切な人間で、ピアノがほんとに好きで努力を続けてるんだから、それだけで尊いこと、ならその音も尊いものだ!!

そう思うことにしました。多少無理矢理ではありますが(^_^;)

それにね、さすがにだてに中年じゃないようで、人生にはうまくいかないときもある、そんなときはジタバタせず騒がず、淡々と毎日のことを続けていくことが大事だって知ってます。

なら、ピアノだっておんなじなはず。落ち込むのはいい、けど、自分自身がだめなのではない、淡々と努力を続けていけばいい。

そう思うことにしました。



さあ、少し練習しよう。淡々とやろう。

ゆーーーーーっくり、よーーーく音を聴いて、アルベルティバスから。

アルベルティバスがこんなに難しいことも、

545の2楽章がとんでもなく難しい曲なことも、分かってよかったなあ。

分かっているからこそ、音楽を聴くときに、より感動できるのかもしれません。






スポンサーサイト



ina-kibi
2020.12.06 Sun 09:53

おはようございます!

健診、受診、お仕事、お疲れさまでした^^
私も先週だったかな?人間ドック受けてきました。
ねこぴあのさん、「バリウム飲む」「げっぷ我慢する」がお得意なんですね!尊敬してしまいます。口に出して褒められることはなくとも、関係者の方たちのストレス軽減に貢献されていること間違いなしですよ!!

>ピアノがほんとに好きで努力を続けてるんだから、それだけで尊いこと、ならその音も尊いものだ!!

そうですとも!!!努力が続けられないとしても、好きで弾いているピアノの音は、かけがえのないものだと思います♪

取り組まれているソナタ2楽章、私が最初に弾いてみたのはもう10年以上前のことですが、その時は絶望に近いものがありました・・・。それから、何度も挑戦していますけれど、やっぱり思い描いたような音はまだ出せないけど、多少なりとも何かが良くなっているのでは?と思いたいです^^;羽毛布団のもぐり込んだみたいに、ふわふわ軽くてやわらかくて暖かくて、天国にいるみたいな気持ちになります。また聞かせてくださいね!!

NekoUshi
2020.12.06 Sun 15:34

こんにちは~~
お久しぶりです♪♪

> 落ち込むのはいい、けど、自分自身がだめなのではない、淡々と努力を続けていけばいい。

わぁ、絶賛泥沼中の私には、神の声のように聞こえました。
そうですよね❣❣
心が軽くなった気がします。

ジル
2020.12.06 Sun 21:04

うまくいかない時ほど淡々と…本当ですね。
その、淡々とした努力が苦手で、すぐ怠けてしまう自分に甘い私ではありますが^^;、でも本当にそうだなあ、と感じます。
目の前のことをコツコツと丁寧に積み重ねていけるようになりたいです(日常も仕事もピアノも)

ねこぴあの

ジルさんへ

ねこぴあの
2020.12.06 Sun 22:01

ジルさんこんばんは^^

淡々とっていうのは、特別な努力じゃないんです。
朝起きて仕事に行きご飯を作って掃除して洗濯してゴミを出して、そういう、当たり前の日常を淡々と重ねていく、そういうことを指していて。だからジルさんはやっていると思いますよ^^
ほんとにきついときって、それすら難しくなりますが、だからこそ、ちゃんと食べて、着替えて、カーテンを開けて・・・・大事なんですよね。
人生、いいことばかりじゃないから、嫌なこともうまくいかないこともありますよね。ジタバタすればするほど悪循環、みたいな。
そういうときは、もうそういう時期なんだとあきらめて、淡々と、日々を重ねていくと、いつのまにか、あれっ?そういえば・・・という風に、なることがあるように思います。
健康を損なったら日常を重ねることすらできませんものね。当たり前のことをできる、それだけでもう、すごいことですよね^^

ねこぴあの

ina-kibi さんへ

ねこぴあの
2020.12.06 Sun 22:37

ina-kibi さんこんばんは^^

ina-kibi さん人間ドック受けてきたのですね、お疲れ様でした~!
わたしは今日さらに子宮がんと乳がん検診でした。お互いに何もないといいですね^^

>取り組まれているソナタ2楽章、私が最初に弾いてみたのはもう10年以上前のことですが、その時は絶望に近いものがありました・・・。

そうなんですね!??わあ~~~~・・・・
現在のわたしそのものが絶望なんですけど・・・(@@;)

>羽毛布団のもぐり込んだみたいに、ふわふわ軽くてやわらかくて暖かくて、天国にいるみたいな気持ちになります。

あ~~わかるかも!!
このコメントを読んだあとに弾いていたら・・・また自分のイメージに変化がありました。
ina-kibi さん、ありがとう!!

ねこぴあの

NekoUshi さんへ

ねこぴあの
2020.12.06 Sun 22:40

ねこうっちゃんこんばんは^^

絶賛泥沼中、ですか??
神の声ですか~~・・・書いたのわたしだけどいいのかな・・・(^_^;)

うまくいかないとき、やってもやってもなんかできないとき、ありますよね。
でもそういうきついときって、実はすっごく伸びてるときなんですよね。
ジャンプする一歩前みたいな。
そう信じてます!(笑)
ねこうっちゃんもジャンプできます!!(*^o^*)

U子
2020.12.07 Mon 05:43

とーっても共感しました、、、本番演奏で大失敗して凹んでいました。ねこぴあのさんの記事を読んで、自分なりに頑張ろうと少し前向きになりました。私1100gで産まれてきたのでした〜。よく生きててよかったと両親から聞かされていました♡

ねこぴあの

U子さんへ

ねこぴあの
2020.12.08 Tue 21:00

U子さんこんばんは^^
へこんでいたんですか??そんなときもありますよね・・・
こんな記事で前向きになれたと言っていただき、わたしの方こそ、ありがとうございます。

1100gですか?!
元気で生きているだけで、ご両親はどれほど喜んでいることでしょう。
ましてや今のように幸せになって輝いていて・・・応援して守っていてくださるからかもしれませんよ。
きっとそれをU子さんはお子さんに渡して、お子さんも受け取って渡していくと思います。
幸せで宝物のバトンですね^^