fc2ブログ

弾けることに感謝

2020年3月11日は、東日本大震災からちょうど10年の日でしたね。

10年前のあの日は、子供の県立高校の合格発表のためにお休みで家にいて、洗濯物をたたんでいたときでした。

家が崩れるんじゃないかという恐怖(実際一部壊れた)、

停電、電話の不通、寒さ、水などの生活物資の不足、

そして何よりも放射能の恐怖・・・・

学校は休校になり洗濯物も外に干せず、

信号がとまったままの道路を走り仕事に向かい、ガソリンを入れるためにスタンドに行列・・・

停電のために真っ暗な店、店、店・・・・

子供達の新学期が始まってからも、電車が止まり閉じ込められたり、余震は続いて、

ニュースの映像を見るたびに胸が痛んで、生きているだけでもありがたいんだから・・と言い聞かせても、かなりの精神的ダメージを受けていました。

当時はピアノどころではなくなってしまい、しばらく弾けませんでした。

やっと弾く気になって、最初に弾いたのは、ショパンの雨だれでした。

レッスンも受けてなくて、きっとめちゃくちゃだっただろうな。

でも弾きながら泣けて泣けて。

しばらく休止したレッスンが再開しても、レッスン中に地震もあったなあ。



練習しても練習しても、とんでもなく難しい。

時々、赤ちゃんみたいに全然できないところを見つけて自分に驚愕。ちりっとした焦り。

レッスンはいつもすごく楽しみだけど、たいてい落ち込みながら帰り、「趣味なのに、なんでだろう?」とちらっと思う。




今日のシンフォニア3番。この間のレッスンで言われたところが直せてない・・・・だめだ!だめだめ!!

くっそ~~~~~~!!!

頑張ります。

弾けるのは、練習できるのは、この上ない幸せなんだ!







スポンサーサイト