fc2ブログ

本当の美しさ

以前、混んでいる新幹線から降りるときに、隣の人から押しのけるように身体を押されたことがありました。

突き飛ばされる、に近いような押しのけ方で、一瞬何が起こったか分からなくなりましたが、当ってきた人をみると、

若くてきれいにお化粧をしてスタイルのいいおしゃれな女性で、何事もないかのようにつんと前を向いて歩いていました。

「・・・ああ、なんてかわいそうな人なんだろう、自分がしたことは自分に返ってくるのに」

頭にくるよりも、その気持ちのほうが大きかったです。

「きっとあの女性もいつか子供を産んで育てるだろうに・・・そしたらどんな子供になるんだろう・・・」そんなことまで考えました。

そういうわたしも、若い頃は今とは違い、隣の人を押すなんてことはしなくても、自分のことばかり考えていたときがありました。

車を運転、自転車の運転、そっちがよけるのが当たり前でしょ!とばかりに、自分勝手で傍若無人な考えをしていた時期が。穴があったら入りたいぐらいに恥ずかしいことがたくさんあります。

その頃(若くて人生の黄金期ですね)、見た目がきれいじゃなくなったら女はいったいどうしたらいいんだろう?と本気で考えてました。見た目がすごく重要、「きれいな方が上、きれいじゃないと不幸」、そう思っていたんです。もしかすると新幹線の女性もそうだったのかも?(いや顔の作りとかわたしはあれですけど^^;)

今なら当時の自分にこう言ってあげたいです。

見た目のきれいさは、いつかみんななくなるんだよ。

きれいっていうのは、見た目じゃなくて、中身なんだよ。

中身は見えないって思うかもしれないけど、顔や、話し方や、動きや、行動や、文章に出るんだよ。

やるべきことをきちんとやって毎日を丁寧に生きること、人や自然に感謝すること、ありがとうやごめんねをちゃんと伝えること、姿勢、部屋、服装、立ち居振る舞いなどをできるだけ整えること、愚痴や悪口はできるだけ言わないこと、人のために何かをしたり祈ったりすること、笑顔でいること・・・・そういうことが、「きれいに生きる」ことなんだよ。それはオーラとなってにじみ出るんだよ。

出たオーラは、同じオーラの人やものを呼び寄せるんだよ。愚痴ばかり言ってたら愚痴ばかり言う人が集まるし、ニコニコ感謝していたら同じような人が集まるんだよ。

だから、自分がもし人を押しのけるとか悪いことをしたら、自分が放った悪いものは自分に返ってくるんだよ。

返るってのは、自分も誰かに押しのけられるってことじゃないんだよ。同じようなオーラの何かの出来事が自分に起こるんだよ。もしも自分に来なくても、自分の家族とか自分の次の生に巡るかもしれないんだよ。世界は、いや、宇宙と言うべきかな、びっしりと編み目のようにつながってるんだからね。



ああ、もっと早く気がつけばよかったのになあ。

遅すぎることなんてない!と、言い聞かせています。

わたしはまずは姿勢矯正からだ~

背筋を伸ばす、膝に手を置く、笑顔でいる、

まずはこの3つからでいいって、大好きなブロ友さんが言ってました。

小さなことからひとつずつ♪
スポンサーサイト



g-clef
2021.08.02 Mon 09:40

わたしも、穴があったら入りたいぐらいに恥ずかしい過去がたくさんあります。
大事なことはすぐ忘れちゃうくせに、そういう恥ずかしい過去って、全然忘れられない。
過去に戻って自分に教えてあげたいって思うんだけど、今の自分も未来の自分からしたらダメダメなのかな・・・って思います。
でも、おしゃれしてる女性が、実は力で他の人に迷惑をかけるような人間だというのが、なんか恐怖ですね・・。

管理人のみ閲覧できます

-
2021.08.04 Wed 10:55

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ねこぴあの

g-clef さんへ

ねこぴあの
2021.08.04 Wed 11:15

g-clefさんこんにちは^^

>今の自分も未来の自分からしたらダメダメなのかな・・・って思います。

あ~~そうかもしれないですね^^;
60代になったら50代の自分はなんて幼かったんだろうと思うのかなあ・・・。
心の成長と反比例して身体はどんどん老いていく、そう考えるとちょっと切ないですが、それでも、置かれた場所で精一杯咲ける名もない花のように生きていきたいなあと思ったり。

仕事していると、年老いて動けなくなり介護されるようになった方の中には、上手く言えないけど、生き神様みたいに思える方がいらして、接していると泣きそうになる時があるんですよ。その方達も若いときには恥ずかしいことがたくさんあったのかもしれないですが、苦労の度合いが私達世代とはまるで違いますからね・・・せめて目の前の方に、丁寧に接していこうと、自分にできることをしようと、思っています。

ねこぴあの

鍵コメさんへ

ねこぴあの
2021.08.04 Wed 11:22

鍵コメさんこんにちは^^

>出たオーラが同じオーラを呼びよせる。 私、ちょっと変わっているから(中略)普通のトンボやモンシロチョウだったら相手は周囲にたくさんいてその中から選べるけれども年に1回見るか見ないかのオニヤンマやこれまた数回しか見ない黄アゲハたちはどうやって同族の伴侶に出会うのだろう?って。

声が出ました~~!(笑)鍵コメさん最高です(笑)
でも真面目な話、結局種類の違う人だと、一時仲良くなったとしても自然に距離ができるんですよね。
似たような種類、考え方の人とは、おつきあいが続いたり。
でも、同じトンボ科なら大丈夫じゃないですか~~?!オニヤンマと赤とんぼでは繁殖できないかもしれないけど、もうこの歳になって繁殖する必要もないし(そういう問題ではない?笑)

よくよく考えてみたら、「ピアノを弾く種族」には普段の生活ではまったく出会えませんが、ネットなら出会えますよね?
「わたしはこういう人間だ!」って言う名前は忘れましたが大家族のお父さんがいましたが、ネットで「自分はこういう人間だ!」と日々主張していれば同じ種族に出会えるかもしれませんよ(ていうかわたし自身のこのブログがそうかも、爆)。