fc2ブログ

4と5が分離してない

何を今更って感じではあるのですが、特に左手の4の指と5の指が分離していません。

鬼の練習曲だったツェルニー30番の最後の曲30番(ややこしいな)は、今聞き返しても左手が団子状態で縦も合っていません。(↓当時の動画)

当時先生はもっと改善させたかったようでしたが、わたしが「もう、これ嫌です~~!!(ToT)」と切望して(ほんとにこう言いました)、無理矢理終わりにしてもらったのでした。

表示されてはいませんが、低評価は3個ついてます。そりゃそうだ、逆に少ないよ!と自分でも思います、ハイ(^_^;)



なんで突然4と5の話かというと、ハノンです。

この間の同音連打は修正して速度を上げて終わりになりました。次はこれです。

20220123124117579.jpeg

譜面を見て恐れおののくわたしに「これはそうでもないよ」と先生は言っていましたが、(1)とか、最初の方はいいのです。でも、(3)の左手の下りから怪しさが表面化。


(4)に至っては、・・・は??なにこれ。わたし、赤ちゃん??((((;゚Д゚))))

20220123124127926.jpeg


左手です。4と5です。全然できない。

一生懸命弾いてみると、左手の中指が鍵盤の上から離れて立ち気味。

・・・・これはいかん!!!{{(;ºдº)}}


これはあれだ。ツェルニー30番の2番だ。

ツェルニー30番の1番は、「弾けてる気になってんじゃねーよバーカバーカ」と聞えてきそうな程、全然弾けないことを思い知るきっかけとなった曲。

それまでは、「好きな曲で音が並べばハイオシマイ♪」という大人の楽しいレッスンだったのです。ショパンのノクターン2番なんていっちょまえに弾いていて、弾ける気になっており、文字通り打ちのめされました。

次の2番は、左手の弾いてない指が鍵盤から離れるのをどうしても直せず、自分の左手はまだよちよち歩きもできない赤ちゃんだと言うことを思い知り、1番同様、長くかかりました。

でも、なかなか改善できない不安と落ち込みの中、「・・・今からでも直るんでしょうか・・・」と先生に聞いた時、先生は、あっさりと、「直るよ!」と即答したので、それを一筋の希望の光とし、あきらめず練習しました。


そんなことを思い出し、腹をくくりました。

(4)はわたしはできない。

なら、ちゃんとやろう。


音なしで弾いて打鍵を確認し、右手で弾いてそれを真似して、ゆっくりゆっくり。

少しでも速くすると力が入り、とたんに中指が浮いてきます。

ああ、だめだ。これはなんちゃってだ。これじゃ先生はだめって言う。



先日、「スワン」というバレエ漫画を読み直していたんですが、

世界への扉となる合宿に参加した主人公達が、外国の素晴らしい先生のレッスンに大きな期待を抱いていたところ、レッスンの内容が来る日も来る日も基礎練習だったのです。

つい、「やだまた基礎よ・・・」とおしゃべりをしてしまいました。

先生は、おしゃべりをした主人公ともう一人を、「基礎が不満なら出て行きたまえ!」と叱責し、

後で二人に、世界的プリマの映像を見せ、こう言いました。

「この実力の底力はなんだか分かるか?

基礎だ!

流麗に流れるこのポーズの一つ一つの根底に何千万回の同じポーズの基礎練習がある。

その基礎ができあがって初めて舞台の上で優雅なポーズができるのだ!

揺るがない自信は基礎の積み重ねでしか生まれない。

デビューどころか身体もできあがってないひよっこの君らに基礎なんかとうそぶく行動が許されると思うか!!

今、こうしてわたしの話を聞いている間にも、彼女らは今日も汗にまみれて万の練習を積んでいる!!」


このシーンは、主人公が世界的なバレリーナになっていく物語の、まだ序章です。

この後主人公は、変な癖がついてしまっていた基礎を、とことんやり直すことになりました。

辛い作業でしたし、周りも今更直すのは難しいんじゃないかと思いましたが、努力の成果、その最初の大きな壁を乗り越えることができました。



・・・この主人公はまだ若く、バレエばかりできるし、身体ができあがってないけど、

わたしはピアノばっか弾いてられないし、おばちゃんだし、直すのはもっともっともっと大変だよ(´・_・`)



それでも・・・・

やっぱり基礎をやろうと思うのです。



なんででしょうね。


自分でもよく分かりません。


先生を、信じているからかも、しれません。














スポンサーサイト



MINDY
2022.01.23 Sun 17:08

おー、これ、私もほぼ毎日やってます!緑色のピアノのテクニックにも同じ動きが出てきました。そして、今使っている「ハノンノン」にも同じ練習があります。私は、2と3、1と2、1と3、2と4、3と4、4と5の順番でやります。右と左、片手ずつだけです。1音目で手首を下げて、2音目で手首を上げる動きを使って、手首と腕、肩の力を抜く練習です。小学校に入ったころ、当時の先生に「もっとも重要な動き」と言われて教えてもらったのがコレなんですよー。絶対に効果あります、おススメです。

ina-kibi
2022.01.23 Sun 18:44

「分離」という言葉に過敏になっております!(←分離してない…(-_-;))
思わずハノン45番を弾いてみましたよ~。(4)の左手、ヤバいです。使っていない 1,2の指がギプスでもしてるのか?ってくらいに固まってしまい、疲れ切っています。サッカーして、肩凝るみたいな??私もねこぴあのさんの後を追って、こつこつがんばろうって思いました。

>でも、なかなか改善できない不安と落ち込みの中、「・・・今からでも直るんでしょうか・・・」と先生に聞いた時、先生は、あっさりと、「直るよ!」と即答したので、それを一筋の希望の光とし、あきらめず練習しました。

↑のエピソード、「即答」ってのがいいですね!心強いですね~。その言葉、私も信じています!

>それでも・・・・
>やっぱり基礎をやろうと思うのです。
>なんででしょうね。
>自分でもよく分かりません。
>先生を、信じているからかも、しれません。

共感します。「急がば回れだよ!」って私の先生も言ってます^^ 回ってるうちに野垂れ死にしないようお互い気を付けましょう~^^

ハナコ
2022.01.23 Sun 23:41

「SWAN」懐かしいですね。続編でドイツに渡った主人公はメソッドを一からやり直していました。

基礎は大事ってわかっていても・・・子どもにはつらかったですね( ;∀;)
>先生を、信じているからかも、しれません。
それもあるけどわたしはねこぴあのさんが自分自身を信じているから、ってのもあると思いますよ。
今までさまざまな練習を乗り越えてきたねこぴあのさん、練習量の裏打ちは自分の自信の実になってるはずです♪
だからいつかきっとその基礎の上にきれいな花が咲きますよ~。

しかしハノンの10番台の下りでも左手がひぃひぃ言ってるわたしには、45番なんて指が釣るレベルです><

ねこぴあの

MINDYさんへ

ねこぴあの
2022.01.24 Mon 20:29

おー!MINDYさんやってますか!

>小学校に入ったころ、当時の先生に「もっとも重要な動き」と言われて教えてもらったのがコレなんですよー。絶対に効果あります、おススメです。

そうなんですね?!
わあ、じゃあやっぱり真面目にやろう!

今日もやってました。
中指に意識をすると、今度は人差し指が立ち気味。
やれやれですが、ゆっくりならなんとか手のフォームが崩れないので、地道にやってみようと思います。

ねこぴあの

ina-kibiさんへ

ねこぴあの
2022.01.24 Mon 20:32

>(4)の左手、ヤバいです。使っていない 1,2の指がギプスでもしてるのか?ってくらいに固まってしまい、疲れ切っています。サッカーして、肩凝るみたいな??

おお・・・固まって疲れ切って??しかも1と2の指なんですね??
わたしと違うなあ・・やはり人によるんですね。わたしは2と3の指が勝手に立ち気味になります^^;

>「急がば回れだよ!」って私の先生も言ってます^^

これはきっとそうですよね。エースをねらえでも、王道に近道なし、と言ってます。
近道がないのなら、コツコツ地道にやるしかないですね~~
ともに頑張りましょう!ハノン仲間がいて嬉しいです^^

ねこぴあの

ハナコさんへ

ねこぴあの
2022.01.24 Mon 20:38

>「SWAN」懐かしいですね。続編でドイツに渡った主人公はメソッドを一からやり直していました。

えーっさらにまたやり直したんでしたっけ??記憶がないので、また読んでみようと思います。まだ今は最初のほうしか読めてなくて(歳のせいですぐに眠くなってしまい、コメントもままならず・・・)。

>それもあるけどわたしはねこぴあのさんが自分自身を信じているから、ってのもあると思いますよ。

えっ・・・
ハナコさん、どきっとすることをおっしゃいますね?
自分を信じてるのかな??自分では無自覚です。

>今までさまざまな練習を乗り越えてきたねこぴあのさん、練習量の裏打ちは自分の自信の実になってるはずです♪
だからいつかきっとその基礎の上にきれいな花が咲きますよ~。

ほとんどの「再開」の方は、バイエルだけで終わらず、ブルクミュラー、ソナチネ、ツェルニーまではいってるんですよね。
小学生のときすでに、周りの友達からは遅れていました。
だからこそ再開当時も、人よりも練習しないと弾けるようにならないと思いましたが、自信の実かあ・・・・なっているのかな??
きれいな花が、そう伝えられるハナコさんが素敵だなあと思います!