レッスンになりそうでならない曲

すごくいつも不思議に思うんですけど、



「この曲好き~~弾きたい~~(*´▽`*)」

って思って、

楽譜を手に入れて、、最後まで一応音を並べてみて、

「この曲次の曲にしよう!(`・ω・´)」

って思うのに、

なぜかいつも、

レッスン曲にならない曲ってないですか??



そんな曲が実はわたしにはたくさんあるのです(;´▽`A







チャイコフスキーの舟歌

グリーグのソルヴェイグの歌

ショパンのノクターン20番

ドビュッシーの亜麻色の髪の乙女

ドビュッシーの夢

シューベルトの即興曲142の2

ショパンの雨だれの前奏曲




それらなんかがそうです(もっとあるかも・・思い出せない)。





レッスンにするからには、

その曲と、とことん?向き合わなくてはならない。






次はこれ~~~~(*´▽`*) って思っているのに、

いきなり違う曲が浮上してくることって、

よくあるんです(笑)





そうして、せっかく譜読みした曲はお蔵入り。





次は、プーランクのエディットピアフを讃えて 

にしようと思っているのですが、



これもいったいどうなることやら・・・。




あっ・・・・



まだモーツァルトのレッスン始まってないんだった(笑)













スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment