fc2ブログ

練習に救われる

シンフォニア13番を練習中です。



音が並ぶようになるまでだって大変だけど、

そこからが本当の練習だなあとつくづく思います。



どうしたら、もっと出だしのバスは歌えるのか?

ああ、ここソプラノ聞いてない・・

弾きにくいところ、どうしたら間違えない?

目線はここだけは鍵盤にする?

聞えない声部だけ取り出して弾いてから3声・・・

何度も何度も、それでも聞えないのはなぜ?

またここもだ・・さっきも同じところで間違えたよ・・

小節の頭だけど末尾のところ、どうする?

これだと3拍子?これなら8分の3拍子?

音がずれるところ、一呼吸・・・慌てないで・・




この曲の歌詞は、「言わないことが」。→13番の歌詞



何でも思ってることを話した方がいい、

話せば人と人はわかりあえる、

そう信じていたのは、遠い昔のことだなあ。



言わない方がいいことって、いっぱいある。

言うとかえって、自分が飲み込まれてしまったり、相手に迷惑をかけたり。



なら、15分でも30分もいいから、ピアノを弾こう。

弾くというか、「練習」だな。



夢中になってひたすら練習していると、

言わないけどほんとはもやもやすることも、

言わないけどほんとは思ってることも、

ピアノが受け止めてくれて、

いつのまにかすっきりするのです。






スポンサーサイト