fc2ブログ

小さな姫の協奏曲

ソナチネ1の2番の1楽章を練習しています。



わたしにはこの曲の出だしはホラ貝みたいに思えました。

そしてフォルテで物語の始まり始まり~~~豪華な始まりです

次はプロローグ。何が起こるかどんなお話か期待を持たせます。

短調になって、オケが盛り上げます。

何が起こってるんでしょう?

波があれて絶壁に打ち付けている?敵が迫っている?悪魔が何かをしかけている?

海の中の島、要塞の中にはお城?

お城の中には、小さなかわいらしいお姫様がいます。



1ページ目の一番下の段のここ。

2022050113285122b.jpeg

ここはお姫様の清らかな歌、ここで初めて人間が歌うんです。

小さな少女だからあくまでも伴奏は小さく美しく。

そうです。このお城に住むお姫様の協奏曲、そんなイメージなんですよねえ。

ほとんどがオケで、お姫様の歌はほんのちょっとしか出てこないんですけどね。



場面が変わって様々なことが起こります。雷雨や攻撃や誘惑があっても、お姫様の心は汚れず清らかなままです。まるで小さな花の精のよう。

自分が弾くと、姫の歌は全然美しくできないので、ジレンマなんですけどね(^_^;)




今日のソナチネ。

これ、アレグロなんですけど、今は考えないようにしています・・・

それよりも姫の歌をきれいに弾くにはどうしたらいいんだろう??





スポンサーサイト