fc2ブログ

ソナチネが楽しい

ソナチネ1の2番の1楽章を練習中です。



「今何をやってるの?」

「わたしはソナチネよ」

「わたしはツェルニー」

「何番?」

「○番」

「あれ~~だよね!」



「ねこぴあの(仮名)ちゃんは?」

「・・・わたしはバイエル」



わたしの返答には誰も食いつかず、

ピアノ談義はどんどん進んでいきました。

その先の話にはもちろんついていけず。



小学3年か4年、とにかく中学年でピアノを辞めたときには(記憶不明瞭)、

バイエルは初歩の初歩だということを、もう十分理解できていました。

その初歩の初歩のバイエルの最後の106番が終わると、

もう二度と、楽譜を広げてピアノを弾くことは、ありませんでした。



そのわたしが、ソナチネの曲を練習しています。

他の人達からしたらきっと、だからなんだって話でしょう。



でも、ソナチネを弾いてるんです。

弾いてるんですよ。



あの時うっとうしそうな顔をしていた母親、

あの時にこりともしなかった先生、

わたし、今、ソナチネ弾いてるんです!



子供時代メトロノームはピアノの上にあったけど、一度も使いませんでした。

大人で買ったメトロノームは、14年経った今、目盛りがだいぶハゲてしまいました。

今日は、四分音符112と116の間(読めない)で練習しましたよ!




ピアノにもう一度出会えて、

本当によかったです。

弾ける幸せをかみしめながら、練習しています。






スポンサーサイト