fc2ブログ

昨日の続きです

昨日の記事を読み返したら、

大事な言いたかったことを言えてなかったな、と思いました。

なので続きです。



肯定感を持つためには、自分だけの努力では限界があると、わたしは思います。

たとえば、育った環境、教師、先輩、友達、上司など。



ここもだめ、あれもだめ、そこもだめ、みんなだめ、

そんな環境なら肯定感を持つのは難しい。



もしその中に褒める要素が入ったとしても、それが条件付きではわけが違います。

これこれをクリアできたらあなたはすごい、

これこれを許容できるならあなたは仲間、

クリアできない?違う考え?マジあり得ないんだけど。

そういうのは違うとわたしは思います。



これをクリアできたらとか、これを許容できたらとかは、条件です。

愛を受け取っていると思うかもしれないけど、それは条件付きの愛で、まやかしです。本当の愛ではありません。

件付きの愛を受け取っている人が肯定感を持つには、だめだめの嵐よりも、もっと難易度が上がるんですよ。



泣きそうになっても、落ち込みながら帰っても、

やっぱり信じて練習するのは、

レッスンが条件付きではないからです。



そうは言っても先生は長年音楽畑の人。

あれもこれも言わずにいられないようです。

ついていくのは、自分自身を、受け入れてくれている感覚があるからかも。



受け入れるのは、音楽なのか?自分の性格なのか?考え方なのか?生き方なのか?

わからないです。

音楽って、もしかすると、それらを切り離せないのでしょうか。

それすら、わかりません。
























スポンサーサイト



管理人のみ閲覧できます

-
2022.09.05 Mon 07:36

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ねこぴあの

鍵コメさんへ

ねこぴあの
2022.09.07 Wed 14:42

鍵コメさんこんにちは^^

>自己肯定感を持つのは本当に難しいです。

わたしもず~~~っと難しかったんですよ。
だから若い頃から親友に「わたしはOKあなたもOKになりたい」と話していました。
目からうろこの瞬間ってありますよね!
わたしも鍵コメさんはぜ~~んぜん!ダメな人間じゃないと思いますよ!

だいたい、人は誰もが、全員、100%欠点がありますよね。
えらそうにあれこれ?言う人にももれなく欠点があり、もれなく全員、人に迷惑をかけて(世話になって)生きているのですから。だから人のことをとやかく言う人は、あなたは完璧なのかって話ですし、
鍵コメさんの周囲の方がそうだという話ではないですが、人を見下したり、誰かに勝つことでしか自己肯定感や自尊感情を持てない人もいますよね。そういう方のほうが本当は弱い人間だとわたしは思ってます。