fc2ブログ

いつか弾けなくなるその日まで

リンクさせていただいているかつさんのブログでこんな記事がありました。

わたしは過去に、ヘバーデン結節、母指CM関節症、腱鞘炎、と整形外科でそれぞれ診断されたことがあります。

一番症状がひどかったのは左手の腱鞘炎です(その時の記事)。

夜寝ていても痛みで目が覚めるほどで、フライパンをひっくり返す、ドアノブを回す、ザルを持ち上げる、そうした日常生活にも支障を来しました。

その時弾いていた曲は無謀にもショパンの幻想即興曲でした。

しばらく右手だけの練習をして、痛みがよくなると今度は、暗譜していたので手元を凝視して、痛くならないように細心の注意をしながら、生まれて初めて大真面目に、弾き方を1人で検証しました(発表会までもうレッスンがなかった)。

本番が終わると、決心しました。

おばあちゃんになってもずっと弾ける、手を痛めない弾き方を身につけよう。




以降、弾き方の検証を続け(現在進行形)、まれに痛みが出ることはありますが、一時的で、腱鞘炎は再発していません。

今日もどこも痛くならずに弾けました。



けど、2年前に、今度は右手で手根管症候群を発症してしまいました。

これは弾き方の問題ではなく、加齢と体質によるもの。

このとき飲み始めたサプリが効いて、今はしびれは時々感じるぐらいで、進行はしていません。

多少は指先の感覚が鈍く、たくさん字を書くのはきついですが、仕事もパソコンだし、耳は聞こえるので、ピアノは弾けます。




前置きが長くなっちゃった・・・

何が言いたいかというと(汗)、

手根管症候群を発症したとき、手をあまり使わないほうがいい事はわかりきっていたのですが、ピアノを続ける決心をしたのです。

もし症状が悪化して今のように弾けなくなる日がきても、練習できる限り、弾ける曲を練習し続ける、そう決めたのです。

「もしもとても簡単な曲しか弾けなくなったとしても、それでもピアノを弾くよ」

夫にもそう言いました。




仕事柄、たくさんのお年寄りの方と接します。

皆さんどこかしかが痛くて、どこかしかが動かず、

身体機能の低下と比例して、徐々に家事や外出ができなくなります。

温泉、社交ダンス、コーラス、ゴルフ・・・

外出しないとできないことは、もうできません。



でも、人間は、いくつになってもどんな状態であっても、心の癒やし、楽しみは、とても重要です。

子供や孫が遠くなら滅多に会えません。自力で友達の所へ行けず、友達が亡くなっていたり認知症になっていることも出てきます。

なので、俳句、手芸、塗り絵、テレビ、ナンプレ、ラジオ、読書、そうした、家でできることに楽しみをシフトされる方がとても多いです。



現代は、往診医と訪問看護が来てくれて家族の協力があれば、医療処置が必要であっても、死ぬまで家で過ごせる時代になりました。具合が悪いイコール入院ではありません。

一人暮らしでも、ひどい認知症がなければ、色々な介護サービスや福祉用具を使い、トイレまで自力で歩けなくても、家で暮らす方が増加しています。介護が必要イコール施設でもないのです。

もし施設に入ったらピアノはありません。演奏してくれる人もいません。施設のルールに沿った団体生活です。

有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅なら自分の個室がありますが、料金が高く、自室で楽器はおそらく無理でしょう。

そして、施設でも入院でもペットとは暮らせません。




わたしは、夫が仮に先に逝った場合、もし半身麻痺で車いすになっても、介護ベッドとポータブルトイレとテーブルと車いすと手すりを配置し、子供に介護をさせず、家で一人で暮らそうと決めています。

介護ベッドの横にピアノとパソコンを置いて、

弾けなくなるその日まで、片手の指一本で弾くたどたどしい演奏でもいいからピアノを弾いて、

音楽を聞いて、暮らしたいなあ。

何しろクラシック曲は膨大にあるんですよ。

その時までブログとかYouTubeってあるんでしょうか?

ねこはいつまで新しい子を迎えられるだろう?

逆算して考えなければならない年齢もやってきます。

保健所行きにはしたくありません。




ただし、介護サービスを受けながらの一人暮らしには欠点があります。

好きなものを食べられない、買ってきてもらったものが欲しいものと違っていた、など、細かい我慢が生じます。

一番の問題は、膨大な時間を一人で過ごすことです。

話し相手がいない孤独に耐えなければなりません。

急死した場合、誰かに発見されるまで時間を要しますし、警察が介入し検死になることも。




今考えてることが10年後にはどうなっているかなんてわかりませんけどね。

とりえず、定年する頃には仕事量をセーブして、コーラスもやってみたいし、

完全に仕事を辞めた後は何かボランティアをするかもしれませんが、

弾けなくなるその日まで、片手の指一本で弾くたどたどしい演奏でもいいからピアノを弾いて、

音楽を聞いて、暮らしたい、これは変わらないと思います。




皆さんは、どうしたいですか?

ピアノ弾きが集まって暮らせる施設があれば入りたいけど、

ないし、たっかくて無理だろうなあ~~

そしてピアノ弾きって案外気が強くてこだわりが強い人(自分がまさにそう)が多いし、みんなして認知症で、耳も悪くなっていて、すごい集団になりそうな気がしないでもない。

元ピアノの先生が上、みたいなカースト制があったりしてね~(笑)

















スポンサーサイト



きなこ
2022.09.11 Sun 19:59

ねこぴあのさんの老後の夢?あー何だかとても共感してしまいました。
何となくですが、私は夫を見送って次男は障害者施設へ入所、長男は地方で仕事は出来ないと言うし、私は1人暮らしすると思い込んでます^^;
娘がいないので身内に甘えられなくなり介護サービスを受ける様になると…買い物サービスでは全て自分の思う物って、難しくなりそうですね。
ピアノ好きの老人介護施設!!
お金がないかなぁ〜それと確かにこだわりも気も強そうで!何だか難しそうな気がしました笑笑
最後の方おもしろ過ぎます(^◇^;)
爆笑してしまいました^o^

それと、腱鞘炎や手根管症候群など発症された経験があるのですね。
「幻想即興曲」「別れの曲」聞かせて頂きましたがお上手ですね!
先日バッハ風の?「おにぎりの歌」を聞かせて頂きましたが驚きましたよ〜
腱鞘炎、私は長男が赤ちゃんの時に横抱っこし過ぎで発症し、痛くて手術して軟骨を削りました。その頃はピアノ再開してませんでしたが。
ヘパーデン結節は右手の指の歪みはもう治りませんが、根性?執念?の食事療法を約1年かけて、なんとか痛みは減って指先注射は打たなくて良くなりました。でも今もあまり長く(1〜2時間以上も)ピアノを弾くと指先が痛くなり弾けません。
もう無理は出来なくなりました。

ねこぴあのさんと弾き合い会?でお会いできる日を夢見ながら、レパートリーというか弾ける曲を数曲くらい作るため、頑張って?ますよ♪
ねこぴあのさんダイエットに成功されたナイスバディのお姿なのですね〜楽しみです( ´艸`)バッハやソナチネもお聞きしたいです♪私はお腹が中年、老人?太りでポッコリですが…お許し下さい(^.^)

管理人のみ閲覧できます

-
2022.09.11 Sun 23:16

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

-
2022.09.12 Mon 01:43

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ピアノとペット

bonbon
2022.09.12 Mon 09:07

訪問看護師さんならではのお話を楽しく拝読させて頂きました。介護ベッドとポータブルトイレとテーブルと車いすと手すり、そしてピアノとパソコン。自分の未来をイメージできて何だか理想的だなぁと思って共感しながら記事を読んでいます。ピアノとペットを連れての老後を実現するには、どんなサービスがあるのか今から知っておいて損はないですね(^^)ピアノ付きホーム、素敵ですけどカーストは辛いかも~です💦腱鞘炎やばね指はピアノを弾くには大変ですよね。いつまでも健康というわけではないので、その時弾ける曲を楽しめるマインドでいれるように心も鍛えておこうと思いました。参考になる文章をありがとうございました。

ねこぴあの

きなこさんへ

ねこぴあの
2022.09.13 Tue 12:59

笑えていただけてよかったです^^
老後のこと、考えますよね~。
その時どうなっているのか・・・友達とも、介護は期待できそうもないし期待してないって話になります。
買い物サービスだけではなく、身の回りのことを誰かに頼むということは、やっぱり色々と妥協しなくてはいけない面があるようですよ。それに何よりお金がかかりますね。家族がやればお金はかかりませんが、子供に介護してもらう人達はそれなりにお礼をしている方が多い印象です。

昔のつたない動画をお聴きくださり、ありがとうございました^^
おにぎりはバッハの平均律の1曲を合唱にしたんですよ。

長くピアノを弾くと指先が痛くなるんですね。
無理をせず、自分に与えられた範囲内でやる、それが長く楽しむ秘訣かもしれないですね。
わたしも長時間ぶっ通しで弾くことはできません。今も、練習していたけどブログで休憩しています(笑)

>ねこぴあのさんと弾き合い会?でお会いできる日を夢見ながら、レパートリーというか弾ける曲を数曲くらい作るため、頑張って?ますよ♪

それは嬉しいです!
しかしわたしは、バッハもソナチネも、終わったら最後とたんに弾けなくなる人なのです(^_^;)
でもあわれみだけは、今でも時々弾いていますよ。
きなこさんのバッハ、ラヴェル、ドビュッシーなどなど・・・いつか聴かせていただく日が来ることを、楽しみにしています^^

ねこぴあの

最初の鍵コメさんへ

ねこぴあの
2022.09.13 Tue 13:05

鍵コメさん、お仕事のこと教えてくださりありがとうございます。大変そうですが、やりがいがありそうですね。

>カースト制に大爆笑です。 それ、絶対にあるある!です。

ありそうですよね?(笑)
元先生達の中でも大学レベル別に別れそうな・・

>定年退職後のためにもグループホームを作ってみんなで住めるといいね、と話しています。なのでピアノ付グループホームなんてあれば理想ですね。もちろんピアノは1台ではなく練習室が複数で、理想は人数分+1台ずつ防音室で(爆)。ものすごく高くなりそうですね(爆)。あ、できればセラピーキャットもいて欲しいです。

全く同感です!でも普通の有料老人ホームもすごく高いので、これは非現実的な夢ですね~(^_^;)

>これはお酒でも飲みながらあーでもない、こーでもないってゆっくりお話ししたいテーマですね。何はともあれねこぴあのさんが最後の日までピアノと共に過ごせるよう、心からお祈りしております。

ほんとほんと、お酒でも飲みながらゆっくり話したいですねえ。
いつまで弾けるかわかりませんが、お互いにできる限り音楽がともにありますよう、健康でいるよう努力しましょう!

ねこぴあの

二人目の鍵コメさんへ

ねこぴあの
2022.09.13 Tue 13:13

そうだったんですか!驚きました。
でも痛みはないんですね?よかったです><
またご一緒してお聴かせいただく日を、楽しみにしています!

>一人暮らしがムリになれば施設のお世話になるしかないだろうなと思ってます。

無理になれば、それは誰しもそうですよね・・・わたしだってそうです。
でも入院の方も施設の方も現実を知っているので、できるだけ家にいたい!!と強く思っていて。
そうはいっても先のことはわからないですよね。案外認知症になってしまうかもしれないし(汗)。

>施設にも色んな形態があり、ピアノが置いてある所もあるようですが、自分の部屋でとなると、電子ピアノでヘッドホンをして、でないとだめかもしれませんね。
同年代の友人とは、今から施設見学をしようか、なんて話してますよ😅

自室に電子ピアノを置けるような施設は高いと思います。
あ~~あ、結局世の中お金ですかね~~(^_^;)
それと、車いすだと電子ピアノと高さが全然合わないんですよね。
車いす用のピアノとか開発してくれないかな~~
ああ、それもお金かあ~~(^_^;)(^_^;)

ねこぴあの

bonbonさんへ

ねこぴあの
2022.09.13 Tue 13:34

>いつまでも健康というわけではないので、その時弾ける曲を楽しめるマインドでいれるように心も鍛えておこうと思いました。

そうそう、そこが一番大事ですよね!
いつまでも元気で手が動くわけではないのですから。

>ピアノとペットを連れての老後を実現するには、どんなサービスがあるのか今から知っておいて損はないですね(^^)

ピアノとペット、両方実現するには在宅しかありません。
訪問ヘルパーさん、訪問看護、訪問入浴、デイサービスなどの各種介護サービスは有料で、空きがないと頼めず希望通りにいくは別問題ですが、よほど高収入だった方を除いては介護保険で1割負担です。
自分で動けないときは、銀行でお金をおろす、手続きをする、などをサポートしてくれる人(他人でも可能)が必要です。
認知症などで判断や金銭管理ができないときは後見人制度があります。地域にはボランティアさんもいると思います。

今後ますます高齢者が増え、在宅の需要もうなぎ登りだと思いますので、自分たちが高齢者になる頃にはどうなっているか・・
そもそも地球は無事なのか??
色々考えちゃいますけど、今弾ける幸せをかみしめてまいりましょう^^

かつさん
2022.09.13 Tue 18:32

ねこぴあのさん、こんにちは
かつです。

ねこぴあのさんのピアノ愛に溢れた記事、素敵だなぁと思いながら拝見させていただきました
わたしはねこぴあのさん程の覚悟もなくて、
「いつまでもピアノを続けたい!」という気持ち、「弾きたい曲を弾けなくなった時点でピアノ愛が冷めてしまうのではないか」という不安で気持ちが揺れ動きます。
それでも身体が動く限りは続けたいですね。

老後の住宅問題、、、わかります!!
わたしが住んでいる地域に音楽練習室(ピアノ有)のアパートがあるのですが、同じような老人ホームや高齢者住宅があればいいですよね?!
※もしかしたら10年後にはあるかも??

ねこぴあの

かつさんへ

ねこぴあの
2022.09.14 Wed 21:00

かつさんの記事からこんな記事が生まれましたよ、ありがとうございました^^

>わたしが住んでいる地域に音楽練習室(ピアノ有)のアパートがあるのですが、同じような老人ホームや高齢者住宅があればいいですよね?!

確かに!!練習室がひとつではなくていくつかあるといいんですけど、そこは譲って(エラソウダナ)、ひとつでもいいから練習室があれば!!
で、でも調律してもらえるんでしょうか・・・ホテルなどのピアノは調律が狂っていることが多い印象です。管理者が無頓着だったら・・・そして、もうそこにはピアノの先生はきてくれないんでしょうか。もしいたとしても入居者で認知症の元先生だったりしたらどうしよう・・・・いやその前に、レッスンがあったとしてもハノン50番をやりなさいとか宿題が出たら・・・!!認知症のためにやってもいない曲をやったとか、やった曲を忘れて何度も譜読みしていたら・・・・いやいやもっと怖いのは「ねこぴあのおと」が毎日毎日同じ内容の記事を更新すること・・・
・・・・
・・・・・
・・・・・・
キリがないのでやめます(^_^;)