fc2ブログ

ギロック 祭り

調律をしてから、音がソフトになって汚い音が出にくくなったのはいいのですが、

シンフォニアでは苦労しています。


これは調律前の硬い音のときのもの。


くらぽんさん主催のブルグの会に、この動画を出させていただきました。


以下、その時のコメントです。


こちらの会に動画を出すために先生に選曲していただきました。手になじまない曲というか、ミスしやすく、難しかったです。イメージは、村の儀式で生け贄になる貧しい家の少女です。

『みすぼらしい服を身にまとい痩せていますが、心が美しいその目は穏やかで、村を家族を助けるために、強い気持ちです。今までの楽しかったこと、嬉しかったこと、走馬灯のように思い出します。

調が変わって、いよいよ儀式の当日になりました。少女は、逃げも隠れもしません。過去にもそうやって生け贄になってきた乙女達がいたのです。一緒に遊んでくれた、優しかったお姉さん達・・・わたしも行くよ・・弟たち、妹たち、お父さん、お母さん、ありがとう、泣かないで、元気でね・・・少女は、今まで着たこともないきれいな服を着せてもらい、静かに祭壇へ歩きました。

しかしそこで驚くことが起こったのです。』

ラストで何が起こったかは、聞く人の想像で。



この曲が、本当はどんな曲かなんて知りません。

もちろん、うまく弾けてもいません。

わたしが勝手に感じたことで、

先生にも話しませんでした。



祭り、

他の人達は皆さん、どんなイメージで弾いてるんでしょう?



音が正確に並ぶかどうか、

うまいかどうか、

そんなことよりも、

どう感じているか、どんなことを表現したいかを、聞きたいなあ。


正確に並ぶかどうかなら、

もうきっとそう遠くない将来、

ロボットが弾いてくれると思うなあ。






スポンサーサイト



4 Comments

まるぴ  

こんばんは。
ギロックってたまにこういう曲がありますよね。息子が小2くらいの頃にインディアンの踊りという曲を弾いていたのですが、短調のちょっと変わった雰囲気がカッコ良いと思ったようで、気に入って弾いていました。男子向けなのかなと思っていましたが、大人ピアノでもまた別のカッコ良さがあって良いですね!カチッとして歌い過ぎない感じが雰囲気に合っていて、固い音のピアノに合ってるかも。

生け贄の話、実話でこういうのがあるみたいです。(悲しいシーンはあるけど救いがあるお話です)
偶然見つけて見入ってしまいました。
https://youtu.be/Rq6c990Nijk

2022/09/18 (Sun) 03:01 | EDIT | REPLY |   

bonbon  

秋に似合う大人っぽい哀愁漂う曲だと感じました。素敵な曲ですね。ねこぴあのさんの物語、想像力豊かで読むのも楽しいです。表現される方でまた違ったようにも聴こえるのかなぁ~。ピアノって面白いです。
演奏ありがとうございました(^^)

2022/09/18 (Sun) 06:37 | EDIT | REPLY |   

ねこぴあの  

まるぴさんへ

生け贄で救われる実際にあったお話、すごく興味深いです!
インディアンの踊り、男子向けの曲って感じがしますね~
ギロックは過去にサラバンドしか弾いてなくて、次に何を弾こう??と考えているときに、先生に勧められたのが祭りでした。
確かに硬い音にあっているような気がしてきました(笑)

2022/09/18 (Sun) 11:52 | EDIT | REPLY |   

ねこぴあの  

bonbonさんへ

お聴きくださりありがとうございました!
この曲、実はものすごくゆっくり音をとっている段階のときにたった1回しかレッスンを受けてないのです。
なのでほとんど自己流・・・・(^_^;)

イメージがあるとピアノはもっと楽しくなるような気がします。
bonbonさんもよかったら何か曲にイメージがあればブログに書いてください。わたし読みますよ^^

2022/09/18 (Sun) 11:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment