fc2ブログ

クラシックはお手並み拝見される系?

なんでクラシックだったんだろう、よりによって。

率直な気持ち。




今日、子供が好きなアーティスト達の演奏を、一緒にYouTubeで観ていた。


「声がいいね」


「歌詞がすごい」


「メロディがいい」


「バックの音がなあ」


「これは前奏がよくない?」




この間、自作曲で調と調の間をどうつないだらいいか先生に聞いた時、

やり方を教えてくれた後、

「今は何でもありだからね。突然転調したっていいんだよ」

と、先生は言っていました。



ずうっと前に、同僚が、嫌いな先輩が仕切るときに、こうつぶやいてましたよ。

「さあ~お手並み拝見!」


その時は、そんな風に考える人がいるんだ、とちょっと驚いたのだけど、

クラシックって、お手並み拝見される系じゃない?



声も、歌も、メロディも、バックも、

ぜええんぶ自分でやるんだよね、ピアノで。



批判するのは簡単だよ?

歌詞だって、メロディだって、演奏だって、

自分でやれるの?

自分でやれもしないことを、とやかくいうもんじゃあないよね。



なあんで、よりによって、がんじがらめの、クラシックが好きなのかねえ・・・。






スポンサーサイト



michael
2022.11.01 Tue 23:13

作曲についてはまったくわかりませんけど;
ハイドンは1小節休符にして、同じ動機で転調して入る、というやり方をよく
しますね、これは転調も印象強く効果的に思いました、
ときに、休符を置きながら、転調もせず同じ動機でまた始め、そのあと転調
するという、ある種ユーモアもあります、
「ここでこう来るか」という意外な持って行き方も転調の魅力かと思います。

bonbon
2022.11.02 Wed 06:37

批判は疲れますよね…。私はその人の人柄や頑張りや人生が透けて見える演奏が大好きで感動してしまいます。
そして本当に音楽が好きなのね~っと感じる瞬間がたまらないです。それはプロの方の演奏でも…。
だから、ちょっとお手並み拝見系の本流のクラシック好きとは違うかも??です(^^;)
年齢を重ねたからか感動する音楽の種類が変わってきました…。

ねこぴあの

michael さんへ

ねこぴあの
2022.11.03 Thu 13:20

michael さんこんにちは^^
最近はmichael さんのブログを訪問するのが日課になりつつあります(更新がまめなので、嬉しいです)。

ハイドン、そうなんですね?
作曲家ってやっぱりすごいですね。
特にすごいのがやはりバッハ・・・頭の中どうなってたの??と思っちゃいます。

そういえばシューベルトの即興曲90-1で唐突な転調がありました。
こうくるか??みたいなのって面白いですよね。


ねこぴあの

bonbon さんへ

ねこぴあの
2022.11.03 Thu 13:24

bonbonさんこんにちは^^

>その人の人柄や頑張りや人生が透けて見える演奏が大好きで感動してしまいます。
そして本当に音楽が好きなのね~っと感じる瞬間がたまらないです。

わたしもです!
先日の練習会では、コツコツと練習を重ねてきた方の誠実な演奏に胸がジーンとなりましたよ。
うまいへたとは無関係なんですよねえ、感動は。
楽譜の通りにきっちり弾くことを要求されるクラシック音楽ですが、
同じ曲でも弾く人によってまるっきり違うのも面白いですよね。