fc2ブログ

主メロディなしの練習

主旋律なしで弾きました。

なにをって、今日の練習の話です。



主メロディなしで弾く、

これを最初にやってくれたのは先生でした。



曲はショパンの別れの曲。

当時はピアノ再開してまだ数年。

再開といっても初心者状態。



よくもまあ先生はその曲を許可したもんだと思いますが、

今も昔も先生は、「大人は弾きたい曲を弾けばいい派」。

じゃあ音が並べばそれでいいかと言えば、そうではないのです。



別れの曲の一番最初のレッスンで先生は、

主メロディなしで途中まで弾きました。

そして、この曲は4声なので、主メロディ、内声、バスなどで組み合わせて練習するように、とわたしに指示をしたのです。



内心異議を唱えたかった。

けど、先生の弾いた主メロディなしの音があまりに美しかったので、ぐうの音も出ませんでした。




わたし今日、

主メロディ(アリア)なしであわれみの練習をしました。

先生からやるように言われてないです。

でも、あの日の衝撃を、きっと一生忘れないでしょう。




こうして、入っていくのかもしれないです。

やっぱり、教えてくれる人って、大事なのかもしれないです。





スポンサーサイト