fc2ブログ

山形旅行 その2

山形県に着くとすぐにお昼にしました。


おそばと、名物の芋煮。

芋煮は、お醤油味のおつゆに里芋と牛肉とねぎとまいたけが入っていて、素朴な味で美味しかったです。

202309121013405eb.jpeg



車を移動して、山寺へ。



20230912093325fb4.jpeg


松尾芭蕉の俳句、「しずけさや 岩にいみ入る 蝉の声」で有名な、山全体がお寺のようなところです。


202309120935194f1.jpeg

歩いてすぐあたりの頃にあった水みくじ。なんと大吉でした!



202309121024238f5.jpeg


よく見ると、「ねがったことに努力しましょう」と書かれていますね。

綺麗に弾きたいと願うだけでは弾けないということですね(笑)



登ることで煩悩が消滅すると言う1000段以上ある階段は、5歳の子供でもお年寄りでも登れるとネットには書いてありましたし、実際、石段で登りやすく、手すりもあるんですが・・・

暑くて、かなりキツかったです(;´Д`)



休むところはところどころあるにあるんですが、日陰はあまりない。

水分はちゃんと持っていたのですが、頭が痛くなってきてくらくらしてきました。

「ヤバい、熱中症の症状が出てる」と申告し、売店で冷たいポカリを買って飲んで日陰で休んで、なんとか回復しました。




でも、頑張って歩いて行くと、こんな景色が!

20230912093351070.jpeg


かなり山の上の方なの、分かりますか?



それから更に行くと、展望台?のようなところがあって、見下ろすと、こんな景色。

202309121029473ad.jpeg

風が気持ちいい!


「わあすごい!」

「来てよかったね~」

みんなで笑顔になりました。


登りは大変でしたが、下りは楽。

歳のせいか、筋肉痛は翌々日になってから出ましたけども、行ってよかったです。




「よく歩いたね、先頭切ってたよね、前だったら考えられないよ」

夫から言われてハッとしました。

若いころは旅行先で文句言ったり疲れて不機嫌になったりしたんだった。



ああなんて馬鹿だったんだろう。

自分の足で歩けるって、家族で旅行に行くって、本当にありがたいことなのに、

分かってなかったんだなあ・・。


続く。












スポンサーサイト



4 Comments

ミッチー  

残暑が厳しい中、日影になるところが少ないのはキツイな。
1000段を超える石段を登るだけで標高は200mくらいは上がっているから、
登り切った先はそれなりの景色が見られますよね。

2023/09/12 (Tue) 14:36 | EDIT | REPLY |   

ねこぴあの  

ミッチーさんへ

ミッチーさんコメントありがとうございます♪
旅行を計画したときは、9月の東北はもっと涼しいだろうと勝手に思ってたんですよね・・甘かったです(^_^;)
写真に写っているのはあわたしなんですが、この後、茶色のワンピースが汗染みですごいことになりました(笑)
でも行ってよかったですよ~

2023/09/12 (Tue) 14:48 | EDIT | REPLY |   

ねこねここねここたつでねてる  

こんにちは。
昨夜、ブログのテンプレートが変わっていてびっくり。老眼鏡が手許になくて記事を拝見するのが今になりました。

すごい景色ですね! そこまで歩けば煩悩が消滅して仙人になれそうな気がいたします。

2023/09/15 (Fri) 13:10 | EDIT | REPLY |   

ねこぴあの  

ねここたつさんへ

ねここたつさん、こんにちは!
コメントありがとうございます♪

あはは、煩悩が消滅すればいいけど、難しかったようで、相変わらず「ただの人」です(笑)
暑い時期のこういうところは、避けた方がいいかもしれません(^_^;)

2023/09/17 (Sun) 11:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment