fc2ブログ

365歩のマーチ ピアノ版

ハノンの30番、全部スタッカートで弾くときになぜ左腕が疲れるか問題。

左手だけで弾いて凝視してみる。

右手だけも。

あれ・・??

右手の545でスタッカート。

うん、全然疲れない。

左手の545でスタッカート。

えっ・・

弾き方が違う?

右手の121でスタッカート。

左手の121でスタッカート。

あ、これは大丈夫みたい。

ということは、ガンは545か。

もう一度・・

ああ~~!

左手の545でスタッカートするとき、腕で弾いてる!

努力呼吸で肩や顎を使うように、

指の筋力がないから腕で助けてるのか?

こりゃあ、すぐには無理だなあ。

ましてや速くは危険かも。

レガートとスタッカートって、全然弾き方違うんだねえ。

何も考えず弾いてきたんだなあ。



それから平均律1巻6番プレリュード

右手を和音にしたり、左手のフレーズを考えたり、

指使いを検証したりしながら、速度をあげる努力。

でもこれも、「弾けないのに速度を上げようとして逆に弾けなくなる落とし穴」に落ちないよう、速度アップは、本当に地味に、少しずつ。

昨日できたメトロノームの目盛りが次の日はできなかったりするので、練習は3歩進んで2歩下がる感じ。

子供の頃、365歩のマーチの「3歩進んで2歩下がる」という歌詞の意味が分からなかった。

でも今は分かるぞ~~




♪上達は歩いてこない

だから努力をするんだね

1日1歩 3日で3歩 3歩進んで2歩下がる

ピアノは ほとんど練習

リズムと 和音に 拍と粒

あなたの弾いたそのピアノ きれいな音がするでしょう

腕を置いて 楽譜見て 1と 2と

メトロノーム 刻み

それ 1と2と 3と4と


幸せの隣にいても 分からない日もあるんだね

1年365日 1個ミスって 止まっても

うまくは弾けないときも 努力を止めずに夢見よう

千里の道も1歩から始まることを信じよう

姿勢正し 肩を下げて 1と2と

メトロノーム 聞いて

それ 1と2と 3と4と






スポンサーサイト