fc2ブログ

本番前の緊張対策

きっとたくさんの方が実際に行っている方法のほうが役に立つだろうし、わたしの方法なんて別に参考にもなりゃしないかもだけど、とりあえず、書いときます(笑)

本番1か月前ぐらい

〇本番を意識して楽譜なし・楽譜ありどちらも練習して、苦手なところ落ちやすいところは部分練習

〇記憶が不安なところは、声を出しながら(階名だったり指番号だったり適当に作った歌詞だったり)やって、ポイントとなる音を作っておく(ここで分からなくなったらここに戻ればいいか、みたいな)

〇最初から最後まで楽譜を見ながらゆっくり確認するように弾く(え?こんなこと書いてあった?ってことが、出てくる・・・あくまでわたしの場合・・・・^^;)

〇このあたりで人前で弾くと、意外なところでミスることなど分かり意外と焦り、いい練習になるので、できれば機会を作る(できないときは嫌がる家族を無理やりいけにえに・笑)

〇違うピアノを弾く機会を出来るだけ作って、感覚の違いに戸惑わないようにしておくと理想的かも(なかなかねえ^^;)

〇衣装を決めてテンションをあげる(笑)

〇本番で弾く自分を、何度も何度もリアルにシュミレーションする

〇基礎練習をせずに、起きたばかりとか、眠い時とか、具合がいまひとつのときとかに、いきなり、本番バージョンで弾く(これが結構役に立つ気がする)

〇録音して、何度も聴く、プロの演奏と比べては落ちこみ、くっそ~~もっとこう弾きたいのに!とか考える(笑)


本番前日

〇今更付け焼刃は効かないし手を痛めたらいやなので、そんなに練習しない

〇できるだけはやくお布団に入る(次の日の化粧ののりも大切!笑)

〇前日になって発見してしまっただめポイントやそこまで練習してきても乗り越えられなかっただめポイントは、捨てる(そこはできなくっても、もういい!的な)

〇本番の衣装を着て、ピアノ室の照明を落として、お辞儀から練習する(いつもと違う照明にするだけで勝手が変わる~)、このとき、今まで以上に妄想を膨らませ、会場や空気をリアルに想像すると、どきどきしてくるので、なおよいような気がする

〇やっぱり楽譜ありで、ゆっくり弾く



本番当日

〇ジンクスは守る(わたしの場合は冬でも朝シャワー、娘からもらったハンカチを持参すること)

〇もう楽譜はほとんど見ない

〇最初の出だしがクリアできたらあとは何とかなると思うので、最初の出だしの音だけを何度も何度も鍵盤の位置から考える

〇自分の前の人の演奏は聴かない、自分の曲を心の中で歌う

〇次が自分の番というときは、できるだけ体を動かす(歩いたりラジオ体操したり)、それができないときは手をぶらぶらさせたり腕を回したり深呼吸したりする

〇間違ってもいい、とまってもいい、弾きなおしてもいい、下手でいいじゃん、とか言い聞かせて開き直る一方、絶対にできる!自分は弾ける!とか、自己暗示をかける(あれ~矛盾してるな~?)



ピアノの前に座ったら

〇ピアノさん、よろしくお願いします、とか、一緒に歌おうねとか、なんかしかピアノに挨拶して声をかける(心の中でですよ~)

〇フルコンのピアノの中はとってもきれいなのでできれば見て、弾ける喜びをかみしめる(笑)

〇椅子の高さOK、足の位置OKとなったら、弾きだす前に大きく深呼吸

〇最初の音を出したら、ひたすらピアノの音を聴くことに意識を持って行く(これがなかなかできない~~~!!^^;)



とまあ、こんなところでしょうか・・・

他にもあるかもだけど、今は思いつきません。

最近は本番では楽譜は舞台に持っていかないので、持って行かないバージョンでの、あくまでもわたしの方法です・・・・参考にならなかったらすみません~^^;


他にも、こんな方法があるよ~!などがありましたら、教えていただけると嬉しいです♪










スポンサーサイト



NoTitle

ね~み♪
2014.09.04 Thu 17:20

タイムリーに記事にしてくださってありがとうございます~

お顔の広いねこぴあのさんの所ならいろいろな情報が集まりそうね(^^)

弾ける喜びをかみしめる・・・ってそれいいかもですね!
結局は緊張しちゃうけど、
緊張が悪いわけじゃないので自分が弾ける喜びを味わうというか
こんな素敵なピアノで弾けるんだ!!
っていう事に意識を向けるのが良いのかなって。
前の人の演奏は聞かないっていうのもいいかも。
「あの人こんなに上手に弾いてる~~~!!」
とか思うと萎縮しちゃいそうだし
ただでさえ風前の灯火のような自信が更に無くなっちゃいそうだし(^^;
自己暗示も大切かもしれませんね。

大変参考になりました!

NoTitle

g-clef
2014.09.05 Fri 00:49

ピアノに挨拶して、声をかけるって、とってもとっても、いいですね~!
「一緒に歌おうね」って・・・、真似します!

ね~みさんへ

ねこぴあの
2014.09.05 Fri 13:46

顔が広くなんて、全然、ちっとも、まったく、そんなことはないのですよ。

わたしは元々すごいあがり症で、小学校のときの笛のテストで「ピーーーッ!!」と必ずやらかしていたひとなんです。
人前でピアノを弾くなんて、再開当時は考えられなかったし、最初の発表会など、いったい何を弾いたか分からなかったぐらいでした(いやさすがに弾いた曲はわかりますが)。

でも、回を重ねて、先生や、サークルやブログの方から色々なやり方をお聞きして、だんだん自分の方法になっていったというか・・・・。
そもそもわたしなんかがこんな対策を書くなど、100年早いのですが、こんなわたしだからこそ、参考になるやもしれないと思って、書いてみました(笑)

g-clefさんへ

ねこぴあの
2014.09.05 Fri 13:49

真似・・・・!!
ひいいい・・・・
わたしなどの真似をするなど、恐れ多いです!!

わたしの妄想によると・・・
ピアノは、自分では歌えないけど、いつも歌いたがっていると、思うんですよ・・。
だから、一緒に歌うというか・・・。
うまくいえませんが・・・・。
というか、わたしでごめんよって感じですが・・・^^;

なるほど!

おくりん
2014.09.05 Fri 20:14

ピアノに挨拶!!なるほど!!
いやーーーー、いいですね!!!
私も次の本番の前は、いい音だしてね、って頼んでみます。
お賽銭もあげたい気分・・・^^;

おくりんさんへ

ねこぴあの
2014.09.05 Fri 22:19

おくりんさんが以前書いてらした本番対策と比べたら、わたしのこれなんて鼻くそみたいなものですが(笑)、そんな風におっしゃっていただき、恐縮です。
ピアノに挨拶は、自分が考え出したわけではなく、昔ブロ友さんから教わったのです。
今でも感謝しています。

お賽銭ですか~(笑)
高額だといい音で歌ってくれるかな・・・ないな・・・・(笑)