fc2ブログ

ねこぴあののピアノ歴 その2

書けるときに、書きだめしておきます~!

ほんとに、ピアノの「ピ」の字もなかったんです。

何十年も(いくつなんだ!笑)。



ある日、子供がお年玉を持って、夫と買物に行って、

いきなり、中古のキーボードとこどものためのバイエルを買ってきたんですよ。




バイエルは、1からだったから、すぐ弾けて・・・

楽譜を見ながらキーボードの音を出すわたしをみて、

夫と子供たち(当時小学生)が、すごく驚いて、

「ママすご~~~い!」ってほめてくれたんですw(゚ロ゚)w





・・・・嬉しかったですね~~~・・・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

子供時代、ピアノで(それ以外もそうだけど)、

ほめられた記憶がほぼなくて・・・・




なんだかわからないけど、音をだすことも、すごく楽しかったんです!


ドレミドレミ・・・みたいな単純なやつだったと思うんですよ。




最初だからヘ音記号なんかなくって。



無性に楽しくて(*´▽`*)




キーボードって、曲も入ってるんですよね。

それで、たまたま入っていた曲を適当に聞いていくと・・・





ショパンのノクターン2番と、

パッヘルベルのカノンがありました。




あのときの気持ちを、なんて言ったらいいんだろう・・・・。



子供のころの光景が、わ~~~っと浮かんできて、

泣きだしそうな気持になって・・・・。







「いつか絶対にこれを弾きたい!!!」 (`・ω・´)





それからはもう、

毎日の生活が急激に変わって、







バイエルを、最初から順に音を出すのが楽しくて、




キーボードを、家事と仕事の合間に、弾くのが、何よりも楽しくて、


わくわくしながら仕事から帰りました。




ヘ音記号とか、何分の何拍子とか、意味がわからなくて、

休符の長さも分からなくて、

ネットで初心者用の音楽基礎知識みたいなのを読んで勉強して、

確かバイエルに半年ぐらい費やしたと思います。






そうして、バイエルが終わりに近づく頃、

中古で電子ピアノを買いました。




椅子の高さも手の形も分からなくて、

ネットをみてはふむふむ・・・と参考にして、




それから、

近くの音楽教室に行って曲集を買って、

何曲か、独学でやりました。

ペダルはわからないから使わず、

あこがれのエリーゼのためになど、弾いていました。

きっと今考えたらぼろぼろだったことと思います。

でもとにかく楽しかった!!(*´▽`*)






楽譜を見ながら音を出すことができなくて、

やむを得ず、鍵盤の位置を丸暗記して(笑)





なんとな~~くできるようになると喜んでは、

家族や姉妹に聞いてもらって・・・(大迷惑・・笑)、

もう、得意げになって、楽器屋さんへ行くと電子ピアノを弾き・・・

今思うと赤面ものなんだけど、当時は、自慢したかったんですかね~~~(爆)


確実にぼろくそだったと思うんですけどね・・・・(;´▽`A






あまりに楽しくて、

きっとこれからもピアノをやる!!と確信したわたしは、


ついに、レッスンを受けることにしました。




今から5年前のことです。








                 続く。

スポンサーサイト