ねこ族

ねこ族

ひざにゃんこ

まだ髪が長いころにねこを抱っこしているところ。

「かわいい~~~」と言って撮影したのは娘。

がっしりと腕を持ち抱っこされて、ねこは嫌そうです(笑)

誰かに抱っこされているねこはほんとにかわいいですね。



先日職場で「ねこ族」を発見しました。

「ねこ族」とは、ねこが大好きで、ご本人の性格もねこ寄りの人間です。

実家にねこがいて、現在新婚さんなんだけどいつか絶対にねこを飼いたいそうで。

「ねこが好きな人にはあまり巡り合えないから嬉しいです」と言ってました。

もちろんわたしも嬉しかったです。

テレビで10人ぐらいのゲストが出ていたとき、いぬとねこどっちが好きかという質問に対して、ねこが好きというひとは少数派でした。

やっぱりみんないぬが好きなんですね~。

その話をその方にしたら、「なんでなんでしょう??」と心底不思議がっていました(笑)



わたしの親友は、いぬもねこも両方飼っていますが、「ねこ族」です。

わたしも子供の頃からいぬもねこもいましたが、「ねこ族」です。

よく、「わたしたちねこ族だもんしょうがないわよね~(笑)」という話になります。



ちなみに、うちの夫は完全なる「いぬ族」です。

いぬの夫は、わたしのマイペースぶりに時々疲れるようです(笑)。

でもしょうがないのよ~

だって、大草原の中で集団となって暮らせないんだもの・・・・(意味不明)。

子供はいぬとねこ、両方います。

不思議ですねえ。






スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

ねこちゃん かわいいですね!!
前にも記事で拝見してますけども。。うらやましいです~。

私も ねこ族デス。
自由気ままに過ごすのが好きな人だと思うので ねこ族?? かな。

今も 猫を飼いたいと思って ずっと悩んでますが
昼間家にいないのに 飼えないだろうーと やめてるんですけど
でも 家にいたら癒されるのになあーと思います。

NoTitle

ねこ族…ちょうど最近、「いつの日か自分が老いて弱って気持ちもすっかり疲れ果ててしまったら、自分は猫より犬のほうが好きになるかも知れない、いつも笑顔で尻尾を振って私を待っていてくれる存在が必要になるかも知れない」、ということを考えていたところでした。 でもまだしばらくはねこ族でいると思います。 
猫ちゃんかわいいです~♡ ところでその抱っこの仕方はねこぴあのさんの癖ですか? それともそうしないと逃げられるのでしょうか(笑)? お手手を押さえて抱っこなんて、ちょっと面白いな~って思いました。 
  • #2950 ねこねここねここたつでねてる 
  • URL 
  • 2015.02/25 21:04 
  •  ▲EntryTop 

NoTitle

よく言われることですけどピアノ弾きにはネコ好きさんが多いですよね。私の周りでもネコ派が断然多数。なぜなんでしょうね~

ところで今回の写真もとってもかわいいですが、私はこちらのブログの、前のプロフィール写真(ピアノ弾いてるの)が大好きでした。あれまた見たいなあ♪
今の幸せそうな寝顔の写真も、おおいに癒されますけど。

NoTitle

なんてかわいらしい顔をしたねこちゃん!ふくふくしてますね。
(ところで、私もタワシさんと同じくこの子がピアノ弾いてる写真のファンです。)

私の夫は長年犬一筋の人でしたが、愛犬亡き後に私が猫を拾って以来徐々に猫好きに。というか、本来はねこ族だったと当人が気がついたようです。群れない、媚びない、昼寝好き。見た目も猫のように愛嬌があるとなおよかったんですが。

NoTitle

ずっと動物愛護と愛護団体に関係してきましたが、何百匹も犬猫を譲渡してきた中で、
「女性は猫好き、男性は犬好きが多いね。とりわけ、男性の猫好きはあまりいない。」
という話が団体の主催者から出てました。
あと、インドア派の人は猫好き多くて、アウトドア派の人は犬好きが多いとか。
猫好きの方がピアノブログ上でよく見られるのは、ピアノをされている方々は女性のインドア派が多いということもありそうです。

僕は犬猫まみれで暮らしていることもあり、どっちもですね。猫は美しくセクシー、犬は可愛く健気というのが主な印象(とりわけうちの犬猫の・・・ですが)です。自分の性格的には、猫に近いかもしれませんが、そのぶん、自分に無いものを持っている犬のことは御犬と呼ぶくらいの敬意を感じます。
でも、猫とピアノの相性がいいかというと・・・です。以前に、うちの猫がピアノの鍵盤におしっこをしてしまってから、端の方が鳴らなくなって、端の方はほとんど使わないとはいえ、全く使わないわけではないから、買い換えを検討中です^^;

ゆめゆりさんへ

そうそう、ゆめゆりさんはねこがお好きでしたよね~^^
昼間誰もいなくても、子猫でもあんまり小さすぎない、カリカリが食べられておしっこが決まったところでできて健康な子なら大丈夫だと思いますよ。ねこはすぐにトイレを覚えますし。
うちの子はそんな状態で我が家に来て、初日しか1日一緒にいませんでいたが、問題なく大人になりました。

自由気ままがお好きですか~
そして人にこびない性質だったら、完全にねこ族だと思いますよ♪



ねここたつさんへ

>いつの日か自分が老いて弱って気持ちもすっかり疲れ果ててしまったら、自分は猫より犬のほうが好きになるかも知れない、いつも笑顔で尻尾を振って私を待っていてくれる存在が必要になるかも知れない

ああ~~・・・・確かに・・・・と思いました。
今はまだ家族と一緒に暮らしていて、動けて、日々の話し相手もいる状態ですが、もし環境が変わったら・・・・わたしもどうなるかな・・・。

写真の抱っこは、無理やりなんです(笑)
ああいう形の抱っこは本人は好きじゃないんですよ、でもしぶしぶ?やらせてくれます。
短時間しかできません、あの抱っこは・・・・^^;

タワシさんへ

あの、鍵盤を弾いているかのような(無理やり抱っこ)の写真ですね!?了解しました、時期を見てプロフィール写真を差し替えましょう(笑)

ピアノ弾きにねこ好きが多いのは、本当にびっくりです。
記事にも書いたように、日常ではめったにねこ好きさんには出会えませんもの。
不思議ですよね~。



とにさんへ

丸顔のねこなんですよ~
メスだからか・・体は小さくてとても柔らかいです。
でもものすごいだみ声なんですけどね・・・・(笑)

>群れない、媚びない、昼寝好き。
なるほど~よく言いえてますね!
これに「きれい好き」を付け加えたいところですが、現在の我が家ときたら・・・・・。

旦那様、ねこ好きだとあとから自覚なさったのですね。
それはひみねこちゃんの効能ですね~♪





Kyo Yukinagi さんへ

>インドア派の人は猫好き多くて、アウトドア派の人は犬好きが多いとか。
猫好きの方がピアノブログ上でよく見られるのは、ピアノをされている方々は女性のインドア派が多いということもありそうです。

なるほど~~~・・・・確かに言われてみたらそんな気も・・・。

ピアノにおしっこ・・・・(; ̄д ̄)
ねこのおしっこはものすごくくさいですかねえ・・・さらにピアノの故障につながるとは、なんて悲しい。
疲れてもうんざりしてもやっぱり好きってありますよね、なんというか、本物なきがします♪

NoTitle

はいっ!我が家もねこ族です(笑)
猫優先で生活してますw

我が家には2匹いて
一人は前世アントワネット様だったかも?ってくらい超気位の高いお嬢様で
もう一人は、黒猫は人懐っこいバカですが
どちらにも癒されます♪

ぴあみーちゃさんへ

そうでしたそうでした、ぴあみーちゃさんちにもねこがいるのですよね♪
ねこ優先ですか?それはすごい・・・・!
うちは常に人間が優先です、ええ(笑)←ほんとにねこ好きなのか。

マリーアントワネット!(笑)
それこそ、おねこ様ですね~ねこのひとにこびないところと甘えん坊の2面性が大すきです。
人懐っこいバカ!(爆)
お前ほんとにねこなの?って子もいますよね~それはそれで大好きです。
そういえば以前オスの黒猫を飼っていたとき、いぬなんじゃないかと思うほど、呼べばくるし、誰にでも友好的でしたよ。もしかしてあの黒猫の生まれ変わりかもしれませんね(絶対チガウ)。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索