みんな違ってみんないい♪

ブログをしていたり、サークルに入っていたりすると、

趣味と言えど、

色々な形のピアノがあるのだとよく分かります。

色々な演奏を聴かせていただく機会にも恵まれ、

それはほんとによい刺激になって、ありがたいと思います。

人の演奏を聴かせていただいたときに、

絶対に批判はしない、

それは暗黙のルールじゃないかと思います。

「本人たちが楽しければいい」

それは、なんでもそうじゃないかな~~と思ったりします。




例えば、ブログ。

ブログなんて日記なんだから、

ひとそれぞれの考えや感じ方があって、

自分と違う考えの人がいて当たり前であって、

「こうしないほうがいい」とか

「こういうのおかしい」とか、

まあ、思うのは勝手で自由ですけど、

嫌なら読まなきゃいいわけで(笑)




演奏もそうですよね。

好きじゃない演奏なら聞かなきゃいいわけです。

場合によっては「どんぐりの背比べ」で、

「(すごくうまい人からしたら)下手などんぐりたちがお互いに褒めあう」

という状況だとしても、

下手などんぐりで何が悪い?

ってなもんです(笑)




ピアノって、すごく練習しないといけない趣味ですよね。

1曲を、発表会にたとえ出さなくても、

音源としてアップするからには、

ある程度練習しているわけで。

その努力が分かるから、

弾きたいという気持ちが分かるから、

自分の想いと何かがシンクロして、

すごい感動となったりもします。

時には、聴きながら涙が出ます。

プロが弾く音で泣かなくても、素人が趣味で弾く音に、涙を流すのです。





独学でも、いいのです。

レッスンを受けていても、いいのです。

発表会に出ても出なくてもいいのです。

ある程度の仕上がりにしようと、しなかろうと、

教本をやろうとやるまいと、どっちだっていいのです。

本人たちが楽しければいいのだと、思うのです。

たとえレッスンを受けても、先生によってたぶん、言われることはがらっと変わるのだろうし、

そのとき、そのひとだけの、瞬間の、貴重な音を、

どうして批判ができるでしょうか。


そりゃあ、好みは、あるでしょう。

でも、自分と違う感性の弾き方でも、いいのですよね。





「舞台に立ったら自分が一番うまい、舞台を降りたら、自分が一番下手」

そう思って、ピアノを弾きたいし、

ピアノを、聴きたいです。





昔、子供がやっていた吹奏楽の先生は言いました。

「下手な演奏をけなすな。その子たちが悪いんじゃない。」


小山実稚恵さんのお師匠さんも、ひとの演奏を絶対にけなさないように言ったと、何かで読みました。





下手などんぐりでも、

笑って輝いていたら、それでいいんですよね~。

ピアノがうまいからって、下手な人よりえらい、そんなわけがないのだから、

下手でも、卑屈になることなんか、な~~んにもない!

ピアノばっかりやってられないんですよ!大人は!暇じゃないんだから!(笑)

ピアノを離れたら一人の社会人として、たくさんの責任?があったりして。

ピアノ初心者でも、会社の社長さんかもしれませんよね。

楽譜が読めなかったらなんだっていうの、

年数やってないんだもん、しゃあないじゃんって感じで(笑)




指がすごく動いて、

すごい難曲が弾けても、

ピアノが好きじゃなかったら意味がない!





ピアノが大好き、

それで、いいのですよね・・・(*´▽`*)

スポンサーサイト

8 Comments

huku-ume  

No title

すばらしい~
ねこぴあのさま、なんていいことをおっしゃるんでしょう!!!

「舞台に立ったら自分が一番うまい、舞台を降りたら、自分が一番下手」
これは名言ですよ!
そうですよね、謙虚な気持ちを忘れず、でも舞台では自分の今までの
がんばりを褒めるきもちで堂々と弾きたいですよね。
(実際弾けませんけど^^;)

十人十色でいろんな演奏があっていいですよね^^
ピアノが好きで、楽しんでればいいんですものね^^

2014/02/13 (Thu) 20:22 | EDIT | REPLY |   

ねこぴあの  

huku-umeさんへ

舞台に立ったら・・
これは、子供の学校の先輩が言っていた言葉なのですが、とても感動して、今も胸に残っています。
ですから、わたしの言葉ではないんです(笑)
わたし自身が、自分のピアノに劣等感があったりして、考えることがありました。
誰もが、自分のピアノに、自分だけの音に、自信をもって楽しんでほしいなあという願いでもあるのです^^
大人でも楽典からきちんと学んでいる方もいっぱいいますし、美しく弾くために、基礎からやり直したりコンクールに出る人もいて、色々ですよね。
その人にあったやり方、その人がピアノを好きで続ける形、それは様々で、各人の好きでいいのだよな~~と思うのです^^

2014/02/13 (Thu) 22:20 | EDIT | REPLY |   

ゆめゆり  

No title

ねこぴあのさんの記事 感動しました!!
ほんとに ほんとに そのとおりです!!
私も いくつかの発表会などで聴いていて
とーーっても技術はうまいのに 聞き流してしまうような演奏と
レベルの低い曲の演奏なのに 妙に聞き入ってしまう演奏とかありました。
それは 他の方がどう思って聴いてるかは 分からなかったけど
後者のほうの レベルは低いけど 真剣に聴きたくなる演奏のほうが心打たれました(*^^)v
そういうのは 単に好き好きな感想で 人それぞれ違うとは思いますが。

ほんとに大人は ピアノの練習だけしてられないので
社会に出たら それなりの責任を負わなきゃならない仕事をしてたり
忙しい毎日です。
その中でピアノも練習してる
それは 一瞬のつかのまの安らぎ とでもいうのでしょうか
他のいやなことを考えなくても良い時間が
私は ピアノを弾くことですネ。。。

2014/02/13 (Thu) 23:05 | EDIT | REPLY |   

ねこぴあの  

ゆめゆりさんへ

つかのまの安らぎ、わたしもそうです。
嫌なことがあってもピアノのことを考えていると楽しくなります。
ピアノに現実逃避しているのかな?と思うときもあります。
実際の生活は、こんな、ブログに書くほど、ピアノのことは考えてられないわけで^^;
そんな、人生を重ねてきた大人が、頑張って弾く演奏、これは本当に感動します。
うまい下手なんてどうでもいいなあ、なんて思うときすらあります。
弾けるようになるためには、やっぱりテクニックは必要で、そのために練習もしますけど、大切なことは、教本を何番までやったとか、ミスがないとか、そんなことじゃないのだと、思うのです^^
あれ~・・・なんか負け惜しみみたいですかね~?(笑)

2014/02/13 (Thu) 23:53 | EDIT | REPLY |   

まんまるお月  

No title

私もこの記事にめちゃくちゃ感動し、共感しました!

本当におっしゃる通り!
難曲を弾けるだけがえらいんかい!ですよ。

たどたどしくてもミスタッチしてもピアノが大好き、この曲を愛している、そんな思いが伝わって感動する演奏っていっぱいあります。

私のピアノ仲間さんも技量にはそれは差はあるんでしょうけどどの方も一生懸命で素敵で、自分ももっと頑張ろうっていつも励まされます。

みんないろんなことを抱えてそれでもピアノに向き合ってるんです!
私も本当に今、自分が押しつぶされそうになっていますが下手でも何でもピアノに苦しい自分の胸の内をぶつけています。

私が思ってることを文章にしていただいてありがとうございます。
なんだか熱くなりました。

2014/02/14 (Fri) 10:48 | EDIT | REPLY |   

ねこぴあの  

まんまるお月さんへ

共感いただけて嬉しいです、ありがとうございます!
感動は・・・・きょ、恐縮です~・・・毒吐いてないかな~?とかちょっと思ったりもしていたもので^^;
難曲を弾けるだけがえらいんかい!笑いました~~(笑)
「バイエルよりも格が上」そういう意識って、なぜか、その「人」の格になったりしがちじゃないですか?
つまり、うまいひとが格が上・・という。
でも、違うんですよね~長年やっている人と、昨日今日始めた人まだ数年しかやってない人、そして、子供時代の吸収力も大人とは比較にならないですし、何しろ、ピアノのうまい下手は弾く人の人格とは無間系で。
上手い人の中には、下手な人を見下す人がいることも、学習しました。
でも、そうじゃない人もたくさんいますし、自分の先生もそうですし、自分もこの先何年やってもそうありたいと思っています。
いろんなことを抱えてそれでもピアノに向き合ってるんです!・・よくわかりますよ!
まんまるさん、お互いに、ピアノ、楽しんでいきましょうね。
そして、まんまるさんの胸の内が、少しでも楽になりますように!^^

2014/02/14 (Fri) 11:48 | EDIT | REPLY |   

ハラモン  

好き という気持ちは大事

うまい演奏とはなんだろう?プロが弾く超絶技巧?ミスがないこと?メロディーとバスがはっきりわかること?楽譜通りに弾いてること?作曲者の意図を理解していること? 下手くそな演奏とはなんだろう?ミスタッチばかりすること?楽譜通り弾いてないこと?あま、いろいろありますが、うまいも下手くそも関係なく好きという気持ちが大事だと思います。好きだから弾いてる。好きだから、聴いてる。好きじゃなかったら、聴かなくていいと思います。プロが弾いてる演奏でも、好きじゃない演奏は、たくさんありますね。

2014/07/16 (Wed) 21:55 | EDIT | REPLY |   

ねこぴあの  

ハラモンさんへ

好きという気持ちが大事、ほんとそうですね。

たくさんの趣味が世の中にありますが、習い事といっても、その場に行かないとできないことも多々あって、ピアノはよりによって自宅で継続した練習が必要ですよね。
スタート時点が大幅に遅くて今からピアニストになれるわけでもない、どんなに頑張っても限界があると分かっていて頑張るその姿勢に、そのときだけの音に、込められた気持ちに、感動することがあります。

どんなに上手な人でも、必ず「弾けない」ときがあったはずだし、
簡単に人の演奏を批判してほしくないし、したくないですね。


2014/07/18 (Fri) 07:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment