ツェルニー30番 10曲目

ツェルニー30番 10曲目

ツェルニー30番の2曲目を世界中にさらして(おおげさ?)、

常々思っていたことを思い切って書いたわたしは、

見栄や羞恥心などから解放されたような、何か吹っ切れたようなすがすがしい気分で、休みの日を過ごしていました。



夜になって、自分の書いた記事を見て、

こりゃあいかん(゚Д゚;│

そう思って、予定外ですが、続きを書き始めた次第です。





・・・だって、あれじゃあ、

ツェルニーやバッハを頑張っている人の否定みたいな・・・

まるでやっているひとは、時間やお金がある余裕のあるひとみたいじゃないですか。

そうじゃあないんですよね・・・。




現にわたしは今日、ツェルニー30番の11曲目の予習で、

手の甲に消しゴムを乗せてゆっくり弾いていたんです。

これは、先生から言われたわけではなく、ブログで得たもので、ツェルニーの9曲目でやったのですが、わたしにはとても効果がありました。

ばたばたしがちな手が、動かなくなるのです。

でも、ものすごく地道な練習です・・・。

消しゴムを拾ってはのせ、拾ってはのせ・・・。

ものすごくゆっくりからじゃないとできません。





なかなか合格しないツェルニーとインベンションですが、

すごく地道に練習するので、

合格した時の喜びはとても大きいです。

ひとつひとつ階段を上るような、達成感があります。

だから楽しいです!

苦しいけど、楽しいんです!(意味不明?)




曲を弾いていると、あっこれツェルニーだ、とか、

あっこれ、2声だ、とか、感じるときがあります。

それをやらないでいたら、幻想即興曲を弾くのはもっと厳しかったろうな、とも思います。




実は、鼻息荒く、自分から希望した割には、

ツェルニーをやめてインベンションだけにして、代わりに古典曲をやりたいと先生に言ったこともあります。

その時間を、発表会などで弾けるような曲にしたかったからです。

だけど、乗り気じゃなさそうだったはずの先生の答えは「古典曲はツェルニーの代わりにはならない」でした。

1曲1曲に、違う学習要素があるそうです。






何が言いたいかというとですね・・・

わたしも、ない時間とお金を使って、やってるんであって・・・

そして、やれば必ず得るものがあって・・・

「教本は上達への近道」

なんじゃないかな~~と思うのです。





でもこれは、結構やる気がないと続かないとは思うので、

やるもやらないも、ほんと、好き好きでいいのだろうな~~と思う次第です。


わたしはもう若くないので・・・

40番をやってからこの曲とか、無理ですから、これからも弾きたい曲を弾きますし(笑)

ド素人が、な~~に分かりもしないで語ってんだって話ですし(笑)





ツェルニーの2曲目から3年後、10曲目の練習動画です。

これもまだ合格前です・・・

前回とは少しは違っているといいなあ・・・(´-ω-`;)ゞ














スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

こんにちは。

「ひとつひとつ階段を上るような、達成感」
うんうん、私も感じます(^^)
私はツェルニーではなくてクラマー=ビューローを
練習しているのですが、指がなかなか動かない時は
練習が辛いですが、上手く弾けて先生から〇を頂くと
達成感とうれしさがあって、それまでの辛さが
楽しさに変わるんですよね♪


大雪の中、お仕事に行かれたのですね。
大丈夫でしたか?(>_<)

のんほほさんへ

のんほほさん、感じていますか~^^
わたしのようなレベルで、分かったようなことを書くのはどうだろうかと、あとから思いましたが、それはそれでいいか~~と(笑)
クラーマービューロー、わたしは見たこともなくよくわからないのです。
でもきっと気持ちは一緒ですかね~。
今日も消しゴム練習してましたよ♪
大雪で、出勤できた職員の負担は相当でしたが、今日は予定通り人数がそろい、よかったです^^

No title

遅くなりましたが、ツェルニー2曲とも聴かせていただきました。
しっかりと丁寧に練習されてますね!
この2曲は、僕もわりと好きな方の曲です。

僕は、20番と30番の13曲目まで行って、
昨年秋にレッスンをやめてしまったので、
そこで終わってます。
13曲目が一番苦労しましたね^^;
レッスンやめてからは、ツェルニーはまったく弾く気がしないのですが、
ツェルニーをやった方がいいかという話になると、
今も心が揺れてしまいます。

いろいろな人に聞くと、ショパンの弾き方とはだいぶ違うらしいのですが、
こういう縦にきちんと指を動かす練習もきちんとやった方がいいなあと思いつつ、
ま、曲で部分練習したらいいか・・・という心のささやきもあって、
決めかねている状態です(汗)
別に決める必要ないんですけどね・・・^^;
やりたくなったら、程ほどにやってもいいかなと思ってます。

dyneさんへ

おお、ツェルニー30番の13曲目までレッスンを受けたのですね♪
13曲目難しいですか??
怖いな~~^^;
あんなつたない練習の音をお聞きくださりありがとうございます。
ほんとはツェルニーは指定テンポでどんどん進むものらしいですが、わたしはインベンションと交互になったり、発表会前は教本中断したりで、亀の歩みになっております。
でも、わたしのような亀がいたら、頑張っているひとの励みになるかな~~?(笑)
ショパンだけを弾くならツェルニーは必要ないとも聞きますね。
先生も、「やったほうがやらないよりはいいけど、絶対やらなくてはいけないものでもない」と以前おっしゃっていました。
大人の趣味だからでしょうね。
やりたくなった時で、やれる環境下のときにやればいいと、わたしも思います^^

こんばんは

過去記事に失礼します。
いつだったか、私のブログの方にコメント書いて下さったのに、
ねこぴあのさんのブログにコメント書くの、こんなに遅くなってしまいました。すみません(>_<)

ツェルニー30番の1番、昨年11月以来、今日久々に見てもらったんですけど、合格の道のりは遠いなぁって改めて思いました。
滑らないで粒をそろえて弾くのはとても難しいですね。
先生に言われたこと、すぐに出来るようなことではないんですよね。
出来ても出来なくても弾きこむことが大切だと言われたので、
諦めず頑張ろうと思います(^^)

マミさんへ

マミさん、ありがとうございます^^
コメントは義理でも義務でもないのですから、どうぞお気になさらずに!
コメントを書いた本人(わたし)が、書いたことを忘れいることもしょちゅうです(笑)
出来てもできなくても弾きこむ・・・これはなかなかの修行ですね。
それでもなぜ練習するか、わたしの場合はうまくなりたい一心です。
なぜうまくなりたいか、きれいな音を出したい一心です^^
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索