fc2ブログ

アカペラ2部合唱へのいばら道

昨日、運転しながらインベンションのCDを聴いていてふと気が付きました。

そっか・・・・・これ、合唱だから好きなのかも・・・・。

ピアノ伴奏のないアカペラの2部合唱。

インベンションって、そんな感じなんですよねえ。



今練習しているインベンションは3番

1、4、8、10、13、14(順不同)とやったので、7曲目です。

ところで一番好きなインベンションは何番ですか?

わたしは以前は13番でしたがそのあと2番になり、最近は5番がお気に入りです(変動制)。



話を3番に戻して、

この曲の前の14番よりは、鬼の左手が出てこないので弾きやすい気がします・・・しますが・・・・・

やっぱり装飾音がネックに(; ̄д ̄)

難しいのは長いトリル(26小節から31小節までの中で特に左手トリル)。

しかし最大の難関は、11小節と53小節です。

たとえばこの11小節、シラソラシ・シドシーラと弾いているのですが、

ターン


ターンの最初の音の「シ」は、左手の「ド」と一緒に始まってはだめなようです。

「ド」が来てからすかさず入る!が正解なようです。

思わずレッスン中に、「・・・なんだよ~~・・・さらーーっと応用問題入れやがって~・・・・(笑)」と言ったら、先生爆笑してました。←どういう生徒なんだ。



反射神経の悪いわたしにはこれは、3拍子にするとか音色うんぬんとか歌うとか以前の問題です。

せめて、ターンのあとのトリルを省略したいと思ったのですが、ちゃんと弾くそうです(;´▽`A

ユーチューブを聴いてもCDでも長いトリルがないバージョンがたくさんあるのですが、ちゃんと長いトリルも入れるそうです(;´▽`A



くううううう。

3番を練習しだした時、・・・これは案外早めに終わるんじゃ???(*゚∀゚)=3と思ったのですが(どの口で言う)、

そうは問屋がおろさなさそうです・・・・・。



こないだ撮った録画です。



長いトリルは、すごくゆっくりならできますが、

ターンのあたりはゆっくり弾くと何が何だか分かりません。

なので、えいやっ!!と弾くとこの動画になりますが、速すぎてやっぱり何が何だかわかりません・・・・・・。

どうしたらいいんでしょうね・・・・。

ていうか、爆揺れ病再発してる・・・なぜ・・・。






スポンサーサイト



NoTitle

Freuen
2015.07.19 Sun 16:13

3番の長いトリラーはヘンレ番等の原典版は入っていないので、youtubeでも入ってい無いのが多いと思います。私もこれは最初に入れるだけで長くは入れません。人によっていろいろな考えがあるので、ねこぴあのさんの先生は入れるのだと思います。

freuenさんへ

ねこぴあの
2015.07.19 Sun 20:17

えっ!
わたしの楽譜、ヘンレなんですよ!
もしかして改訂されたんですかね??
気になってわたしが以前使っていた全音のツェルニー校訂版を見てみたら、ターンはなくてシドシのトリルだけで、長いトリルはありました。他にもトリルがない音符も。しかも19小節はフォルテで、他の強弱指定にも驚きましたが、前の方に書いてある解説が意外にもわかりやすいものでした。

NoTitle

ina-kibi
2015.07.19 Sun 22:07

こんばんは!
インベンション3番は思い出の曲です。
今の娘の先生に、私が体験レッスンをお願いした時に見ていただいたのがこの曲でした。
ねこぴあのさんの動画より、流れも悪く、力んだ演奏だったと思います。
今でも3番は苦手です><
ねこぴあのさん、途中経過なのにすでにお上手!!

インベンションで好きなのは1番と5番かな~?
その時によって変わりますが、今はそんな気分です。

アカペラの合唱、まさにそうですよね。
2声っていうくらいですからね~
一人で複数の旋律を同時に声を出して歌うのは不可能だけど、ピアノならできるんだ!!
子どものころそれが面白くて、バッハが大好きになりました。

爆揺れ病・・・笑
この曲は舞曲っぽいから(素人の感覚なのであてになりませんが・汗)、ノリノリになるとか?
私はこの曲弾いてた時は、始まったら最後まで爆走していたような気がします・笑

練習、楽しみながら頑張ってくださいね~♪

NoTitle

Freuen
2015.07.19 Sun 22:28

ヘンレ版もバッハの直筆譜とは違うので誰かが行程しているのです。
なので私の昔のヘンレ版は全く長い音にトリラーはついていません。
今の楽譜はついているのかもしれません。
原典版も変わってきています。
なので全くトリラーの無い演奏からトリラーのある演奏までいろいろあるんですね。
どれが正しくてどれが間違っているとはバッハ研究者で無い限りわから無いと思います。

ina-kibiさんへ

ねこぴあの
2015.07.19 Sun 22:55

ina-kibiさんにとって思い出の曲なのですね?
3番、14番よりは弾きやすいような気がしますが、今までずっと3拍子に苦手意識を持っていたので、不思議な感覚です(できているかはともかく)。

>一人で複数の旋律を同時に声を出して歌うのは不可能だけど、ピアノならできるんだ!!
子どものころそれが面白くて、バッハが大好きになりました。

これ、なるほど~~!!です。
不思議ですよね、ひとりで2人歌うことがすでに。
シンフォニアになったら3人分歌うんですよね、きっと・・・ハードル高っ!!
ina-kibiさんの感性いいなあ~~と思いました♪

インベンションの練習はいつも他の曲がおざなりになりそうなほど夢中になるのにとても難しいです。
でも楽しんで練習できたらいいですね^^

Freuenさんへ

ねこぴあの
2015.07.19 Sun 22:57

>原典版も変わってきています。
なので全くトリラーの無い演奏からトリラーのある演奏までいろいろあるんですね。
どれが正しくてどれが間違っているとはバッハ研究者で無い限りわから無いと思います。

そうなのですね~!!驚きです。
つい最近原典版を購入したものにはわからないことばかりです。
とりあえずレッスンでは楽譜の通りに弾くことが最重要課題なので、練習頑張ります!

Fruenさん、

shig
2015.07.20 Mon 01:06

あのあの、「長いトリラー」って文中にある11小節の話じゃなくて、26ー27小節その他の長いヤツの話だったりします?

NoTitle

Freuen
2015.07.20 Mon 09:19

そうです。
26小節と30小節の事です。
ここはヘンレ版に多分トリラーは書いてい無いと想いますが?
書いてあるのはチェルニー版のインヴェンションまたは春秋社かな?
11小節は同じです。

もしかしてこの事ではなかったかな〜?
長いトリラーと書いてあったのでてっきりこのトリラーかと思いました。
惑わせてごめんなさいね。

NoTitle

shig
2015.07.20 Mon 13:53

昨晩確認したんですが11小節の話らしいです(^_^;
読んでてわたしは少々混乱しました。

で、11小節の方は1723年のマニュスクリプトではトリルのよーなゴミのよーなものが書いてありまして、なんとも言えねぇなぁと思うんですが(^_^; なんでここにトリルを入れるのかってぇとドミナントだから、としか言いようがありません。
ドミナントが来たらトリルを入れるのはツッコミが来たらボケると同様の様式美ってヤツで、二段ツッコミにする自由ももちろん演奏者にあるわけですがここで重要なのは「なんでそこでトリルを入れるのか?」って意味の方にあります。

26小節~の方はこれまた別な理由によるわけですがこっちのほうが説明しにくい... 「音が消えちゃうから」でいいんじゃないですかね?としたら別にトリルじゃなくてベーブングでもいいし(ピアノじゃできないけど)、オルガンだったらそもそもトリル入れなくたっていいわけですね。入れてもいいんだけど。
#丁寧な説明が必要ならあとで書きます。ただいま開演7分前... (^_^;;;

Freuen さんへ

ねこぴあの
2015.07.20 Mon 19:49

横から失礼します。
そうです、長いトリルは、26小節からのところを指していました、文面が分かりにくくてすみません~^^;
この長いトリルがあるのとないのとでは、難易度が変わってきます。
ターンのところも、ターンではなくてただのトリルなら(以下同文)^^;;;

shigさんへ

ねこぴあの
2015.07.20 Mon 19:59

開演前のお忙しいところ、大変ありがとうございました!
どうでしたか?楽しめましたでしょうか(って聞くまでもないような)。

マニュスクリプト、ドミナント、ベーブング
・・・全然分かりません~^^;;;
ドミナントは前にやさしい楽典で書いてあったような気がするのですが・・・記憶にさっぱりなくて・・。

>ドミナントが来たらトリルを入れるのはツッコミが来たらボケると同様の様式美ってヤツで

11小節、ともかく、トリルが必要なところなんだなということは理解しましたが、でも楽譜ではかっこなのが不思議ですねえ~。

>「音が消えちゃうから」でいいんじゃないですかね

26小節から、これは理解しました!

インベンションは(バッハは?)ほんとはちゃんと音楽理論?を学んでいたら、ものすごく美しい数式のようなものだと予想するんです。いつだったか、シンフォニアに比べたらインベンションなんて・・・という文章を読んだことがありますが、とんでもない、わたしは素晴らしい芸術作品だと思っております。弾くにもほんとに難しいです。何度弾いても飽きない、不思議な感じです。年をとったらきっとわたしは情熱的な激しい曲などからは離れると思うのですが、バッハは弾き続けるような気がします^^


2015.07.20 Mon 23:35

ねこぴあのさん、こんばんは<(_ _*)>
素っぴん話もかなり惹かれますが、まずはインベンション話から~♪ヽ(´▽`)/

ねこぴあのさんの3番、発音キレイで素敵です~!
譜面のところ、自分がレッスンで取り組むことになったら、再度拝読しに伺います<(_ _*)>予習予習♪

「インベンションは芸術作品」そうですよね!私の先生も同じ事を仰っています。
インベンションを始めたのはかなり前ですが、当初よりインベンションにハマってます。
ねこぴあのさんのお気に入り曲、今は5番なんですね♪綺麗な曲ですよね。
私は1位…12番、2位…10番なのですが、10番は全く弾けずに挫折終了したので、シンフォニアに行く前に(←まだまだ先)もう一度
チャレンジしたいなと思っています。(ねこぴあのさんの10番、拝聴しました!めちゃウマですね( 〃▽〃)こんなに弾けていいなあ…)

ツェルニーの難易度の記事も面白かったです(*^^*)
21番で苦戦していたので、難しい方と知り、気が楽になりました(^-^;

ではでは、またお邪魔致します<(_ _*)>

夕さんへ

ねこぴあの
2015.07.21 Tue 21:21

夕さんこんばんは!ご丁寧にコメントを頂戴いたしまして、感謝です^^

3番、まだレッスンを2回受けただけなので・・・・恐縮です^^;
10番まで聴いてくださったのですか~・・・ありがとうございます。あれは3拍子のなかを3拍子にするのが最高に難しかったです^^;
2位が10番ですか!ほ~~・・・・そして1位が12番!12番もいいですよね~~~~♪♪♪
夕さんの先生も芸術作品だとおっしゃいますか!わあ、嬉しいなあ~。

ツェルニー30番は21番で苦戦しましたか?
わたしはまだ16番までしかやっていないので、楽しみ半分恐怖半分です(笑)

こんな中年へんたいピアノ日記ですが、よろしければまた遊びにきてくださいね~^^