インベンション8番

インベンション8番

思いついたので、再び記事を更新(笑)

前記事と合わせて読んでくださっている方、ありがとうございます<(_ _*)>



わたしは大人の、しかもかなりのいい年になってから、初めてバッハをまともに聴き、

インベンションのレッスンを受け始めました。




インベンションを聞いて最初に受けた印象は、

「数字がきれいに並んで行進している」でした。





左手が伴奏、

そうした形式に慣れていたわたしは、

左手も主役、

右手と左手が二人で歌う、

これが全然つかめませんでした。






テーマが、形をかえて、何度も何度も出てくる、

いったいどこがテーマで、どう展開しているのか知りたくて、

解説されている本を買って読んで、

自分の楽譜に写したりしましたが、

今でもよくは分かってません(;´▽`A





インベンションは最初は1番から始まりました。

今やっている10番は5曲目です。

インベンションは、ツェルニー30番よりもはるかに難しいです。

こんなに短いのに、完全なる曲なのです。

それまで曲に対して自分なりのイメージを持って弾いてきたわたしは、

感情を込めて弾いて「ショパンじゃないんだから」と言われたりすることもありました。






それでも、インベンションは大好きで、

「インベンションは楽しいです、直接的じゃないところが好きです、演歌っぽくなくて品があると思います」と、先生に言ったことがあります。




あまりに難しく、そしてあまりに楽しい、

レッスンが始まると、練習がそればかりになるほど弾きたい衝動にかられるのに、

ツェルニーと違って、レッスンが終わってしまうと、もう弾けなくなるのがインベンションです(´;ω;`)






なのでインベンションは、記念に録画しておこうと思っています。


速くは、弾けません。

テンポアップは、先生の許可がないと、できません。





拍感もリズム感もないながらに頑張っているインベンション8番の過去動画です。

よかったらどうぞ。





























スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

ねこぴあのさま、こんばんは!
聴かせていただきました^^
正確なテンポできちんと弾かれてらっしゃると思いますが、
このままテンポを上げるのはいけないんでしょうか?
(って逆に聞いちゃいましたが 笑)
左手のテーマのとき少し右手の部分を控えめにされると
もっと素晴らしいかと^^
(なんて、生意気にごめんなさい。。。)

No title

私も、大人になって初めてインベンションを習いました。2声って何?から始まって、両手別々に違う旋律を弾くなんて、頭の中ゴチャゴチャで気が狂いそうでしたよ(笑)でも、凄く楽しくて、何度弾きなおしても飽きなくて、ず~と出来る迄練習を続けていたいと思う中毒になる曲だとおもいました。レッスンが終わってしまうと、もう弾けなくなるのも一緒です。

読み逃げが多いですが、どの記事を拝見しても、私と同じような事を考えておられるなぁ~って思っています。

huku-umeさんへ

huku-umeさんこんにちは^^
ほんとですね~!左手のテーマの時・・・確かにそうです!
アドバイスありがとうございます♪
これ以上速く・・・単に速度をあげることはできないことはなかったのですが、速くするととたんに耳で拾えなくなり、音が汚くなっていたのです^^;
今やっている10番はものすごく速い曲・・・できません・・・
速い曲って・・・なんなん!!(ノ`Д´)ノと怒りたくなるほどですよ!(笑)

すももさんへ

すももさん、こんにちは^^
すももさんも大人になってからのインベンション組さんですか♪
頭のなかがごちゃごちゃで気が狂いそう!わかります!
聖徳太子じゃあるまいし、できるかーーーい!(ノ`Д´)ノといった気分にわたしもなります。
でも、なんでだろう・・・すごく楽しくて病み付きになりますよね(笑)
緻密に入り組んだ立体型のパズルを完成させるような・・・ひとつでも間違ってたら完成しない音の出る精巧な美しいパズル・・
あ~~・・わたしはゆがんだいびつなパズルをアップしてますが、お許しください(笑)
同じような考えの方がいて嬉しいです^^
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索