ピアノに落ち込む日

ピアノに落ち込む日

今日は、インベンション10番とモツソナk331の1楽章の5回目のレッスンだった。

すごくすごく楽しみにしていて、少しでも苦手な3拍子が改善されている手ごたえをレッスンで感じたくて、練習も頑張った。

インベンションは、「よくなってきたよ」と言いつつも、

やっぱり、3拍子がだめ。

小さくしようとしているのは分かるけど、これでは9拍(この曲は8分の9拍子)。

リズムにのって流れてない。

脱力ができてない、手首をもっと回して、腕から力を抜いて、重心をふらふらさせない。

先生がわたしの腕を持って何回も片手からやってくれた。

テーマが右手左手とうつるところ、テーマの音をとぎらせない。

トリルの音もっと軽やかに、何の音のトリルか意識して。




モツソナ・・・

テーマとバリエーション1で本日も終わり。

別れの曲の時、最初の数小節から全く進まなかったレッスンを思いだす。

8分の6拍子のリズムに乗って、歌うこと。

1・・、2・・の2拍に乗ること。

それを絶えず体で刻むこと。

息継ぎ?していいところまで、一気に歌うこと。

音はもっとクリアに出すこと。

指を立てるところ。

装飾音符はもっと軽く、あくまで主の音で歌うこと。

どこに向かっていくのか考えること。

バリエーション1、弱拍で入ってきていた左手がようやく強拍になっている部分、きちんと感じて弾くこと。

弱拍の左手が続くところ、もっと右手は1・・2・・を感じて。

スラーがついている左手切らない、残す音はどれか。



先生は美しく見本を弾く。

いつもそれを聞くと、感動して、もっと頑張ろう!って思うのだけど、

なんか今日はだめ。




いつになっても3拍子ができない自分。

ハイドンのホウボウケン34番1楽章のレッスンも、発表会直前まで3拍子を注意されていた。

わたしみたいに、リズム感のないひとって、いるんだろうか。

出来ないにもほどがあるような気がする。

楽しい!って思えるのって、努力が結果になるからじゃないのか。

頑張っても頑張ってもできないときは、やっぱり楽しくないよ。



「全然進まないですね・・・壊滅的に難しいんですけど」と先生に言ったら、

「でもリズムがとれるようになればあとは一緒だから」と言われた。



本当にできるようになるんだろうか。

もうなんか、だめな気がしてきた。

リズム感って、先天的なものなんじゃないのか。

盆踊りすらろくに合わせられないわたしが、

なんでピアノなんか弾いてるんだ。




永遠に合格しないきがするインベンション10番。




趣味でお金使って、

家族にこんな愚痴言えないよ。

嫌ならやめりゃいいでしょって言われるのが関の山。





先生は、ほんとにいともあっさりと、きれいに弾くんだ・・・・。



「出来ない自分に落ち込むんです」

職場の新人さんが落ち込んでそう言ってたな・・・・。

あの時わたしはなんて言ったっけ・・。

自分が新人のとき、いかにだめだったかって話をしたような気がする。

「聞いてくれて、ありがとうございます」

新人さん、にこにこしてたな・・・。

えらそうに仕事して・・・・

ピアノもうすぐ6年でしょ。

3拍子すらできないじゃないか。

わたしはあの新人さんと、一緒だ。







帰りに、いつも聴いているモツソナのプロの演奏を車でかけた。



でも途中で、消しちゃった。



もう、最後まで聴けなかった。





今日は、ヤケ酒。

















スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

こんばんは^^

レッスンお疲れ様でした。

レッスンは、一喜一憂。
先生にこうすれば弾ける・・と言われても
それだけで弾けるようになるものか?と思いますし、
本当にこの曲は一生終わらないかも?と思ったこともあり、
わかってはいるけれど、それが出来ないのよ。。。
結局は才能?頭の良し悪し?とか・・それじゃ私は無理、などなど・・
ねこぴあのさんと思う事は同じです。

でも、先生に褒めていただいたりすると、
ぱぁ~と目の前が明るくなり
あっ!という間に弾けない時を忘れせっせ、せっせ・・と
練習したりします(笑)

再開して、こうやってブログのお友達も出来ました^^
我ながらなかなか良い趣味だと思ってて
この先も色々あると思いますが
うまく弾けない時は、これがなによりのボケ防止と言いきかせ
弾いていきたいと思ってます^^;

気持ちの持ちよう♪で少しは楽になります^^;

No title

ねこぴあのさん、おはようございます!
レッスン、おつかれさまでした!!
自分なりの手ごたえと、先生の反応と、見事にかみ合わない時ってありますよね・・・(涙)、わかりますわかります・・・。
私はしばらく定期的なレッスンから離れてますけれど、娘達がレッスン受けてたころは、そういうことがしょっちゅうあって、すごく頑張った週に撃沈したり、な~んもしなかった週にほめられたり・・・と(苦笑)それはそれは山あり谷あり・・・。
でも、そういう一喜一憂すらも、一生懸命取り組んでいるからこそ感じられるものであるな~と、ピアノレッスンの奥深さを感じました。
ピアノに限らず私の生きてくコツ(笑)は、「100パーセントを望まないこと、でも諦めないこと」です。
そして、これもピアノに限らずですが、今まで出来なかったことが、毎日ちょっとずつできるようになるのではなく、ある日突然出来るようになるってこと、ありますよ~!!
右肩上がりの直線グラフじゃなく、階段式の成長直線!!!
複合拍子のコツはきっと感覚的にある日ふっと体に入ってくるのかな~と想像しています!!私も今のところ出来ませんけれど(爆)、階段上る日が来ると信じたいです(笑)。

下の記事拝見して、4年生の10番の動画を検索して長女と一緒に拝聴したんですよ!その感想が長女も私も「ねこピアノさんの10番の方が大好き♪何回でも聞きたいと思うし、愛を感じる!!」というものでしたよ~。

私もそんな演奏目指して、アヴェマリアの譜読み、頑張っています(笑)

No title

あぁ、ものすごく分かります。
私も「9拍子」(というか全部の音を均等に鳴らしすぎ)になっちゃって音楽が流れないって、ずーーーっとオショーズに言われ続けてました。(いろんな曲で) でも自分では自覚症状が無くて分からない。分からないので直せない。言われたようにやってみても、違いが分からない、という。

これ辛いですよね。相当自信喪失になってました。
それで今の先生の体験レッスンのときに、まずはそれを直したいという話をしました。ちょっと弾いてみて先生に言われたのは、もっと鍵盤と仲良くなりましょうって。姿勢とか手の形とかいろんなことが整ってくれば、自然と自分の中の音楽が出てきますって。自分の中の音楽がおかしいわけじゃないんだって分かって、本当に救われました。その後、いろんな基本的なアドバイスのおかげなのか、そういう指摘をされることは段々なくなって、指摘されても自分で気付いて直せるようになりました。

ねこぴあのさんの先生も、すごく具体的にいろんなアドバイスしてくださっていると思うのですが、それ信じてやっていれば、そのうちふっと分かるときがくると思います。今は、何かやりにくい原因があってねこぴあのさんの自然なリズム感が出てこないだけで、リズム感が無いとか弱いとか、そういうことではないと思うんです。自分の中の音楽を信じてくださいね♪

ねこぴあのさんの動画見ていると、何度も同じこと書いてますけど、本当に先生のご指導がきちんとしていて、ねこぴあのさんも何かを積み上げてこられて素敵な音楽を持っていらっしゃるなぁと思うんです。インベンション10番も、動画見た限りでは9拍子ではないと思いましたよ。きっと先生の前で緊張されて、ちょっと固くなってしまったとかいうことはあるのでは?

それにしても、10番は本当に難しいと思います。私は最初の教室を辞めるどさくさに紛れておまけで終わっちゃいましたが、今の先生だと半年はかかりそうです。汗

ちょっぴりやけ酒もたまにはいいと思いますし~笑
こういう愚痴はブログやっててよかったと思いますよね。笑

3拍子

3拍子って、日本人の感覚にないものなんですよね。
ヨーロッパでは、昔から宮廷で、踊られてたり、
自然に、身についているものなんですよね。

なので、小さな頃から、早めに3拍子に触れましょうと言うお話しを、聞いた時、やっぱり!
と、思いましたよ。

でも、先日、リズム講座に行きました時、
リズム音痴は、いないと、お話しされていたのですよ。

確かに、車での運転でしたり、お料理でしたり、刻んでいるんですよね。
実際に体験してみて、ご本も、紹介していただき、
まだ、読み途中なのですが、無心になる。リズムにゆだねる
事が、大事なのかな…
なんて、
思いました。
すみません。長々と…。

がんばってくださいね。(o^^o)

No title

落ち込む時ありますよね~><
リズム感私も欲しいです!!!

と言うか、ねこぴあのさんも私と同じだあと思いながらちょっとほっとしてしまった自分がいます。
若い方とか才能ある方は先生のおっしゃったこと
次のレッスン日までにちゃんと出来るでしょう。
けど、出来ない私は練習しかないんです。
でも練習時間がなかなかとれない。
1曲1年くらいかかっちゃいますけど、
大人のピアノだから仕方ないですよね^^

前の方の記事に地道練習とあったと思いますが、
本当共感できました。
お互いに頑張りましょう(^▽^)/

どれみさんへ

どれみさん、こんにちは!
昨日は酔っぱらって早々と寝てしまい、お返事が遅くなりすみませんでした^^;
わたしと思うことは同じですか?よかった・・・><
レッスンはほんとに一喜一憂しますよね。
褒めてもらって嬉しくなってまたせっせせっせと練習、まったく同じです!
レッスンでは、記事には書ききれないたくさんの指摘がありました。
3拍子をここでつかんでおかないと、どのみちだめだと思うので、この日はほんとに落ち込みましたが、もうこれからは気長に10番をやっていこうと思えるようになりました。
コメント、ありがとうございました。

ina-kibiさんへ

ina-kibiさん、こんにちは!コメントありがとうございました。
頑張った時に限ってレッスンへ行くとできてない、練習不足だったからだめだろうと思っている時にほめられる、そういえば、よくありますね^^;
10番は複合拍子っていうんですか?初めて聞きました!
4年生の10番、素晴らしかったでしょう~。
それなのに、そんなもったいない言葉・・・;;
100%を望まない、でもあきらめない、それ、いいですね!
ほんとに難しいですが、いつかきっと感覚でつかめるようになることと信じて、やっぱりあきらめずやっていこうと思います。
ina-kibiさん、ありがとうございました。

sleepigさんへ

sleepingさんこんにちは!コメントありがとうございます。
自分では自覚症状が無くて分からない。分からないので直せない。言われたようにやってみても、違いが分からない。
まさにそんな感じです!^^;
分かっていただけて嬉しいです。
「自分の中の音楽」・・・ですか??
わたしにもちゃんとあるのかな??
確かにレッスンでは、気合が邪魔して(笑)、練習の時のようには弾けないんですが、信じてやっていったら、きっといつかつかめるときがきますよね!
こんな愚痴、日常生活の誰にも言えないですよ~。
ほんとにブログのおかげです、読んでくださる方がいること、コメントを下さる方がいること、それにどんなに救われているか;;
これからも、どうぞよろしくお願いします。

ゆたちゃんさんへ

リズム音痴はいないのですか??
無心になる、リズムにゆだねる・・・。
先生から何度も「リズムに乗って」と言われています。
モツソナも同じだそうです。
それができてないと流れないのだそうです。
なんとなくはわかるのですが、今日も練習していて、はたしてこれでいいのかどうか、だめなのかどうかも、自分では分からないという悲しい状態です;;
いつか分かることを信じて、やっぱりあきらめません。
ゆたちゃんさん、コメントありがとうございました!

熟カピさんへ

そうそうそうそうそう!
そうなんですよ!!!
絶対的に、若い人のほうが吸収力があると思うんです。
だから、年上の方が頑張っていて、それでいて素敵な演奏・・とか、ほんとにほんとに感動します。
練習時間もなかなかとれません。
だけど、できないのを、年齢のせいにも仕事のせいにも家庭のせいにもしたくない。
だからこそ、同じような立場の方が、コツコツと頑張っていらっしゃるブログやピアノは、ほんとに大好きです!
なんかわけわかんないですかね・・つい熱くなってしまいました(笑)
熟カピさんの演奏、また楽しみにしています!
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索