苦しい出来ない楽しい

苦しい出来ない楽しい

029.jpg


ツェルニー30番とインベンションは、レッスンで交互にみてもらっています。

なかなかすすみません。

月に2回のレッスン(時には1回)、

伴わない力量。



バーナムと曲だけをみてもらっていたわたしが、自分から希望した教本。

なぜ希望したのか?

もっとうまくなりたくなったから。




ツェルニーを最初に始めて、

あとからインベンションを追加してもらいました。

そう簡単には合格しません。




レッスンで求められることは、

徐々に多くなっていき、

できない自分に落ち込んだり、

時にはレッスン中に泣きそうになることもありました(実際泣きはしないけど)。




頑張って頑張って練習して、

なけなしの時間を使って練習して、

家族からときには文句を言われて、

文句を言われないように家事も仕事も頑張って、

当たり前だけど、

できてなければ、それでも、たくさん「ダメだし」をされます。





「もっとたくさん練習できたら」

その想いを打ち消して、

仕事して、家事やって、子供育てて、そのほかもろもろ。





CDなんか、たくさん買えない、そんなお金ない。

コンサートなんか、たくさん行けない、そんな時間ない。







それでも、なんとかかんとか、

色々残念でも、なんちゃってでも、

自分に出来る限りの演奏を本番で弾けたら。


それまでの苦労?は全部吹き飛んで。






出来ない、落ち込む。

苦しい、落ち込む。




だけど、頑張ったその先にあるもの。




きれいなきれいな音を出したいな。

もっとピアノの音を聴きたいな。

もっとピアノと会話したいな。





時々、ピアノが、教えてくれる、


その時の感動、嬉しさ。








苦しい、出来ない、落ち込む、ピアノ。


だけど、やっぱり、楽しいピアノ。



大好きな、ピアノ。





スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索