fc2ブログ

徒然草150段

ええと、落ち込むときあるんですけどね、ピアノで、わたしは。

まあ、へたくそな動画もさらしてますからね、ツェルニーとか。

自分でも、みっともないなあと思いますよ、そりゃ。

いい歳してますし、なかなか上達しませんし。

でもね、こんな文章に出会いました。

兼好法師(吉田兼好)が鎌倉時代末期(14世紀前半)に書いた『徒然草(つれづれぐさ)』



150段とやらの現代語訳がこちらです。

芸能を習得しようとする人は、『上手くできないうちは、できるだけ人に知られないようにして、こっそり練習して上手くできるようになってから、人前に出ることが恥ずかしくない』といつも言うものだが、このように言う人は、一芸といえども習得することはできない。

まだ一向に技芸も知らないうちから、上手な先達の中に交じって、怒られようが笑われようが恥じる事もなく、平気で過ごして修練に励める者だけが芸を習得する。天性の才能・素質なんかなくても、芸能において停滞せず、自分勝手なやり方をせずに、修練の年月を過ごせば、器用で天性の才能に恵まれている人よりも、遂に技芸が上手な域に達して、人徳も高まり人から認められるようになり、並びなき名声を得ることにもなる。

天下の芸能の名人でも、最初は無能と言われたり、酷く恥ずかしい思いもしているものだ。しかし、名人はその道の教えを守って、これを尊重し無茶をしなかったので、その道の名人となり万人の師匠にもなれたのである。これは、どの道においても変わらないことである。



古文のままだとこちら。

能をつかんとする人、『よくせざらんほどは、なまじひに人に知られじ。うちうちよく習ひ得て、さし出でたらんこそ、いと心にくからめ』と常に言ふめれど、かく言ふ人、一芸も習ひ得ることなし。

未だ堅固かたほなるより、上手の中に交りて、毀り笑はるるにも恥ぢず、つれなく過ぎて嗜む人、天性、その骨なけれども、道になづまず、濫りにせずして、年を送れば、堪能の嗜まざるよりは、終に上手の位に至り、徳たけ、人に許されて、双なき名を得る事なり。

天下のものの上手といへども、始めは、不堪(ふかん)の聞えもあり、無下の瑕瑾(かきん)もありき。されども、その人、道の掟正しく、これを重くして、放埒せざれば、世の博士にて、万人の師となる事、諸道変るべからず。



・・・・わたしはこれに大変救われまして、涙ぐんでしまいました。

教えてくださった方、ありがとうございます。

ピアノで同じように落ち込む人の救いになりますように。


スポンサーサイト



NoTitle

ina-kibi
2016.01.30 Sat 15:56

よ~っ、兼好さん、いいこと言うね~~!!
と声を張り上げたくなりましたよ~
書かれているとおりだと思いますし、実例も見てまいりました。
何といっても、そのことが大好きで惜しまぬ努力を注ぎ込む人には、どうしたってかなわないのです。

「私、幼稚園の先生になりたい!」「僕、お医者さんになりたい!」というような小さなころ、私は文章を書く人になりたい!と思ったことがあったのですが、そう思っていろんな本を読んでいるうちに、自分が発見したほとんどすべてのことが前人によってすでに文章にされているということに気づいたんですよね・・・・笑

鎌倉時代だもんな~~~。
あきらめといてよかったです・・・・爆

でもピアノは、やっぱり、自分でなきゃ出せない音もあるんじゃないの?と思いたいな~~~
上手じゃないけど、自分らしい演奏目指して、長い目でこつこつがんばるぞ~、と決意を新たにしたしだいです。
ねこぴあのさん、素敵な記事をありがとうございました!!
教えてくださった方にも感謝いたします~!!

たくさんのお仲間と、支えあっていきましょうね~~!!!

NoTitle

ドルチェ♪
2016.01.30 Sat 18:48

那須野が原ハーモニーホールのマラソンコンサートに挑戦する私達って
まさにこの150段だね(笑)
そして、最近真面目に"コツコツ練"を始めたので
そんな自分を『ねこぴあのさんみたいだわ』って思ってます(笑)

昔の人の言葉って時代に関係なく色んなことに当てはまるもんだね。
私もねこぴあのさん同様、完全に"吉田兼好"に心をわしづかみされたわ。

ina-kiaiさんへ

ねこぴあの
2016.01.31 Sun 15:19

いい文章でしょう〜励まされますよね!
これを大昔の人がすでにかいていることにびっくりですよね。
文章を書くことがお好きなのは、なるほど子供時代からなのかと納得できるようです。
そういうわたしも書くことが好きですね…だからブログ続けているのかも。
ありのままの垂れ流しですがね〜(笑)

ピアノは薄紙をそっと重ねていくようにしか上達しませんが、だからこそはげましあっていけるといいですよね。
ともにピアノを愛して弾き続けていきましょうね!


ドルチェさんへ

ねこぴあの
2016.01.31 Sun 15:23

わしづかみされましたか〜書いた甲斐がありました(笑)
励まされますよね!
ねこぴあのさんみたい、ですか〜(笑)
なんかもうね、中年のおばさんが、自分をさらけ出していて、しかもなかなか上達しないけど(笑)、こんなひとでも、もしかして誰かの励みになったらいいなあといつも思ってるんです。
かけっこで転んで泣きながら走る子供を、ビリでも全力で走る子供を、笑いたくはないのです。