fc2ブログ

同じような人がいる喜び

常々わたしは、一口に大人のピアノといってもいろいろな形があるし個人の自由だと思っている。

レッスンを受けるか否か、好み、好きな曲、好みのジャンル、ピアノ歴、優しい先生が好きか、はっきり言ってくれる先生がいいか、教本、弾いているピアノ、練習時間、家族の理解、舞台で弾きたいか家で一人で弾いていたいか、もうとにかくいろいろいろいろいろいろなのが、趣味だ。

いや違う、趣味じゃなくてもなんでもそう。ひとはひとりひとりみんな違うから、それぞれでいい。

なのに、どうしてだろう?




大人になってからピアノを始めた人って、意外といるものだ。

そしてそれよりも、再開ピアノは多いと思う。

しかし多くの再開は、子供時代にわりかしやっているのだ。

わりかしというのは、せいぜい、エリーゼのためにが弾けるぐらいとでも言おうか、ソナチネ、ブルグミュラーぐらいまではやっていた、というひとがほとんど。

わたしのように、ほんとにバイエルしかやってない、という人には、ほぼ巡り合ったことがない。

もっともわたしは、バイエル106曲(全曲)のほかに唯一1曲だけ、ブルグミュラーのアラベスクだけは弾いた。

発表会もない教室で、なぜあの時先生がそれだけはやらせてくれたのか皆目わからない。わたし自身はアラベスクなんてもちろん知らなかった。レッスンというものは、与えられた曲を言われたとおりに弾くだけのものだった。

アラベスクだけは本当に楽しくて、家で何度も何度も弾いていたので、とうとう指が覚えてしまった。



話を戻すと、ブランクがあるといっても、約30年もブランクがあるひとなんてほとんど出会わない。

だいたいは、せいぜい20年ぐらいなのだ。

自分は多くの再開ピアノにも混じれないし、かといって完全な初心者でもなく、どっちにも入れないな・・・と長年思ってきたが、幸い、周りのピアノ仲間の方も自分自身も、そんなことはどうでもよかった。



・・・ところが、だ。

偶然にも、同じぐらいのピアノ歴で、同じぐらいの長いブランクの人を偶然見つけてしまったのだ。

以前にもわたしには約30年のブランクの友達がいたが、現在は悲しいことに交流がない。

仕事をして忙しい彼女の音にいつもいつも励まされていた。しかし、今はもうブログも更新されていない。




思わず、嬉しくて、コメントをしてしまった。

向こうは驚いたかもしれない。

ひとそれぞれでいいと思っているのに、なんだこれ。




そういえば、最近わたしのYouTubeを登録してくれたひとが、やはり大人で再開してツェルニーなど弾いているようだ。

ありがたいことだ。

わたしと同じような気持ちで登録してくれたのだろうか。

会ったこともないひとに嬉しくなる、会ったこともない人に励まされる。

ネットならでは、だよなあ・・・。













スポンサーサイト



NoTitle

Nemup(ねむぴ)
2016.06.03 Fri 10:28

同じ再開組といっても、本当にいろいろですよね~
私も自分に似た感じの人は殆どいないかなぁ。普通やめてしまうくらいの年齢に始めて2年もせずにやめてしまい、延々と独学で同じ曲ばかり弾いているなんてね。
あ、でもブランクが約30年というのは、ねこぴあのさんと一緒ですよ~。18歳で寮暮らしの受験生になって弾くことが無くなり、再開したのがほぼ45歳ですからね。

でも、ブランク約30年と書くのが恥ずかしくて、前のブログのときは「20数年のブランク」と書いてました。ウソじゃないけど・・笑

私の場合はちょっと変わりすぎているので、同じようなひとを求める気持ちはあまり無いかなぁ。小さい頃にきちんと長期間習った方は基礎ができていて羨ましいと思ったりもしますが、大甘先生で基礎が全然できてないけれど優しい先生だったから、ピアノ嫌いになることなく再開できて幸せなのかも、とも思います。

それぞれの過去はありますが、ねこぴあのさんとは同じ曲をやることも多く、今シューマンにはまっているところなど共通点があって、とても親近感を覚えていますよ~♪今後ともよろしくお願いしますね~!

呼ばれて来ました(笑)

こねゆき
2016.06.03 Fri 12:41

そのめずらしい30年ブランクの人って、私のことですかね?
ブログ作ったら、すぐにコメントをもらえたので、とてもうれしかったです!
私も普段、「人はそれぞれ」みたいな事を嫁には偉そうに言っているのですが、口だけです(笑)
共通点がある人がいると、なんだかうれしいですよね(^_^)/
本当にネットならではの出会いですね。
これからも、どうぞよろしくお願いします!

あっ、リンクさせてもらってます!

ねむぴさんへ

ねこぴあの
2016.06.03 Fri 19:53

確かに考えてみたら、ねむぴさんと同じようなひとというのはなかなかいないでしょうね~~。多くのお子さんが辞めてしまう時に習いだしている、ほんとそうですね。
でもそのあとずっと独学だったんでしたっけ??
それもまたすごいことですよね。
独学だとなかなか続かないような気がしてしまいますが・・・・いや・・・続いているピア友さん結構いるなあ・・・。

ブランク30年と書くのが恥ずかしかったですか??
えーー!!わたしちっとも恥ずかしくないんですけど・・・・(笑)

小さいころにきっちりと習った人がうらやましい、それは全く同感です。
いますぐ小学生のころのわたしに、絶対にやめちゃだめ!!!やめたら後悔するよ!!と言いたいぐらいです(笑)
でもそうか、優しい先生だと続くというのはありますよね。
わたしの子供時代の先生はほんと・・笑顔を見た記憶もなくて・・・いつもいつも怒られてて・・・・( ノД`)シクシク…ピアノ自体は好きだったのにバイエルとそのレッスンがあまりにも苦痛でやめてしまったんですよね・・・。

そうなんですよね!偶然にもねむぴさんの進む道を追いかけているような感じです。モーツァルト、ベトベン、シューマン♪
これからも貴重なお仲間として末永くおつきあいくださいね!^^

こねゆきさんへ

ねこぴあの
2016.06.03 Fri 20:03

あっそうなんですよ~勝手にすみません・・・・(笑)
あまりにも珍しかったのでつい。
30年ブランクという方に巡り合うことがあったとしても、子供時代にわりかし弾いてる方が多くて。

ひとくちに「この教本をやりました」というのがそのひとのレベルを表すわけではないという事実もあるのかもしれませんが、ピアノを再開してから出会う、ほとんどの再開組の方のレベルまで到達していないことを思い知りました。早く辞めちゃう人は再開しない人が多いんですかね??ちょっとわからないのですが^^;

こねゆきさんは1年生から3年生でバイエル+アルファっておそらく順調なペースでしたよね。
わたしは年中から、たぶん3年生まででやっとバイエル終了ですよ~~(笑)
当時、遅れていたわたしは、ピアノを習う友達の会話に入れなくてとても悲しかったです^^;

あ、リンクありがとうございます、わたしもさせていただきますね^^
今後ともどうぞよろしくお願いします。